DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 豊永利行さん、大河元気さんアニメ『マジフォー』ベストアルバムインタビュー! ラグジュリエットは必見!

2017-10-09 15:15

豊永利行さん、大河元気さんアニメ『マジフォー』ベストアルバムインタビュー! ラグジュリエットは必見!

文:ガルスタオンライン

 TVアニメ『MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang』より、オープニング&エンディング曲全12曲に新曲3曲を加えたベストアルバム『MARGINAL#4 KISSから創造(つく)るBig Bang』BESTが好評発売中! 発売記念の収録後キャストインタビュー連載第3回は、ラグポの2人が登場です。

『マジフォーベストアルバム』

 今回は牧島シャイ役・豊永利行さん、緋室キラ役・大河元気さんにアニメの思い出深いシーンから、アルバムのおすすめポイントなどさまざまなことをうかがいました。

牧島シャイ役 豊永利行さん

『マジフォーベストアルバム』

――LAGRANGE POINTの新曲「“U”」について収録後のご感想をお願いします。

 レコーディング前にディレクターさんと楽曲全体のお話をさせていただき、その際に話題に上がったのが「歌詞の主人公が命を絶ってしまいそうに重い!」ということでした(笑)。歌詞がとてもディープかつ、悲恋を象徴しているのですが最後には一筋の希望が見える……という内容になっているので、救いがある終わり方になるような方向性で進めさせていただきました。

 また、激しい楽曲の多いラグポにとって「ガイドライン」以来となる久しぶりのミドルバラードなので、普段は出しにくいシャイとキラの持つ、月と太陽っぽさを表現できたらなと思いながら歌っています。キラの強みでもある熱さを随所で元気くんが表現してくれていたので、僕はシャイのクールさ、内に秘めた激しさと切なさを要所で伝えられるように歌わせていただきました。

――楽曲の聴きどころとオススメポイントを教えてください。

 ラグポらしい、“陰と陽”・“裏と表”の部分をシャイとキラで表現できればと思っていたので、ラグジュリエットのお姫様に感じ取ってもらえるとうれしいです。あとはタイトルの“U”が持つ意味合いを“どこに繋がっているのか?”、“何を意味しているのか?”をみなさまそれぞれの解釈で考えていただければな、と思っています。「こういった恋愛を19歳であるラグポが経験したことがあるのか!?」というくらいアダルトな雰囲気ですが、それを歌いこなす2人に注目していただきたいですね(笑)。

 あとは聴いてくださるみなさんが、おそらく一度は経験したことのある“失恋”にあてはめやすい楽曲なのかなとも思っています。青春時代のほろ苦い気持ちを思い出してくれたらなと思いますし、この曲がみなさんの大事な思い出に寄り添うものになってくれたらいいのかな、なんて。

 僕は「岩Dさん(作詞担当の岩崎大介氏)がこういう恋愛をしてきたのかな?」なんて思ってニヤニヤしちゃいました(笑)。ラグポはアダルトな曲が多かったので、“失恋して悲しい”という比較的ピュアな恋愛ソングに驚きつつ、思わず一緒に飲みに行きたくなりました(笑)。

――ベストアルバムということで新曲のほかに、これまでTVアニメで流れたエンディングや挿入歌も収録されますが、“マイベスト”な楽曲はどちらでしょうか?

 悩みますけど、自分たちが歌っている「革命(Revolution)XX」かな。マジフォーを助けるためにステージへ登場したストーリーラインでエンディングになったこともあって、非常にラグポらしさ全開だな、と。アニメーターさんがルイ先生のダンスを描き起こしてくださったこともあり「いつかイベントで踊ることになる!?」という意味も含めて印象に残っています(笑)。

――ちなみにですが、豊永さんがユニットの枠を超えて歌ってみたい、と思われる楽曲はありましたか?

 じつはオープニング曲「WeMe!!!!」を歌ってみたいなと思っていました。ラグポはこういった楽曲をなかなかもらえないので、一回振り切ってポップな楽曲を歌ってみたいです(笑)。“みんながセルフカバーをしてみたら?”という企画をやってみたらどうなるんだろう、というのはかねてから気になっていたので。もしTVアニメ2期やドラマCDなどがありましたら、誰もが気になるLAGRANGE POINTデビュー秘話や「ラグポってこんなキラキラしていたんだ!」という初々しい頃を描いてくれたら、それに合わせて歌ってみたいですね。

――全12話放送だったTVアニメですが、全話を通して思い出深いシーンとその理由を教えてください。

 鈴木裕斗くんとのトークイベント“アールの部屋”にお呼ばれした際にも少しお話させていただきまして、そこでは第10話のうどん回で盛り上がりました(笑)。ツッコミどころ満載でおもしろかったので、僕も気に入っているのですが、ここは第8話を挙げさせてもらおうかな。マジフォーを見ようと思ったら「あれ、違うアニメが始まった!?」と一瞬錯覚を引き起こしたお話ですが、斬新な構成が非常によかったと思っています。最終的にマジフォー4人がオンエアを確認してエンディングになるのですが、そういった表現が挑戦的な回だったな、と。

 マジフォーがアイドルとして、どう成長していくかを描いたなかで、きちんと仕事している様子を見せていくことと同時に、役柄の上にさらに役を重ねるという僕ら役者側にとっても本領発揮する場を設けてくださったことがうれしかったですね。ただ、マジフォー・ラグポ・ユニコの9人が同じドラマに出演するという、なかなか現実で同じ事務所のアイドルさんができないことを実行できた点が、リアルとファンタジーの融合としておもしろかったです(笑)。“ユニットメンバー総出演”というスペシャル感も加わって、特別なドラマだったと思います。

――シャイさんはキャスティングされた役柄も意外性がありましたよね。

 そうですね(笑)。華のある役柄かと思いきや、ちょっとくたびれた感じのする先輩刑事、というところがおもしろいなと。逆にいうと「19歳でよくその芝居できるな!」とも思いますけどね(笑)。ただ、僕らにとっては“役に役を被せる”という二重のお芝居がとても楽しかったです。

 「俺=豊永利行ならこういう表現をするけど、シャイ様ならまた違う表現をするんじゃないか?」という点を考えていくのが普段あまりマジフォーで行なわないことなので、やりがいがありましたね。ラグポはとくに2人とも異質な役どころで、普段は絶対に見られないキラのヒールな演技を新発見できてよかったです(笑)。

――最後に発売を楽しみにしている読者の方へメッセージをお願いします。

 無事にみなさまの応援のおかげで、全話放送を終えることができました。TVアニメではこれまで描かれなかった部分もお見せすることができましたし、好きなキャラクターが増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎話エンディングが異なるという阿鼻叫喚かもしれない試みを見事完走された、スタッフのみなさんには「本当にお疲れ様でした!」という気持ちでいっぱいです(笑)。

 そして、そんなオープニング・エンディングを収録したベストアルバムがこのたび発売されます。意外にもマジフォー・ラグポ・ユニコという恒常ユニットが全部そろったベストアルバムは初めてですので、それぞれのユニットはもちろん、“ピタゴラスプロダクションのアイドルたち”というくくりでも好きになってくれたらいうれしいです。

 全ユニットがそろっているからこその個性豊かな楽曲が詰め込まれていますので、「今まで知らなかったけどこの曲調好きかも」といった新たな発見をしていただけるんじゃないでしょうか。長年ラグポとして元気くんと一緒に携わってきましたが、ある種の集大成を感じ取ってもらえるかもしれません。

 時が経つにつれ、ラグポたちもそうですが、なかの人である僕たちもキャラクターへの愛着やキャラクターとの“なじみ感”が出てきます。僕と元気くんもほかの現場も経て互いに成長していっていると感じますし、その成長をラグポにも反映できたらいいなと思っています。

 ひとまずこのベストアルバムは“集大成第1弾”という位置づけでお届けしていきたいですね。僕らもまだまだラグポを続けさせてもらえたらうれしく思いますし、そのためにもぜひいっぱい買ってください(笑)。よろしくお願いしします!

