DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 藤田麻衣子さんが『緋色の欠片』の楽曲ライブを開催! 平川大輔さんの好きな楽曲や終演後インタビューも

2017-11-15 11:15

藤田麻衣子さんが『緋色の欠片』の楽曲ライブを開催! 平川大輔さんの好きな楽曲や終演後インタビューも

文:ガルスタオンライン

 11月7日東京・EX THEATER ROPPONGIにて“藤田麻衣子 Live 2017 ~緋色の欠片 10th Anniversary~”が開催されました。オトメイトの人気作『緋色の欠片』シリーズの主題歌など多数のタイアップを担当している、シンガーソングライター・藤田麻衣子さんが本作の楽曲のみで行なったライブの模様と、終演後のインタビューをお届けします。

藤田麻衣子さんが『緋色の欠片』の楽曲ライブを開催

四季折々の『緋色』の世界に彩られたライブ

 2006年にPS2『緋色の欠片』の主題歌を担当して「恋に落ちて」以降、楽曲の提供は全部で26曲もあるとのことで、『緋色』シリーズの10周年を記念にこの関連曲のみでライブを試みてみようとなったという一夜限りの貴重なこの日のライブ。

 『緋色』シリーズのタイアップ楽曲には “恋の歌”“季節”の共通点があるということで、桜をイメージした楽曲から始まり冬へ向かいまた春へと一周する、春夏秋冬の季節感が楽しめるライブ構成となっていました。

 まずは、しっとりとした弾き語りの「横顔~わたしの知らない桜~」(4月)からスタート。中央に置かれたピアノ台は『緋色の欠片』の象徴ともいえる紅葉の飾り付けがされ、藤田さんの伸びやかな歌声とピアノ演奏のハーモニーで一気に『緋色』の世界へと惹き込まれます。MCをはさみアニメの主題歌にもなった「ねぇ」(5月)のあと、6月から8月の夏をイメージした楽曲「蛍」「金魚すくい」「水風船」を立て続けに披露。

藤田麻衣子さんが『緋色の欠片』の楽曲ライブを開催

 「蛍」では切ない歌詞とバイオリンが見事にシンクロし、照明もまるで蛍のような可憐な光を表現し心をつかまれます。曲と曲の合間には蜩(ひぐらし)の鳴き声が聞こえてくるなど、随所に季節を感じさせる素敵な演出が盛り込まれていました。

 2度目のMCコーナーでは「普段のツアーでは明るい曲になったら手拍子やペンライトをつけてもらうのですが、今日は明るい曲がほとんどないから今つけておかないとつけるタイミングないですからね(笑)」と会場をわかせる場面も! また「『緋色』の楽曲は切ない、暗い恋の歌が多く、このあともこんな苦しい感じが続きますが、心置きなく苦しんでください」というまさかの藤田さんの言葉に会場は笑いに包まれていました。

 また、10周年という節目として、7月27日に発売されたPlayStation Vita『緋色の欠片 ~おもいいろの記憶~』の主題歌「秋風鈴」を歌うことができてとてもうれしいと語る藤田さん。この「秋風鈴」は、秋になってもしまい忘れられている“風鈴”と、“待ちぼうけ”している女心を重ねて歌詞を書かれたという藤田さんの語りから9~11月の楽曲へ。

 9月の「秋風鈴」ではまるで風鈴がそっと風に揺られるようなAメロから始まり、サビは強く煽られているかのように激しく女心を歌い上げるこの曲は、藤田さんの流れるような音域の広さにも感動します。続けて「運命の人」(10月)と「高鳴る」(11月)を歌唱。主人公の片思いの苦しい気持ちや情景が浮かぶようで胸がしめつけられました……!

藤田麻衣子さんが『緋色の欠片』の楽曲ライブを開催

 ライブの後半はこれまでの四季シリーズではなく、「きっと」「それでも私は」を披露。続けて「片思いや苦しい恋心の曲がつづいたので、両思いの歌です」とスタートしたのは「二人なら」「瞬間」の2曲。観客も手拍子をしたりと温かい空気が会場を包み込みました。

岡野さんと平川さんの『緋色』の曲と言えば?

 MCで藤田さんに紹介されたのは、会場に見に来ていた岡野浩介さんと平川大輔さん。突然の紹介にざわつく会場でしたが、岡野さんが演じる鴉取真弘の好物「ヤキソバパン出して!」と藤田さんがステージ上からリクエストしますが、岡野さんは「今日持ってない!」と大声で答え、楽しいやりとりに会場は大爆笑!
 
 また、藤田さんが岡野さんと平川さんに「『緋色』の曲と言えばなんですか?」と事前に質問しており、岡野さんは「俺的には“恋に落ちて”。アニメもOKなら“宝物”ですかね、2曲とも普段よく聞いています」と回答。平川さんは「やっぱり“恋に落ちて”かな。初めて生で聞いたときの衝撃は筆舌に尽くしがたい感じです」と答え、突然のスペシャルゲストに大歓声が贈られていました。

 MCが終わると残る冬のパートへ。「君が手を伸ばす先に」(12月)、「今でもあなたが」(1月)、「この白い雪と」(2月)、「卒業」(3月)を披露。しっとりとしたバラードに雪積もる季封村の情景が浮かび上がるようでした。

 アンコールには、岡野さん平川さんをはじめ会場の全員が“待ってました!”と思ったであろう「恋に落ちて」「宝物」を歌唱。「ありがとう! また来てね」という藤田さんの挨拶で一夜限りの『緋色の欠片』ライブの幕は閉じ、会場は最後まで暖かな拍手に包まれました。

藤田麻衣子さんが『緋色の欠片』の楽曲ライブを開催

 『緋色の欠片』シリーズファンのみならず、会場を魅了したこのライブの模様は、2018年1月10日に発売されるオリジナルフルアルバム「思い続ければ」の初回盤特典DVDに収録されるとのこと。また、全国ツアーも予定されていますので、藤田さんのすばらしい歌声をぜひみなさんも堪能してみてください!

ライブ直後の藤田さんからコメントが到着

――10周年という特別なライブを行うにあたり、どのような意気込みで臨みましたか?

 ワクワクしたり安心感もあったり、思いっきり楽しめる気がしていました。10年たっても『緋色の欠片』の楽曲を聞きたいという方がたくさんいらっしゃったので、今日は感謝の気持ちで楽しもうという思いでいっぱいでした!

――思い入れのある曲を教えてください。

 アンコール1曲目に歌った「恋に落ちて」がデビュー曲で、その歌が『緋色の欠片』のタイアップとして最初に決まったことで今ここまで来られたので、やはりデビュー曲が一番大切な歌ですね。

――今日のライブの感想を教えてください。

 「楽しかったー!」ですね! 苦しい感じの恋の歌でバラードが多いのですが、お客さんがとても温かくて反応もノリもいいので、楽しくすごさせていただいて本当に感謝しています。

――ファンのみなさまへメッセージをお願いします。

 『緋色の欠片』の楽曲はこれからもずっと大切に、ライブでもたくさん歌い続けていこうと思っています。もちろん新曲も楽しみにしてほしいですし、またぜひライブに遊びに来ていただけるとうれしいです。よろしくお願いします!

セットリスト(季節)

01.横顔~わたしの知らない桜~(4月)
02.ねぇ(5月)
03.蛍(6月)
04.金魚すくい(7月)
05.水風船(8月)
 MC
06.秋風鈴(9月)
07.運命の人(10月)
08.高鳴る(11月)
09.きっと
10.それでも私は
 MC
11.二人なら
12.瞬間
13.君が手を伸ばす先に(12月)
14.今でもあなたが(1月)
15.この白い雪と(2月)
 MC
16.卒業(3月)

アンコール
17.恋に落ちて
18.宝物

メジャー3rdアルバム情報

『思い続ければ』初回限定盤

■発売日:2018年01月10日
■価格:5,200円+税
■収録内容(予定)
 <CD>
 01. 素敵なことがあなたを待っている
 02. 秋風鈴
 03. やるしかない
 04. あなたがいるから(他全12曲収録予定)
 <DVD>
 「藤田麻衣子 Live 2017 ~緋色の欠片 10th Anniversary~ 」ライブ映像
 

『思い続ければ』通常盤

■発売日:2018年01月10日
■価格:3,000円+税
■収録内容(予定)
 <CD>
 01. 素敵なことがあなたを待っている
 02. 秋風鈴
 03. やるしかない
 04. あなたがいるから(他全12曲収録予定)

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー