総合 > 電撃App > 記事一覧 > 照井春佳さんらが登壇した『ゆゆゆい』ステージレポ。クイズコーナーも【TGS2017】
2017-09-25 14:00

照井春佳さんらが登壇した『ゆゆゆい』ステージレポ。クイズコーナーも【TGS2017】

文:電撃App

 千葉・幕張メッセで開催されている“東京ゲームショウ2017”で、『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき(ゆゆゆい)』のステージイベントが開催されました。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』

 『ゆゆゆい』は、オリジナルストーリーをタカヒロ氏らが、ゲームオリジナルキャラクターを描くのは『勇者である』シリーズでキャラクター原案を務めたBUNBUN氏が担当します。

 戦闘はリアルタイムの攻防が繰り広げられ、タワーディフェンスシステムによって迫りくる敵“バーテックス”を迎え撃ちます。シナリオパートは書き下ろしたオリジナルストーリーが展開し、もちろん原作ストーリーも収録しています。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』

スペシャルイベント

 本スペシャルイベントでは、結城友奈役の照井春佳さんと秋原雪花役の千本木彩花さん、古波蔵棗役の山本希望さんに加え、ディレクターの二ッ森さんが登壇しました。

 また、登壇したキャスト陣によるオリジナルストーリーの朗読会や質問コーナーなどが行われました。

オリジナルストーリー朗読会

 朗読会のストーリーは、本イベントのために書き下ろされたオリジナル! 結城友奈と高嶋友奈が登場するなど、キャラクター同士の絡みがふんだんに詰まった物語が展開されました。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』
『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』

クイズコーナー

 次に行われたクイズコーナーでは、全問正解でユーザーにゲーム内アイテムが贈られることが発表されました。

 プレゼントと聞いて意気込むキャスト陣。出題された問題に対して正解のラインが非常にゆるく、「精霊を装備したらどうなる?」という問題に対して「かわいくなる」など、ふわっとした答えでも見事全問正解となりました(笑)。

 なおキャスト陣が獲得したアイテムは、9月25日4:00に配布予定です。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』
『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』

質問コーナー

 質問コーナーでは、事前に募集した質問をステージで解答しました。

 “演じたキャラと似ていると思ったところはありますか?”という質問に対して、照井さんは「声が似てる」と解答。それは間違いないだろうと、会場は笑いに包まれました。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』

 “勇者になったら近距離型と遠距離型どちらがよいですか?”と『ゆゆゆ』ならではの質問に、照井さんが遠距離での回復支援、山本さんはその照井さんを近距離型になって支援したいと答え、千本木さんはその中間である“中距離”を選択しました。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』
『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』

 その他にもいくつかの質問に答え、質問コーナーは終了。商品情報などを終え、イベントは大盛況のまま終了しました。現在、DMM GAMES版が事前登録受付中の『ゆゆゆい』。興味を持った方は、ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『モンスト』獣神化ウンディーネのステ公開。砲撃型ワンウェイレーザーELと新SSに注目

  2. 2

    『FGO』に星5ランサー“エレシュキガル”が実装決定

  3. 3

    『FGO』アルトリア・ペンドラゴンをイメージしたオリジナルウォッチが登場

  4. 4

    『きららファンタジア』を先行プレイ! キャラクター大集合のゼイタク感がたまらない

  5. 5

    『モンスト』ウンディーネの獣神化が発表。クリスマス特別降臨モンスターの情報も

  6. 6

    『グラブル』×『進撃の巨人』コラボイベントが本日より開催。サプチケも期間限定で販売

  7. 7

    『FGO』“アビゲイル”と“ミドラーシュのキャスター”のピックアップ召喚が開催

  8. 8

    『スターオーシャン:アナムネシス』小説第1回を掲載。『はたらく魔王さま!』などの和ヶ原先生が執筆

  9. 9

    【スパクロ】期間限定『マクロスF』参戦ユニット、ガンバスター[Ω]を評価(#272)

  10. 10

    『シノアリス』新篇“現実篇”がスタート。アリスや赤ずきんの新デザイン設定画が公開

[集計期間:12月04日~12月10日]

ページ
トップへ