緋室キラ役 大河元気さん

『マジフォーベストアルバム』

――LAGRANGE POINTの新曲「“U”」について収録後のご感想をお願いします。

 「無事終わりました! よかったです!!」のひとことに尽きます!! それくらい、楽譜をもらったときにラグポ曲の難しさにゾッとしました(笑)。最近は難しかったと言いつつも、歌いやすくなってきたところもあって「もしかして慣れてきたかも」なんて思っていたのですが、とんだ勘違いでした(笑)。ラグポにしては、ちょっとキャッチーな曲が続いていただけで、本来はこれぐらい難しい歌が彼らの特徴であり、持ち味だったんだなと思い知らされましたね。

 なので、そんな難易度の高い楽曲の収録が終わったことに、心からホッとしています(笑)。じつはレコーディングが近付くと、緊張と練習とで睡眠不足気味だったので今日は安心して眠れそうです。楽曲自体はけっこう前にいただいていたのですが、昨日唐突に「ダメかもしれない……」と思って練習にふけってしまいました(笑)。「カタストロフィ」や「BLACK SWAN」の頃もレコーディング前日は眠れなかったので、久し振りに当時を思い出しましたね。

――その頃はシャイ役の豊永さんと同じ日にレコーディング、といった風景も多かったですもんね。

 最近はお互いのスケジュールもあって、別々なことが増えてきましたね。ただ、ラグポの収録形態として、大体キラである僕が先に録っているのですが、そんな収録システムを今日ほど変えてもらいたいと思ったことはないかも知れません(笑)。

 以前は休憩中に「ここが難しかったですね」なんて雑談兼相談することもあったのですが、最近は別日な上にそれぞれ家に帰ってから一緒にオンラインゲームをすることが多く、「今回の曲かっこよかったです」といった感想で終わることもしばしばなので(笑)。ただ、レコーディングを終えた今は、そのかっこよさを聴いてくださった方が感じていただければ、という気持ちでいっぱいですね。

――楽曲の聴きどころとオススメポイントを教えてください。

 ラグポがバラードを歌うのはめずらしいのですが、仮歌を初めて聴いた際に「とても2人にしっくりくる歌だな」と思いました。かっこいいのはもちろんなのですが、非常に感情が揺さぶれるので何度も聴いていると泣けてきてしまって……。仮歌でも泣いてしまうくらいなので、完成版はきっと余計に泣いてしまいそうで聴けないだろうなぁ(笑)。

 それぐらい涙が出る歌なので、ラグジュリエットの姫さんたちも覚悟して聴いて、そして存分に泣いちゃってください。でも、本当に失恋してしまったときに聴くと、ちょっとダメージが大きくなりすぎてしまうかもしれないので、心が元気なときに聴いたほうがよいかな(笑)。

――ベストアルバムということで新曲のほかに、これまでTVアニメで流れたエンディングや挿入歌も収録されますが、“マイベスト”な楽曲はどちらでしょうか?

 「革命(Revolution)XX」で間違いないしょうね!! ラグポが歌ったのは「革命(Revolution)XX」と「KISSから創造(つく)るBig Bang」でしたが、どのエンディングも毎回おもしろい使われ方をしていたところにTVの前で感心しきりでした(笑)。

 ときに劇中劇のエンディングとして使われた第8話は本当に構成として素晴らしいなと思っています。「あれ、アニメ間違えた?」となる始まりで、あの衝撃的な展開で……、と見どころ満載でしたね。キラの悪役もそうですが、なによりシャイの役柄がツボに入ってしまって、テレビの前でずっと笑っていました(笑)。

 あとはアトムのソロだった「魂のノンストップラヴァー」が好きです。WONDER CORONA!で同じユニットだったせいか、アトムの声がとても耳に残りました。じつは、密かに「ワンコで歌ってみたい」と思った1曲でもあります(笑)。そのエンディングが流れた第10話は内容も衝撃的でしたけど、シャイとキラのジャージも注目ポイントだと思っています。

 2人のジャージは1作目のゲーム『MARGINAL#4 IDOL OF SUPERNOVA』でも着ているのですが、金と銀のカラーリングが反対なので、最初は「ひょっとして間違ってるのでは?」、キラが「シャイの着てや~ろう!」と着ているのかとも思っていました(笑)。ですが、アニメでも着こなしが変わらなかったので、「あ、これで正しいんだ!」と思ったことも記憶に新しいです。

――全12話放送だったTVアニメですが、全話を通して思い出深いシーンとその理由を教えてください。

 第1話でのマジフォーのライブシーンが非常に感動しました。放送時間が迫ってくるにつれて本当に緊張しましたし、始まってしまえば30分枠がこんなに短いものなのかと驚きもしました。それくらい、感動して呆然となってしまったと言いますか……。その分、ライブシーンの鮮烈さがいつまでも頭に残ってリフレインするような感覚でしたね。

 そして、その後に出てくるラグポですが、アフレコの際に「先輩ではなく、ラスボスっぽい感じで喋ってください」とディレクションされたことも印象に残っています(笑)。「どんなオーダー!?」とも思いましたが、映像がついたら見事にラスボス化していたのでおもしろかったな。

――最後に発売を楽しみにしている読者の方へメッセージをお願いします。

 TVアニメの一区切りという意味で、“集大成な1枚”になっていると思います。ユニット曲だけでなく、ソロ曲、全員曲、そして新曲も収録されているという聴き応え満点なベストアルバムですので、何度でも聴いていただきたいですね。

 そして、彼らの物語を振り返りたくなったらぜひ発売中のBlu-ray・DVDを再生していただき、また音楽を聴き込むためにベストアルバムを流す……という“マジフォースパイラル”に陥っていただければと思います(笑)。みなさんと同じく、僕も今作を楽しみにしていますのでぜひ一緒に盛り上がりましょう。

商品概要

『KISSから創造(つく)るBig Bang』BEST

■発売日:発売中
■価格:3,000円+税
■商品詳細:http://marginal4-anime.com/music/

■出演
 MARGINAL#4:桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)
 LAGRANGE POINT:牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)
 UNICORN Jr.:新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)

■トラックリスト

・Track01.WeMe!!!!
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
・Track02.忍-Just A 絶頂(HEAVEN)-
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
・Track03.Melty・Love・Cooking(・はハートマーク)
 Vo.野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)
・Track04.革命(Revolution)XX
 Vo.LAGRANGE POINT[牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)]
・Track05.Mr.StarrySky
 Vo.藍羽ルイ(声優:高橋直純)
・Track06.REAL?
 Vo.UNICORN Jr.[新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)]
・Track07.コ・コ・ロ・ヒ・ト・ツ
 Vo.野村エル(声優:KENN)
・Track08.HOT★SCRAMBLE
 Vo.桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)
・Track09.カラフル
 Vo.野村アール(声優:鈴木裕斗)
・Track10.魂のノンストップラヴァー
 Vo.桐原アトム(声優:増田俊樹)
・Track11.絆-KIZUNA-
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
・Track12.KISSから創造(つく)るBig Bang
 Vo.ピタゴラス★オールスター
 桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)
 牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)
 新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)
★Track13.Orbit
 Vo.MARGINAL#4[桐原アトム(声優:増田俊樹)、藍羽ルイ(声優:高橋直純)、野村エル(声優:KENN)、野村アール(声優:鈴木裕斗)]
★Track14.“U”
 Vo.LAGRANGE POINT[牧島シャイ(声優:豊永利行)、緋室キラ(声優:大河元気)]
★Track15.ハングリー?
 Vo.UNICORN Jr.[新堂ツバサ(声優:蒼井翔太)、滝丸アルト(声優:沢城千春)、仲真テルマ(声優:染谷俊之)]

★は新曲となります。

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー