News

2017年11月13日(月)

『リディー&スールのアトリエ』絵画世界の創造者など新キャラを紹介。調合新要素“活性化アイテム”の詳細も

文:電撃オンライン

 コーエーテクモゲームスは、12月21日に発売するPS4/PS Vita/Nintendo Switch用ソフト『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~』について、キャラクターやゲームシステムなどの新情報を公開しました。

『リディー&スールのアトリエ』

 本作は、『アトリエ』シリーズの最新作にして、『ソフィーのアトリエ』と『フィリスのアトリエ』に続く『不思議』シリーズの3作目となるRPGです。

 『アトリエ』シリーズの持つ“日常感”に、不思議な世界を冒険する“非日常感”を織り交ぜたゲーム体験がコンセプトで、本作では“絵画”をテーマにした世界を、リディーとスールという双子の姉妹が冒険していきます。

絵画世界の創作者など登場キャラクターを紹介

 本日の記事では、絵画世界の創作者である“ネージュ”や絵画世界に住む女の子“フーコ”、絵画世界に暮らす大海賊“キャプテン・バッケン”ら3名のキャラクターを紹介します。

ネージュ・シャントルイユ(声優:優希知冴)

『リディー&スールのアトリエ』

 絵画の世界に入れる“不思議な絵”を、初めて描いた錬金術士の女性です。過去の人物であるはずですが、不思議なことに、絵画世界の中で子ども姿の彼女と出会うことができます。

 落ち着きのある性格ではあるものの、彼女は大人の社会を悲観しており、ずっと子どものままでいたいと考えているようです。

『リディー&スールのアトリエ』
▲何もかも凍りついた宮殿の中に現れた1人の少女、それがネージュです。彼女は、ある理由により、その心も凍りついてしまっているようです。

フーコ(声優:小原好美)

『リディー&スールのアトリエ』

 溶岩の滝がある“アンフェル大瀑布”に暮らす女の子です。背中には、小さな羽が生えています。

 絵画世界に住んでいるため世間一般の物事を知らず、天真爛漫な性格をしているので、何事にも興味を示します。

『リディー&スールのアトリエ』
▲“アンフェル大瀑布”から逃げようとしていたフーコ。彼女を助けるため、双子たちは協力することになります。

キャプテン・バッケン(声優:後藤光祐)

『リディー&スールのアトリエ』

 海賊たちの頂点に立ち栄華を極めたという、空想上の大海賊です。海底の洞窟である絵画世界“海底宝物庫”に暮らし、身が朽ちた後も自分の宝を守っています。

 喋り方からは高圧的に思われがちですが、基本的には陽気でノリのいい性格です。

『リディー&スールのアトリエ』
▲バッケンは、リディーとスールたちを子分と呼んで気さくに話しかけてきます。彼のお宝は“お金には換算できないほど素晴らしい宝”とのことですが……?

“活性化アイテム”のさまざまな効果

 材料からアイテムを完成させる調合では、“触媒”や“活性化アイテム”を投入すると、より役立つアイテムを調合できることがあります。

 活性化アイテムが触媒と大きく異なるのは、調合中であれば好きなタイミングで使用できるという点です。活性化アイテムは、その種類によって効果が違うだけでなく、使用するタイミングも重要となります。

『リディー&スールのアトリエ』
▲活性化アイテムを使用しなかった場合。色がばらばらで、効果レベルに関係のない色も見られます。

 以下に参考例として、同じ材料、同じ配置で異なる活性化アイテムを使用した時の効果を紹介します。なお、調合自体の流れついてはこちらの記事を参照してください。

活性化アイテム効果:チェンジ

 チェンジの効果をもった活性化アイテムを使用すると、既に材料が置かれ、色の付いたすべてのマスがそれぞれ別の色に変わります。

『リディー&スールのアトリエ』

活性化アイテム効果:隣接塗り替え

 材料が置かれて色の付いたマスに置くと、置いたマスと隣接している同色のマスも合わせて同じ色になります。変化する色は、活性化アイテムによって異なります。

『リディー&スールのアトリエ』

活性化アイテム効果:挟みこみ

 材料が置かれて色のついたマスに置くと、そのマスから縦横ナナメの直線状にあるマスの色が変化します。変化する色は、活性化アイテムによって異なります。

『リディー&スールのアトリエ』

活性化アイテム効果:全塗り替え

 材料が置かれて色のついたマスに置くと、そのマスと同じ色のマスがすべて変わります。変化する色は、活性化アイテムによって異なります

『リディー&スールのアトリエ』

触媒について

 触媒は、作るアイテムと使用する材料を決めた際に投入できるアイテムです。触媒を投入すると、パネルの数が変化したり、触媒ボーナスマークがパネル上に発現したりします。

『リディー&スールのアトリエ』
▲触媒ボーナスマークが発現したマスは、そこに材料を置くだけで特別な効果を得られます。

 なお、触媒ボーナスの主な種類は、品質の増減、特性引継ぎ数の増減、効果レベル(材料選択などの際、画面右に表示される効果のバー)の増減、作成個数の増減などがあります。調合の際は、作るアイテムの用途によって、ベストな触媒を選ぶことが重要です。

『リディー&スールのアトリエ』

 また、調合するアイテムによっては材料が持っている特性を引き継げることがあります。特性引継ぎ数アップなどの触媒ボーナスと組み合わせれば、よりよいアイテムが作成できるかもしれません。

都の人々から依頼を受けてアトリエを有名に

 アトリエのランクアップには、アトリエの評判を上げることが必要となります。リディーとスールたちは、アトリエの評判を上げるため、“野望ノート”を片手に王城前の掲示板へ依頼を受けに行きます。

