電撃アーケードゲーム

総合 > 電撃アーケードWeb > 『ディシディアFF』10月の新キャラは“暗闇の雲”。ロマンあふれる“波動砲”が戦場で火を噴く
2017-10-05 14:45

『ディシディアFF』10月の新キャラは“暗闇の雲”。ロマンあふれる“波動砲”が戦場で火を噴く

文:電撃ARCADE編集部

 電撃アーケードゲーム編集部がお届けする、現在絶賛稼働中のアーケード版『ディシディア ファイナルファンタジー(以下、ディシディアFF)』の特別企画。今回は、10月3日(火)の公式放送で発表された暗闇の雲の性能や、最新アップデート情報について掘り下げていきます。

『ディシディアFF』

 どうも、スズタクです。9月はアルティミシアにハマったり、東京ゲームショウで『ディシディアFF NT』を試遊したりと、あいかわらず濃ゆい『ディシディアFF』ライフを送っています。……と、そうこうしているうちに、もう次の新キャラの暗闇の雲が登場! というわけで、今回は昨日の放送内容を詳しく見ていきたいと思います。

アーケード版の暗闇の雲はヘヴィタイプ!

 『FFIII』の最終決戦の地で姿を現した暗闇の雲。PSP版では“HPブレイカー”というコンセプトのキャラで、とても多くのHP攻撃を覚えられるのが特徴でした。HP攻撃はだいたいどれも“○○式 波動砲”という名称になっており、原作でプレイヤーを苦しめた“はどうほう”をとことん広げた性能になっていましたね。

『ディシディアFF』
▲PSP版『ディシディアFF』の暗闇の雲。
『ディシディアFF』
▲同じくPSP版より。多彩な波動砲のなかでも、とくに“零式 波動砲”のインパクトは絶大でした。

 そんな暗闇の雲は、アーケード版ではヘヴィタイプとして参戦します(てっきり、ユニークタイプになると思ってました!)。地上・空中ともに近接技とけん制技がバランスよく用意されているので、比較的扱いやすいキャラなのではと予想しています。

 ブレイブ攻撃のなかでは、相手を引き寄せる“貪りの触手”(地上↑+II)と“僻みの触手”(空中↑+II)が便利そうだなという印象。やや離れた位置から安全に攻撃できますし、敵を拘束するときにも役立ちそうです。とくに、“貪りの触手”は相手を後方に吹き飛ばすので、壁を背負った状況でも強みを出せるのがいいですね。

『ディシディアFF』

 暗闇の雲はティナに似たチャージ能力を持っており、チャージ状態では強化されたブレイブ攻撃を使えます。ティナと違ってチャージに10秒かかりますが、攻撃を受けてもチャージが解除されないのが利点です。チャージ状態で繰り出す強化ブレイブ攻撃は、威力・吹き飛ばし距離・キープ値の発生タイミングなどが強化されるほか、飛び道具に関しては弾の強度もパワーアップします。

 強化ブレイブ攻撃を使えば、ヘヴィタイプ以外の3タイプに対して、いつもより強気に攻められそうです。相手の使う技によっては、モーションを見てから強引につぶすこともできるかも? また、けん制技の“噴流砲”(地上↓+II)は強化版なら強判定になるので、序盤の弾幕合戦で光りそうです。

『ディシディアFF』

 そして、なにより注目しているのが“零式 波動砲”! 専用EXスキル“闇の氾濫”を発動中に使える巨大ビームで、カインの“ジャンプIII”のように2つ目のHP攻撃として繰り出せます。放送内の映像を見た限りでも、圧倒的な射程と射角を備えており、一発逆転を狙えるロマンに満ちた大技ですね!!

 通常のHP攻撃は、ジタンの“フリーエナジー”に似た“広角式 波動砲”が判明しています。PSP版では“広角式 波動砲”のほかにもさまざまな波動砲が存在しましたが、残りのHP攻撃もそのなかからチョイスされるのか、はたまたまったく新しい波動砲が登場するのか……。

『ディシディアFF』

採用率トップの召喚獣シヴァの性能に変化が!!

 放送内では、10月5日(木)のアップデートで行われる最新バランス調整についても公開されました。一番大きなポイントは、やはり召喚獣シヴァの“ダイアモンドダスト”の下方修正でしょう。

 “ダイアモンドダスト”にEXスキルの“スタミナブレイク”を合わせる行動は、長らく鉄板コンボとされてきました。しかし最新アップデートで、“スタミナブレイク”を使われた状態でも“ダイアモンドダスト”を避けられるようになります。これによって、召喚獣の選定基準にもまた変化が起こりそうです。

『ディシディアFF』
▲今までは歩きやステップだけでは“ダイアモンドダスト”から逃げられませんでしたが、調整後はタイミングよくステップすれば回避可能に!

 キャラ調整のなかでは、とくにジェクトが大きく上方修正されました。“ライジングフィスト”と“スプラッシュキック”の射程アップ、“クイックブロック”成功時に専用EXスキルのゲージ上昇など、より使い勝手が向上する調整が行われています。“クイックブロック”を活用することで、ジェクトの最大の個性である“ジェクトキャンセル”が早く使えるようになるのはうれしいですね。

『ディシディアFF』
▲今後は飛び道具を“クイックブロック”で消すことに、明確なメリットが生まれるようになります。

新たな電撃公式大会が10月21日に開催!

 すでに告知されているとおり、10月21日(土)に電撃公式大会“DISSIDIA バトルコロシアム6th”が開かれます。こちらには、公式全国オンライン大会2017の優勝チームが解説役として参加するので、全ユーザー必見です。参加者の応募はすでに締め切っていますが、興味がある人はぜひチェックしてください!

“DISSIDIA バトルコロシアム6th”概要はコチラ

 電撃オンラインでは、今後も『ディシディアFF』の情報を発信予定です。戦術指南やプレイレポートなど、さまざまな記事をお届けしますので、どうぞお楽しみに!

データ

▼『ディシディア ファイナルファンタジー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■ジャンル:オンライン・パーティ対戦型アクション
■稼働日:2015年11月26日
■プレイ人数:1~6人

関連サイト

特集

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『FGO アーケード』キービジュアルやゲームシステムが公開。新PVも配信中

  2. 2

    『FGO アーケード』プレイしての感想やシステム解説を掲載。お披露目会では川澄さんがゲームを体験

  3. 3

    【12月第1週のまとめ記事】『地球防衛軍5』情報や『モンスト』ウンディーネ獣神化など

  4. 4

    『FGO』AC版ロケテに行ってきた。 電撃のマスターが体験した英霊召喚チームバトルの見どころは?

  5. 5

    重厚ファンタジー要素が不足気味のあなたにオススメしたい。AC『ソウルリバース』が絶賛ロケテスト中

  6. 6

    AC『ソウルリバース』ロケテスト参加者全員に新ソウル“妖精の女王 ティターニア”をプレゼント!

  7. 7

    【電アケ総研】ノクト実装直後の『ディシディアFF』をトッププレイヤーと語りつつ生対戦する番組を配信

  8. 8

    セガ新作AC『オンゲキ』のロケテストが12月15日から17日まで秋葉原で開催!

  9. 9

    『三国志大戦』電アケ主催の2on2大会“第2回『電撃杯』”は12月16日17時から配信

  10. 10

    『ディシディアFF』ついに“ノクティス”参戦! 新ステージも追加される大型アップデートは12月7日から

[集計期間:12月08日~12月14日]

ページ
トップへ