DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 鈴木裕斗さんが『あんステ』を観劇! 「観終えたあと、推しがわんさか増えました」

2017-11-08 19:45

鈴木裕斗さんが『あんステ』を観劇! 「観終えたあと、推しがわんさか増えました」

文:ガルスタオンライン

 声優・鈴木裕斗さんが乙女ゲームに想いをしたためる本コラム。10月10日発売のガルスタ11月号では、人気作品“『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』 ~Judge of Knights~”観劇後の感想を熱くお届けいたしました。オンライン版では掲載しきれなかった感想を文字制限なしですべて掲載いたします! 鈴木さんの観劇後の高まる想いをお楽しみください。

『乙女ゲームトーク』

一度足を踏み入れたらなかなか抜け出せなくなる世界

 みなさん、ぎょす☆ 先月号で僕にとっても久々の2.5次元舞台……“B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』”を観に行かせていただき、また一つ僕の中の扉が開かれた気がしました。二次元と三次元の間で夢を見ることがこんなにも心を満たして潤してくれるのかと! 

 この世界に一度足を踏み入れたらなかなか抜け出せなくなる、ということも分かっているんです! でも次もまた! 次もまたこの世界に入り込みたい! と思わずにはいられなかった(笑)。そんななか、よければご一緒にどうですか? とお声かけいただいたのが……“『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』 ~Judge of Knights~”でした。

『乙女ゲームトーク』

 『あんステ』ですよ! 『あんステ』!! 登校しちゃっていたんですよ、じつは♪ 僕も以前からプレイしていましたし、Twitterなどでも流星隊の高峰翠くんが推しだと宣言させていただいていました。今回は流星隊の出演は無かったのですが、初めてKnights5人全員がそろう特別な公演。胸が躍らないわけがない!! 三作目である今回の公演は9月7日の東京からのスタートだったのですが、僕はガルスタ編集さんとともに関係者・マスコミ向けのゲネプロにお邪魔させていただきました! 

 ゲネプロを観られる機会なんてなかなかないことなので、それもまたドキドキする要因でしたね。ゲネプロとはいえ、本番はお客様が入っている本公演さながら! 開演前のキャラアナウンスもしっかりありまして、僕が観させていただいた時は、小松準弥くん演じる蓮巳敬人が公演前の諸注意をしてくれました。小松君は以前ラジオのゲストで出演してくれたこともあり、本番前からニヤニヤが止まりませんでした!

 そんな素敵なアナウンスの後はいよいよ本編へ! 以前からね、聞いてはいたんですよ? 「『あんステ』はキャラの再現率がとてつもない! そのままゲームから飛び出してきたようだ」と。このときほど他人の言葉に「その通りだ!」と心から納得したのは久々でした(笑)。まず初っ端から華々しく登場したKnights。

 僕の友人の推しである瀬名さんは……喋り方から仕草までそのまんま!! あの冷たいだけではない絶妙な物言いがとても素敵でした。楽曲もファンにとっては聴けて感涙なものから、なんと舞台オリジナル曲まで用意されていて! 

『乙女ゲームトーク』

 ユニット毎の特色もしっかり押し出し、歌やダンスのクオリティも高い! Knightsの圧倒的パフォーマンス力からの王者感。fineのキラキラ王子感。(踊る姿が美しかった……)Ra*bitsのこちらの顔が笑顔でぐにゃぐにゃになるくらいのかわいい破壊力。紅月の息を呑むほど華麗な剣さばきと麗しさ。

 そして、この公演だけのお話、月永レオ率いる特別ユニットの、本当の意味での特別感! ライブパートはこれでもかというくらい、彼等のキラキラが押し寄せてきて胸が苦しかった! ドラマパートではゲームでのBGMをふんだんに使用し、カッコよかったりかわいかったり尊かったり……とくにRa*bitsのみんなのやり取りがとにかくかわいくて尊くてメロメロでした。絆をしっかり感じられるようなキャラ同士のやり取りでしたよ♪

『乙女ゲームトーク』

 そして本公演の一番の魅力である、と僕は思っているユニット対ユニット同士のバトル……決闘は最初から最後まで最高潮がずーっと続きます! バトルとはいえ、これはファンにとっては夢のコラボ。あの曲をこのメンバーで!? と、僕も目を潤ませながら固唾を飲んで見守っていました。

『乙女ゲームトーク』

 今回も『OVER the WAVE!』の時同様、客席降臨が何度もありまして、役者のみなさんやキャラの魅力を間近で感じることができ幸せな気持ちになりましたし、とくに『あんスタ!』は元々僕も作品に触れさせていただいていただけあって、いろいろな発見があり、作品やキャラクター、そしてユニットや楽曲に対しての愛もグングン深まった気がします。

 ゲーム本編はもちろんですが、今回舞台という形でキャラクターのパフォーマンスに対する熱意や同ユニットメンバーへの特別な想いを肌で感じることができたことに、2.5次元の魅力を最大限感じ取ることができた気がします。

『乙女ゲームトーク』

 そして『あんスタ!』の世界を各々のキャラクターで誠心誠意生き抜いていらっしゃった役者のみなさんに、勝手に! 心から感謝の気持ちを申し上げたくなりました!! 観終えたあと、推しがわんさか増えたことは言うまでもありません(笑)。

出張版ではガルスタ誌面では書き尽くせなかった、溢れる想いをお届け中!

データ

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー