DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 小野友樹さん、江口拓也さんが“大ゆーたく祭”を開催! 豪華ゲスト陣とともにミスコン&ライブを披露

2017-11-28 18:45

小野友樹さん、江口拓也さんが“大ゆーたく祭”を開催! 豪華ゲスト陣とともにミスコン&ライブを披露

文:ガルスタオンライン

 声優・小野友樹さん、江口拓也さんによるユニットTeamゆーたくが11月18日、舞浜アンフィシアターにて“大ゆーたく祭2017in舞浜アンフィシアター~私立友拓学園~”(昼の部)、“ゆーたく祭2017in舞浜アンフィシアター~私立友拓女学園祭~”(夜の部)を開催。

 小野さん、江口さんに加え、ゲストとして赤羽根健治さん、豊永利行さん、岡本信彦さん、内田雄馬さん、杉田智和さんが登場し、爆笑必至のミスコンや、生バンドを従えてのスペシャルライブで会場を大いに盛り上げました! 今回は、そんな終始笑いの絶えなかった学園祭の昼の部の模様をお届けします♪

『ゆーたく祭』

ゆーたくの歌&個性的なゲスト陣の登場に盛り上がったオープニング

 中央のせり上がりから、ブレザー姿の小野さん、江口さんが登場すると、さっそくオープニングアクトとして「take you take me」を熱唱! 2人は客席を練り歩きながら、会場のみなさんに笑顔で手を振り声援に応えていました。

『ゆーたく祭』

 ステージに戻り、2人で仲よく腕で丸をつくり“眼鏡”のポーズをとったあとは、「おはゆー」「こんたくー」というおなじみの掛け声でみなさんにごあいさつ。学園祭にて再会できた喜びを会場全体で分かち合うと、いよいよ2人がゲストを呼び込みます!!

『ゆーたく祭』

 キャスト陣が思い思いの制服で登場するということもあり、どんな姿で登場するのか会場も期待に胸をふくらませます! 最初に呼ばれたのは“ケンG”(赤羽根さん)。聖飢魔Ⅱをイメージしたという白塗りのメイクをしての登場に、会場は大爆笑! 赤いジャケットに施されているトゲトゲの肩章がポイントだそうですよ♪

 次に、エルヴィス・プレスリー風の、フリンジがたくさんついた白ジャケットにアフロヘアーという出で立ちで現れたのは、 “トッC”(豊永さん)。「フー!」とハイテンションにポーズを決めて、キャラクターの濃さをアピールします! 続いて“ノーVIS”として短ラン姿で岡本さんが登場すると、「その命我に捧げよ!」と厨二病全開キャラで会場をわかせます! 特殊メイクで額に“第3の目”を作ったり、片手に包帯というこだわりっぷりに、ゆーたくの2人も感心している様子でした。

『ゆーたく祭』

 レインボーのジャケットを着た内田さんは、「Where is my mom?」とママを探しに来たアメリカの子供という設定で“ユーMA”を演じながら登場。内田さんは色とりどりのペンライトで虹色にかがやく客席を「ラスベガス!」と表現し、会場を笑いに誘いました。なんと“トッC”とはダンス仲間という裏設定も明らかに。

 “TOMOさん”こと杉田さんは、頭にタオルを巻いた学ラン姿でゆっくりとステージに現れると、ワケアリ高校生という設定らしく「どこからでも立て直せる、家も人の生き様もだ」とカッコよくも意味深なセリフを披露。

『ゆーたく祭』

 さまざまな制服を身にまとった個性的なメンバーが勢ぞろいし出席をとったあとは、会場全員で起立し生徒手帳を手に、私立友拓学園の校歌を元気よく斉唱。キャラの濃いゲスト陣は、歌うことを放棄しダンスし始めたりと、ゆーたくだからこそのイベントの“ゆるさ”がうかがえました。

『ゆーたく祭』
『ゆーたく祭』
『ゆーたく祭』
『ゆーたく祭』

1番カッコいいのは誰だ!? “ミスター友拓学園”が本日決定!

 最初のコーナーは“ミスター友拓学園イケイケウォーキングコンテスト”。こちらは、抽選ボックスからくじを引き、それぞれカッコよさが増幅されるアイテムを決め、それを使ってナレーションに合わせてウォーキング&決めゼリフを披露するというコンテストです。

 “野球セット”を引き当てたのは、トップバッター杉田さん。グローブをはめキャッチボールをするような動きをしたあと、「まさお、いくつになってもお父ちゃんと野球やろうな」と、なんともセンチメンタルなセリフでウォーキングを締めくくります(笑)。

『ゆーたく祭』

 次に、子供用の“高級車の乗用おもちゃ”を引いた豊永さんは、ウォーキングならぬドライブで、ステージ上を快走!「あ、これ、1500万だけど? のってく? 家まで送るよ?」とイケメンボイスで会場のみなさんを助手席(?)へと誘います!

『ゆーたく祭』

 “ホウキ”を引いた小野さんは、夢と魔法の国がある舞浜にちなんで、魔法使いのようにホウキにまたがってウォーキングしたあと「君に魔法をかけてあげる!」と決めセリフをひとこと。会場のみなさんはオレンジのペンライトを大きく振ってそのセリフに応えていました♪

『ゆーたく祭』

 続いて江口さんが、増幅アイテムのなかでもとくに異質だった“マネキン”を引き当て、会場は大爆笑。マネキンをお姫様抱っこしながら優雅にウォーキングする江口さん。なんと最後には「今日ミラコスタ泊ってこうよ」と添い寝でマネキンにささやきかけます! とびきり甘いセリフが飛び出し、会場のあちこちから悲鳴が上がっていました!

『ゆーたく祭』

 今回の衣装にぴったりな“日本刀”を増幅アイテムに引いた岡本さんは、刀を抜いて剣舞のようなウォーキングを披露し会場を盛り上げます! 「俺と共にいこう!」という決めセリフをバッチリセンターで決め、本人も大満足の様子でした!

『ゆーたく祭』

 内田さんが引いたくじに書かれていたのは“弓矢”。ステージの縁をウォーキングしながら、誰を狙い撃ちにしようか見定めます! 「これじゃねえと打ち抜けねえんだよ」というキャラ設定無視な決めセリフに、会場のみなさんからは黄色い声が上がっていました。

『ゆーたく祭』

 最後は赤羽根さんで、増幅アイテムは“マシンガン&サングラス”。マシンガンを構えながら、ほふく前進でウォーキングしたあと、恋人を残し戦地で倒れる男をイメージしたセリフをつぶやくも、マイクを通してセリフを言うのを忘れてしまった赤羽根さん(笑)。赤羽さんの天然すぎるオチに、キャスト陣も会場も大爆笑でした♪

『ゆーたく祭』

 それぞれの個性が光るウォーキングがすべて披露し終わると、いよいよ判定の時間に。会場のみなさんが振るペンライトの色で決定しようということになった結果、最も多かったのは緑色……ということで、“ミスター友拓学園”は江口さんに決定!

 優勝商品は、『MR.MENショー』の小野さんが声を担当するドジドジくんのTシャツ。サイズが少し江口さんには小さいようですが、お2人が出会った作品ということもあり貴重なプレゼントになったのではないでしょうか?

バンドがサプライズ登場! ゆーたくミニミニLIVE

 次は、ゆーたくメイトから要望が多かったというお待ちかねのライブコーナーの時間に。なんとオープニングから閉じられていたステージ上カーテンを開くとバンドメンバーが登場! 今回はバンドの生演奏に合わせてのライブが実現し、会場もさることながらゆーたくの2人も大興奮でした!!

 「メガネ拭きを取り出すんだ!」という合図とともに、いよいよ1曲目「フリマワセメガネフキ」からライブはスタート! 楽しいコールやラップがある楽曲にノリながら、会場全員でメガネ拭きをめいっぱい振り回します♪ 途中からは、ゲスト陣も参戦しステージ上で即興ダンスを披露すると、会場の熱気は高まる一方です!!

『ゆーたく祭』

 さらに小野さん、江口さん、豊永さん、内田さんの4名が「invy」を熱唱し、圧倒的な歌唱力で会場を魅了すると、今度は小野さんと岡本さんが「Sweet Paradox」を感情たっぷりに歌い上げます!

『ゆーたく祭』
『ゆーたく祭』
『ゆーたく祭』
『ゆーたく祭』

 最後は、全員で新曲「メガネヒーローはダテじゃない」を初披露。ヒーローものの主題歌のようにキャッチーな楽曲に、会場のテンションも最高潮に! 歌詞に合わせてメガネを天に捧げるポーズをとったり、楽しそうに歌うキャスト陣が印象的でした。

『ゆーたく祭』
『ゆーたく祭』

 ライブが終わり毎回恒例のプレゼント抽選会を行ったあとは、あっという間に学園祭終了の時間に……! エンディングでは「FRIENDIER」を歌いながら、キャスト陣全員が客席をまわり、会場のみなさんとの別れを惜しみました。

『ゆーたく祭』

 ひとりひとりからのメッセージのあと、最後は全員で「しーゆーねくすたーく」とおなじみのあいさつで締めくくられ、アットホーム感たっぷりな、私立友拓学園は幕を閉じました。6周年を迎えたTeamゆーたくの今後の展開からも目が離せませんね!

『ゆーたく祭』

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー