News

2017年11月17日(金)

『カリギュラ』山中P&声優・沢城千春さんインタビュー。アニメ化&ゲーム最新作について聞く

文:電撃PlayStation

 11月17日に行われた生放送で発表されたPS4用ソフト『Caligula OverDose(カリギュラ オーバードーズ)』(2018年5月17日発売)。本放送ではTVアニメ化も発表された。

『カリギュラ』

⇒発表内容のまとめ記事はこちら

 ここでは、放送後に行われた山中拓也プロデューサーと主人公(男)役で出演する声優の沢城千春さんへのインタビューをお届けする。

ここで乗っておかないと損だなというムーブメントを

――2大発表生放送を終えてみていかがですか?

沢城千春氏(以下敬称略):不慣れなMCを任せていただきましてリハーサルは緊張していたのですが、本番では山中さんや出演者のみなさんがフォローしてくださって、楽しむことができました。

 2大新情報については山中さんからお話はうかがっていたのですが、たくさんの視聴者の前で発表できたことをうれしく思っております。

山中拓也氏(以下敬称略):キャストのみなさんに本当に『カリギュラ』を愛してくださっているので、一緒に発表できたことをうれしく思っています。

 収録は1日などで終わってしまうのですが、そのあともみなさんずっと『カリギュラ』の話をしていてくれて、展開を楽しみに待っていてくれていました。

 今日の番組でも、新情報の発表を自分のことのように喜んでくれていて、キャストの愛のようなものを感じました。ユーザーさんにも出演者の方にも愛され、いい作品になったなと感じました。

――新作『カリギュラ Overdose』で注目してほしいことを教えてください。

山中:1作目の『カリギュラ』は、2016年にPS Vitaで発売しました。非常に多くの方に愛してもらいまして、「このゲームが好き」と言ってくださる方がたくさんいらっしゃいました。

 ただ、1作目はいい作品になりましたが、すべてを手放しで完璧だと言えるものではなかったと思います。自分としましては、評価をいただいている方々の好意的な部分に甘えてはいけないと思っており、悔しさのような感情もありました。

 それをPS4版の『カリギュラ Overdose』として、自分が思ういいゲームを追究する機会を与えてもらえたのがとても幸せなことだと思いました。

 前作をやっていた方にも、前回は気になっていたけれど結局買わなかったという人にも、安心してオススメできるタイトルにしていきます。

――ゲームには楽士ルートが追加になりましたが、山中さんは沢城さんにどのような演技を期待しますか?

山中:楽士ルートは前作の仲間を裏切る、そして前作の敵に背中を預けるという、ちょっとした背徳感や高揚感を演出しようと思っています。ほかのキャラクターにさんざん恨み言を言われると思うんですが、めげずにがんばってください(笑)。

 帰宅部ルートでも楽士ルートでも、主人公はプレイヤーの理想であってほしいので、とにかく理想的でカッコいいボイスをどのシーンでも期待しています。

――沢城さんは山中さんになにかゲームについて聞いてみたいことはありますか?

沢城:セーブポイントはわかりやすくなりますか?(笑)

山中:(笑)。ちょっと説明しますが、沢城さんは前作でセーブポイント位置が分からず、けっこう進めたあとにPS Vitaの電源が落ちてやり直したことがあるんです。

 今回はアンリアルエンジン4になったことでビジュアルが向上していますから、セーブポイントの位置もより分かりやすくなっていますよ。

沢城:よかったです(笑)。

――アニメ化に関してはいかがですか?

山中:本当にありがたいことだと思います。ファンのみなさまがいろんなところで好意的な声を上げていただいて、それを見つけていただいたわけです。これは愛の証明のようなことなので、とてもうれしく思います。

 アニメの制作スタッフのみなさんも僕と同じ熱量でキャラクターのことを話してくれたり、キャラの人間性を大事にしてくださる方たちなので、きっとおもしろいものになるし、アニメ版として納得いただけるものになるという確信があります。

 アニメで入ってくるユーザーさんにも『カリギュラ』の魅力が伝わると思いますね。

沢城:アニメを見ることでゲームともまた違ったキャラクターの見え方があると思いますし、さらに踏み込んだ部分もわかっていただけるのではないかなと思います。

 そういったところや音楽、シナリオといった部分に注目して、ぜひご視聴いただきたいです。

――収録などはこれからになりますが、アニメの主人公・式島律はどのようなキャラクターだと思いますか? 風貌は同じでも、アニメ版では1つの人格があるわけですが。

沢城:ゲームではクールでそんなに笑わないという形で演じさせていただいたのですが、そのイメージが強いので、アニメでもクールでカッコイイ主人公になるのではないかなと思います。

 主人公に感情移入していただきたいです。登場キャラクターに感情移入していくところも『カリギュラ』の魅力ですからね。

――では、最後にユーザーのみなさまにひと言葉お願いします。

沢城:前作をプレイされた方も、これからプレイされる方も、『カリギュラ Overdose』はイチから楽しめる作品になっております。

 プレイしていただいて、アニメも見ていただければより楽しめると思いますので、ぜひどちらもよろしくお願いします。

山中:ゲームは前作を知っているから楽しめる部分も用意していますし、前作をまったく知らない方にもオススメできるよう遊びやすくなっています。

 アニメも始まって、『カリギュラ』の展開も盛り上がっていきます。みなさんにもここで乗っておかないと損だなと思ってもらえるようなムーブメントを作っていこうと思います。

――ありがとうございました。

 なお、11月22日発売の電撃PS Vol.651では、『カリギュラ Overdose』の最新情報をたっぷりお届け。山中プロデューサーへの1問1答も要チェックです!

(C)FURYU Corporation.

データ

▼『電撃PlayStaton Vol.651』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2017年11月22日
■定価:694円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.651』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.652

    電撃PlayStation Vol.652表紙画像

    2017年12月14日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭特集】地球防衛軍5
    【16P付録[1]】今こそPS4を買う10の理由。
    【16P付録[2]】リディー&スールのアトリエ
    【特集1】とある魔術の電脳戦機
    【特集2】モンスターハンター:ワールド
    【電撃特報】SAO フェイタル・バレット
    【特別企画】クリエイターアンケート2017
    【SUPER PUSH】ゴッド・オブ・ウォー
     真・三國無双8 / METAL GEAR SURVIVE
     ディシディア FF NT / 龍が如く 極2
     バイオハザード7 / コードヴェイン
     ガルパン / 戦場のヴァルキュリア4
     アイマス ステラステージ / リトアカ
     信長の野望・大志 / 進撃の巨人2
     LocoRoco 2 / ロックマン11
     シャイニング・レゾナンス リフレイン
     シティーズ:スカイライン / 桜花裁き 斬
     パワプロ2018 / Winning Post 8 2018
     閃の軌跡III / 仮面ライダー CF / ARK
    【Online Game】PSO2 / DDON
     DQX / FFXIV / Destiny 2 / FFXI
    【コード付録】DDON / MHF-Z
     リディー&スールのアトリエ

    >> 詳細はこちら