 掲示板で受けられる依頼の内容は、大きく分けて“アイテムの調達”と“魔物の討伐”があります。いずれの依頼も、達成すればお金や道具などの報酬を獲得できるので、気になる依頼はどんどん受けていきましょう。

 以下に、魔物の討伐を例にして依頼をプレイする際の流れを紹介します。

(1)依頼を受ける

 まずは、王城前にある掲示板のもとへ行き、依頼を引き受けます。依頼は、一度に複数受けることも可能です。

『リディー&スールのアトリエ』
▲人々の依頼が貼り出された掲示板です。魔物の討伐を受けます。

(2)依頼をこなす

 上で魔物の討伐を引き受けたので、討伐対象の死神アディスに挑みます。なお、対象となる魔物の生息地は、依頼書に記載されています。

『リディー&スールのアトリエ』

(3)受付に報告する

 無事に魔物を討伐できたら、後は王城前の掲示板にいる受付に報告することで依頼達成となり、報酬を得られます。

『リディー&スールのアトリエ』

双子を支える仲間や家族の存在

 物語を進めると、現実世界でも絵画世界でも、困難や不思議なことが双子たちにの前に立ちふさがることがあります。2人がいくつもの難題を一緒に越えていく内に、側にいる人々はかけがえのない存在になっていきます。そうした人間関係を描いたドラマも、本作の魅力の1つです。

 また本作には『不思議』シリーズの歴代主人公らも登場し、双子たちとの絆を築いていきます。

『リディー&スールのアトリエ』
▲調合に使う材料を探す最中、メルヴェイユでは、雷がよく鳴っていることに気づきます。何かよくないことが起こる前触れなのでしょうか?
『リディー&スールのアトリエ』
▲自宅であるアトリエにいると、地下室から誰かの声がリディーの耳に届きます。その声は、優しく穏やかなもので……。
『リディー&スールのアトリエ』
▲リディーとスールを危険から守るため、姉であるミレイユから双子の護衛を任されたマティアス。強そうな魔物には及び腰ですが、やる時はやる……!?
『リディー&スールのアトリエ』
▲不思議な絵を調査する双子たちの前に現れる、謎の少年アルト。絵を譲る代わりに、絵の調査への同行を申し出てきます。絵画だけでなく、双子にも関心を示すように。
『リディー&スールのアトリエ』
▲世界を旅する錬金術士のフィリス。彼女が魔物を退治したところ、その魔物は双子たちのアトリエランクアップ試験の課題に設定されていたようです。
『リディー&スールのアトリエ』
▲皆の幸せを願う偉大な錬金術士ソフィー。リディーとスールが強大な魔物に歯が立たず諦めようとした時、ソフィーが笑顔で双子に語りかけます。
『リディー&スールのアトリエ』
▲ソフィーがゲーム中で初登場するシーンです。多くの冒険を乗り越え成長したソフィーが、颯爽(さっそう)と現れます。
『リディー&スールのアトリエ』
▲“アンフェル大瀑布”で出会ったフーコもまた、双子とすっかり打ち解け、元気よく2人を応援します。
『リディー&スールのアトリエ』
▲リディーとスールに優しい瞳を向ける、母親のオネットです。生前の彼女は双子のことはもちろん、家族皆を愛していました。
『リディー&スールのアトリエ』
▲父親のロジェに怒られる双子。錬金術士でもあるロジェは、調合に関して厳しい目を持っているようです。
『リディー&スールのアトリエ』
▲決意の表情を浮かべる双子と仲間たち。どんな困難な場面も、これまで進んできた自分たちと、頼りになるかけがえのない人々を信じて進みます。

不思議な絵画の世界

 浮島の見える花畑、溶けることのない氷に覆われた洞窟など、絵画の世界には不思議なことがたくさん待ち受けています。フーコと出会える“アンフェル大瀑布”を含め、3つの絵画世界のスクリーンショットを紹介します。

絵画世界:ざわめきの森

 人のざわめくような声が絶えないことから、“ざわめきの森”と呼ばれます。薄暗い森の中で、スールは、読むだけで呪われるという看板を発見します。

『リディー&スールのアトリエ』

絵画世界:アンフェル大瀑布

 “アンフェル大瀑布”は、大瀑布という名称とは裏腹に溶岩の燃えたぎる世界です。この世界に住むフーコは、錬金術士を知らない様子なのですが……。

『リディー&スールのアトリエ』

絵画世界:氷晶の輝窟

 “氷晶の輝窟”は、冷たい空気に満ちた常冬の洞窟です。この場所では、魔物の放った攻撃でルーシャが氷漬けになってしまいます。

『リディー&スールのアトリエ』

※掲載されている画面写真は、PS4で開発中のものです。
※ダウンロード版は発売後2週間(2018年1月3日まで)10%オフとなります。
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

データ

▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~ プレミアムボックス』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年12月21日
■希望小売価格:10,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~ プレミアムボックス』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年12月21日
■希望小売価格:9,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~ プレミアムボックス』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Switch
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年12月21日
■希望小売価格:10,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年12月21日
■希望小売価格:7,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年12月21日
■希望小売価格:6,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Switch
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年12月21日
■希望小売価格:7,300円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~(ダウンロード版)』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月21日
■価格:7,300円+税
▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~(ダウンロード版)』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月21日
■価格:6,300円+税
▼『リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~(ダウンロード版)』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Switch
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月21日
■価格:7,300円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。