DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 増田俊樹さん、高橋直純さんアニメ『マジフォー』ベストアルバム収録後インタビュー! 思い出深いシーンも

2017-10-07 15:15

増田俊樹さん、高橋直純さんアニメ『マジフォー』ベストアルバム収録後インタビュー! 思い出深いシーンも

文:ガルスタオンライン

 TVアニメ『MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang』のオープニング&エンディング曲全12曲に新曲3曲を加えたベストアルバム『MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang』BESTが9月27日についに発売されました。

『マジフォーベストアルバム』

 ガルスタオンラインでは、収録後のキャストインタビューをお届けします! 今回は桐原アトム役・増田俊樹さん、藍羽ルイ役・高橋直純さんにアニメの思い出深いシーンから、アルバムのおすすめポイントなどさまざまなことをうかがいました。

桐原アトム役 増田俊樹さん

『マジフォーベストアルバム』

――ユニットの新曲について収録後のご感想をお願いします。

 MARGINAL#4は、本当に難しい楽曲が多かったんですけど、年々少しずつ歌いやすくなっている兆しがあったんです。でも今回の楽曲は、メロディラインが何カ所か難しいところがあったり、サビの入り口にアタックが入ったりとか、僕が今まで感じてきた曲とはまた違う印象を持っていました。

 1回2回聞いたくらいじゃ、すぐに覚えられるわけではなかったです。そういった意味では難しい曲でしたけど、アトムとしては低音の“がなり”のようなニュアンスを入れられるところが多かったので、すごく歌いやすい曲だったろうなと思います。最近は明るい曲が多かったので、久しぶりにMARGINAL#4っぽくて、歌いにくくもカッコイイ曲になっているなあと思いました。

――とくに難しかったところを教えてください。また、がなりはどんな部分に入れられたのでしょうか?

 難しかったのは「ト・キ・ハ・ナ。テ!!!」と、「ダ・キ・シ・メ・タ!!!」という部分ですね。ほかはリズムがちゃんと組まれているので、やりにくくても自分のなかで落とし込むことができました。がなりの部分は、サビみたいにキーが高いから張り上げるところ以外にも、なんだかんだで余韻を残せる幅があってけっこう散りばめられています。

 先に直純さんが収録されていたんですけど、ルイはクールに情熱的なので、アトムはわかりやすく情熱を表に出しました。あわせたときに“マッチしないけどマッチする”ような感じを目指しています。

――楽曲の聴きどころとオススメポイントを教えてください。

 例えば、エルとアールみたいに双方がかけ合うというか、クロスする部分がわりと多くて、そういった意味で、今までの曲よりも積み上げ式に作られているなあと思いました。ただ単に声を張るだけじゃなくて、ちょっと大人じゃないんですけど落ち着いた盛り上げ方を持った曲だなと思うので、そのあたりを感じていただけるとうれしいです。

――ベストアルバムということで新曲のほかに、これまでTVアニメで流れたエンディングや挿入歌も収録されますが、“マイベスト”な楽曲はどちらでしょうか?

 毎回エンディングが違うので全部よかったですし、オープニング主題歌も好きですけど、そのなかでもいろんな意味でおもしろかったのは第8話のエンディング「HOT★SCRAMBLE」です。話数的にも劇中劇でギャグでしたし(笑)。

――全12話放送だったTVアニメですが、全話を通して思い出深いシーンとその理由を教えてください。

 どれも思い出深いですけど、うちの座組で直純さんとかが「ははっ」と笑いそうなのは、うどんの回(第10話)だったりするんじゃないでしょうか。みんなのなかでは1番の推しじゃないのに、思い出深いと聞かれたら「うどんですかね」と答えてしまうような大好きな回というか、なんというか……(笑)。

 あ、あとトモノリくんの回(第5話)も好きです。ルイの話なのもそうですけど、ギャグのテイストの持っていき方が僕の好きな感じでした。わりと大人が楽しめるギャグの配置をしていたのかなと。子ども時代から変わらないルイらしい部分も見られて、ちょっとおもしろかったです。

――アトムのシーンから選ぶとしたらどの回ですか?

 わりと物議を醸したのが、シューティングスター(第2話)。僕のなかでは、けっこう普通だったんですよ。アトムなら勝負パンツもあるでしょうし、名前もつけるでしょうねと思っていました。でも放送後にけっこう反響があって……パンツのアニメだ、みたいな。

 『MARGINAL#4』って全体的につっこみどころが多いんです。原作というかドラマCDシリーズからそれは続いてきているので、アニメ化して変になったなあとか、そういうことではないので安心してください。全員が出演しているドラマCDはだいたいおかしいですから(笑)。

 昔は天然系のボケはルイがやっていたんですけど、それがアトムにも増えてきてキャラがかぶってきたから、ルイは本当にお母さんみたいなポジションにおさまったよね、という話を直純さんとよくしています(笑)。アトムがおバカキャラになってきたから、もう声が大きいしか取り柄がないんですよ。

 なので、そこだけを唯一無二のアトムのパーソナルにして、それだけを大事に、それさえ守られれば……という想いで演じています(笑)。

――最後に発売を楽しみにしている読者の方へメッセージをお願いします。

 2017年にはじまったアニメ『MARGINAL#4』の集大成というか、シングルCDで発売された楽曲を1つにまとめたアルバムが発売されます。推しのユニットがある人は、そのシングルCDを買っていただいたかもしれないんですけど、ぜひともピタゴラス一同を知っていただくためにも、このベスト版を買っていただいて、新曲とあわせて楽しんでいただけるとうれしいです。

 2018年のライブに向けての前段階の準備のできる1枚になっていると思いますので、ぜひとも購入して2017年の下半期楽しんでいただければ、我々9人も喜びます。よろしくお願いします!

藍羽ルイ役 高橋直純さん

『マジフォーベストアルバム』

――MARGINAL#4の新曲「Orbit」について収録後のご感想をお願いします。

 今回は久し振りに難易度がちょっと高めの楽曲でしたね。スタジオに来る前は「ここ楽譜通りに入れるかな」なんて不安もあったのですが、意外とサクサク歌えたのでホッとしています(笑)。

 楽曲をいただいたときから「マジフォー活動初期のように激しくかっこいい曲だな」と思っていましたが、TVアニメの集大成とも言えるアルバムで原点回帰できたことがうれしいですね。非常に“攻めている楽曲”で個人的にも大好きです。難しい楽曲ではありますが、歌い終わった今では、とてもマジフォーらしい1曲に仕上がったと思っています。

――楽曲の聴きどころとオススメポイントを教えてください。

 かっこいいのはもちろんですが、じつは歌い分けがとても細かいのも「Orbit」の特徴です。カラオケで1人だと歌えないかと思いますが、2人以上で歌ってみると本当に楽しい楽曲になるかなと思います。

 何回も聴いてパート分けを覚えていただきつつ、その難易度の高さがまた楽しい1曲なので、ぜひカラオケでチャレンジしてほしいですね(笑)。僕自身、パッと聴いた際は「これは難しい!」と思ったのですが、「歌うつもりで聴いてみよう」と思考を切り替えて聴くとその深い中毒性にハマっていたので(笑)。

 個人的にマジフォーらしさは残しつつも進化しているなと思ったのは、メロディーの複雑さでしょうか。初期の頃はフレーズがぎゅっと詰まった楽曲が多かったかと思うのですが、今作はどちらかというとメロディーの華やかさ・激しさでよりいっそう“マジフォーのかっこよさ”を表現しているように感じました。

 そういった新たな要素から引き出されるMARGINAL#4をみなさんにも聴いていただけたらうれしいですね。これまでの歴史を踏まえての「マジフォーっぽい!」という王道さがありつつ、「ここおもしろいな」「かっこいい!」と新たな一面を感じていただける楽曲だと思います。これまで応援してくださったファンの方も、今作をきっかけにマジフォーに触れてくださった方もきっと楽しんでもらえるんじゃないかな。

――ベストアルバムということで新曲のほかに、これまでTVアニメで流れたエンディングや挿入歌も収録されますが、“マイベスト”な楽曲はどちらでしょうか?

 やっぱり僕が好きなのは、劇中ドラマのエンディングでもあった「HOT★SCRAMBLE」でしょうか。かっこよくて口ずさみやすい点と、第8話の内容がとてもトリッキーでありながらマッチしていたところがお気に入りですね。

 「どこまでドラマを描くんだろう?」からの「最後までドラマなの!?」という斬新さに2度3度驚かされたな、と(笑)。メロ部分からサビに転調したときの明るく爽やかなところも、アイドルのタイアップ曲っぽくてステキですよね。

――第8話は普段のピタドルたちと彼らが演じた役の性格にギャップがあったことも話題になりましたね。

 ルイにいたっては冒頭から裸でしたからね!! なかなか衝撃的でしたが、あんな無茶なオーダーに応えられたルイを改めてすごいと思いました(笑)。バディを組んだアトム演じる●●の方がクールで敬語キャラ……という点もとても新鮮でしたね。何度でも見返したくなるお話だと思います。

――見どころはもちろん、“毎回変わるエンディング”ということで、聴きどころも盛りだくさんのTVアニメでしたね。

 そうですね。あとは第2話のエンディング「忍-Just A 絶頂(HEAVEN)-」もかっこよくて好きです。ただ、入りのタイミングが難しいので、じつはサラッと歌えなかったりします(笑)。初めてのソロ曲でもあった「Mr.StarrySky」はレコーディング時・アニメ内容ともに非常に思い出深い楽曲になりましたしね。こうして振り返ってみると、やはり“かっこいい曲”という方がマジフォーらしくて気に入っています。

 レコーディング前は「も~! 難しいよ~!」と悩ましいのですが、実際歌うと「ああ、マジフォーってこうだよね」と思えるのが特徴かな(笑)。オープニング曲「WeMe!!!!」のようにかわいらしい楽曲も歌っている4人ですが“キラキラしたかっこよさ”はマジフォーの持つ、大切な軸だと思っています。なんだか“マイベスト”なのにたくさん挙げちゃいましたね(笑)。

――全12話放送だったTVアニメですが、全話を通して思い出深いシーンとその理由を教えてください。

 先ほど挙げた第8話も印象深いのですが、アトムのマジフォー脱退騒動があった第11話はいつも以上に気合を入れて収録に臨みました。今だから言えるのですが、じつは収録当日は朝から緊張していたんです。これまでルイは感情をあらわにすることがなかったので「ここまで感情的になっていいのか?」と最初はセーブしていたのですが、ディレクターさんに「もっとやっていい」と言われてオンエア版になりました。

 じつは台本には“泣く”と書かれていたのですが、試しに泣きの入らないバージョンも演じてみたり、いろいろと試行錯誤しながら、こだわって取り組んだシーンでもあります。実際に完成版を見たら、ルイが泣いていたので「こっちを使ってくださったんだな」と思ったことを覚えています。最初は頑なにグループでいることを拒否していたルイですが、いろいろな気持ちが動いた結果の11話なのだと思うと、「本当によかったね」と声をかけてあげたくなりました。

――TVアニメは1話完結型でしたが、話数を重ねるごとにユニットの絆が深まっていく様子も描かれていましたね。

 どこから見ても楽しめるのがマジフォーアニメのよさの一つだと思っています。もちろん毎回変わるエンディング曲などは全編見ていても楽しんでいただけた要素だと思います。曲調の幅広さと相まって、物語もバラエティー豊かな内容でしたしね(笑)。今だから言えるのですが、最初は「何か大きな軸を中心に進んでいった方がいいのでは?」と思っていたこともありました。

 けれど、こうしてルイが大きな変化を遂げられた過程を感じられ、本当に素晴らしい作品になったと思っています。コミカルな部分も多かったのですが、そんな“青春”のなかでルイがマジフォーでいることの意味を見出せたのだと思うと、熱量高く11話に向き合えてよかったです。淡々とお仕事に取り組んでいるだけだったら、今のルイはいないんだろうなと思うと感慨深いですね。

――最後に発売を楽しみにしている読者の方へメッセージをお願いします。

 シングルやDVD、Blu-rayなどで楽曲を楽しんでくださっているかと思いますが、今作は“新曲も含めて集大成”だといえるベストアルバムになっています。TVアニメは未視聴だった方も、ピタゴラスプロダクション3組すべての楽曲が入っているので、きっと気になるユニットが見つかるんじゃないかな。

 1曲1曲、とても大きなパワーを持っているので、一度聴いてもらえたらうれしいです。マジフォーアニメを次につなげるためには、応援してくださるみなさんの力が必要不可欠です。僕たちも自信を持ってオススメできる1枚ですので、インタビューを読まれた方は、ぜひ店頭にてお買い求めください!(笑)

商品概要

『KISSから創造(つく)るBig Bang』BEST

■発売日:発売中
■価格:3,000円+税
■商品詳細:http://marginal4-anime.com/music/

■出演
 MARGINAL#4:桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)
 LAGRANGE POINT:牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)
 UNICORN Jr.:新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)

■トラックリスト

・Track01.WeMe!!!!
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
・Track02.忍-Just A 絶頂(HEAVEN)-
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
・Track03.Melty・Love・Cooking(・はハートマーク)
 Vo.野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)
・Track04.革命(Revolution)XX
 Vo.LAGRANGE POINT[牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)]
・Track05.Mr.StarrySky
 Vo.藍羽ルイ(声優:高橋直純)
・Track06.REAL?
 Vo.UNICORN Jr.[新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)]
・Track07.コ・コ・ロ・ヒ・ト・ツ
 Vo.野村エル(声優:KENN)
・Track08.HOT★SCRAMBLE
 Vo.桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)
・Track09.カラフル
 Vo.野村アール(声優:鈴木裕斗)
・Track10.魂のノンストップラヴァー
 Vo.桐原アトム(声優:増田俊樹)
・Track11.絆-KIZUNA-
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
・Track12.KISSから創造(つく)るBig Bang
 Vo.ピタゴラス★オールスター
 桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)
 牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)
 新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)
★Track13.Orbit
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
★Track14.“U”
 Vo.LAGRANGE POINT[牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)]
★Track15.ハングリー?
 Vo.UNICORN Jr.[新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)]

★は新曲となります。

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー