News

2017年12月1日(金)

話題のRTS『Total War: ARENA』CBTレポ。2,000万セールスを記録した英雄バトル最新作はやはり熱い

文:斎藤ゆうすけ

 Wargamingが開発しているPC用オンラインゲーム『Total War: ARENA(トータル ウォー: アリーナ)』で実施されている、クローズドベータテスト(CBT)のプレイレポートをお届けします。

『Total War: ARENA』

 『Total War: ARENA』(以下、TWA)は全世界で2,000万本以上のセールスを記録した『Total War』シリーズの最新作で、古代ローマやギリシアの実在した英雄たちが登場する血湧き肉躍るリアルタイムストラテジーゲーム。

 ローマ兵、ギリシア兵、蛮族の3勢力からユニットを選び、司令官として最大10vs10のオンライン対戦が楽しめる全世界で注目されるタイトルです。

 本来CBTは事前に応募しなければ参加できませんが、12月4日18時まで誰でも参加可能なオープンウィークを実施中。ということで、歴史は大好きだけどストラテジーゲームは初心者なライター・斎藤ゆうすけが、早速プレイしてきました。

ストラテジー初心者も安心。君も今日から古代の英雄だ!

『Total War: ARENA』

 ゲームのダウンロードとインストールが終わったら、まずは練習モードの“新兵訓練”で操作方法を学ぶことになります。新兵訓練をスタートさせると美麗なムービーとナレーションが再生され、ゲームのルールを解説してくれます。

3体のユニットを巧みに動かし敵の“士気”を下げる!

 ゲームの勝利条件は、“敵軍を全滅させる”、“敵基地を占領する”、“戦闘が時間切れになった時に相手より多くの兵士を生存させる”の3つ。

 3体のユニットで構成される分隊を指揮し、友軍と協力して3つの勝利条件のいずれかを満たすことが目的となりますが、どの司令官を選び、どんな部隊で戦うかといった選択はもちろん、部隊の適性に応じた立ち回りなど考えることはいろいろとありそうです。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 新兵訓練では蛮族が丘の上に作った基地を占領するため、古代ローマの軍人・ゲルマニクスを司令官とする部隊を率いて、友軍とともに戦うことになります。

 部隊の操作方法や戦闘の方法は画面左上に詳細が表示されるだけでなく、ナレーションでも随時、説明してくれるので僕のようなストラテジーゲーム初心者も安心です。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 基本はマウスで行動させたい部隊を選択し、キーボードでカメラの位置を操作しつつ、敵部隊や敵の基地を目指して移動しながら戦うだけなので操作自体は簡単です。

 しかし、このゲームのポイントは、1人のプレイヤーが3つのユニットを操作するところにあります。3つのユニットをうまく操作して、相手のユニットを挟み撃ちにすることで“士気”を大幅に下げることが可能!

 士気が下がった相手には大ダメージを与えることができるので、いかに3つのユニットを操り、挟撃状態を作り出せるかが勝敗を左右します。

 逆に自分のユニットが挟撃されてしまうと大ダメージを受けることになるので、挟撃されているユニットがいたら、別のユニットで救出に向かう必要があります。

 特に司令官のいる第1部隊が壊滅すると、分隊全体の能力低下を招くので、第2部隊の壊滅だけは避けたいところです。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

多彩なスキルで敵軍をかき乱す

 ユニットの位置取り以外で重要となるのは、スキルの使用タイミング。新兵訓練でゲルマニクスが率いている歩兵は通常、遠距離への攻撃はできませんが、“ピルム投げ”を使うことで遠距離攻撃を行えるのです。古代ローマ軍が実際に使用していた投槍“ピルム”の雨嵐で、相手の弓兵を一挙に壊滅! かなり爽快です。

 他にも一時的に能力を上げるバフ系のスキルや、相手の能力を下げるデバフ系のスキルなど『TWA』には多彩なスキルが用意されています。

 スキルは一度使用すると各スキルに設定されているクールタイムが終わるまで再使用できません。どのタイミングでスキルを使うかの判断も勝利のための重要ポイントと言えるでしょう。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 挟撃やスキルで敵を片付けたら、あとは敵基地の占領です。敵を全滅させることでも勝利は可能ですが、どんなに劣勢でも、敵基地さえ占領してしまえば勝利できるので、敵基地の占領方法は覚えておきたいところです。

『Total War: ARENA』

 敵の基地に部隊を送り込んだら、あとは占領ゲージがたまるのを待つだけですが、敵の部隊が近くにいるとゲージはたまりません。敵部隊にこちらの部隊をいくつか差し向けて、基地から追い出せば……。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 占領が完了し、見事に勝利! 初心者の僕でも画面の指示やナレーションに従っているだけで、ひと通りの操作方法を覚えることができました。

歩兵/騎兵/弓兵の特徴と基本戦術

 続く“仕官訓練”では歩兵、弓兵、騎兵という3つの兵種の違いを学ぶことになります。新兵訓練で歩兵は操作したので、まずは弓兵を操作してみることに。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 イリュリアの王女・キュナネを司令官とする弓兵は高い速射力を誇る遠距離攻撃が魅力ですが、僕はついつい前線に出すぎてしまい、気づくと敵に囲まれており、まさかの全滅。

『Total War: ARENA』

 友軍の後方や相手の死角から弓で攻撃していれば決して難しいチュートリアルではないのですが、先ほど歩兵をうまく操作できたことで、完全に調子に乗って、突撃モードになっていました……。

 ストラテジーゲームファンにとっては当たり前のことだと思いますが、打たれ弱い弓兵で突撃するのは厳禁です。

『Total War: ARENA』

 そんなわけで、弓兵の訓練でも相手の基地を占領して勝利! 続いて機動力が魅力の騎兵の訓練に。

『Total War: ARENA』

 開始早々、機動力を生かして、戦闘を避け一気に敵の基地になだれ込みます。敵部隊は友軍の部隊と戦闘中でこちらに手が回りません。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 怒濤の勢いで敵の基地になだれ込む騎兵たち。騎兵の訓練を終え、なんだか自信がつきました。特に相手の虚を突いて、敵基地を占領する作戦が成功した時は爽快そのもの。「この作戦なら行ける!」と、早速オンライン対戦に挑戦することを決意します。

ローマの英雄・スキピオを“司令官”に迎えてオンライン対戦へ!

 と、その前に……。新しい司令官を配属したり、装備や部隊を整えたりと入念に準備を行いましょう。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 我が軍の新たな司令官はローマの軍人・スキピオです。天才戦術家と名高いカルタゴの将軍・ハンニバルを破った名将が加わり、さらに装備も整えて準備は万端! いざ、オンライン対戦に参戦です!

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 まずは友軍とともに前線に進軍! しかし、敵の動きはありません。友軍も足を止めて相手の出方をうかがっているようです。この感じは、どうやら敵はこちらの基地を奇襲しようとしているみたいです。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 敵部隊発見! やはり、敵はこちらの基地に回り込む作戦のようです。友軍は敵の作戦を阻止するために、防衛にあたりますが……。

『Total War: ARENA』
『Total War: ARENA』

 こちらは中央突破で、相手の基地に突撃します。僕の部隊の動きに気づいた敵が引き返してきますが、とにかく進軍あるのみ。川を渡り、とにかく敵の基地を目指します。「敵に追いつかれないか」、「どこかに伏兵がいないか」と不安が募りますが、むしろこのドキドキが快感に!

『Total War: ARENA』

 ついに敵基地に到達! 友軍が敵部隊を押さえてくれている間に、占領ゲージがたまるのを待ちます。遠くで繰り広げられている激戦を見つつ、じっと待ち続けると……。

『Total War: ARENA』

 やりました! 初のオンライン対戦に勝利! なんだか、おいしいところをいただいてしまったようで申し訳なくもありますが、あえての中央突破が功を奏したようです。

 初心者の自分がこんなに活躍できるなんて思っていなかったので、感動もひとしおです。

『Total War: ARENA』

初心者にしっかり配慮したリアルタイムストラテジー

 というわけで、ストラテジーゲーム初心者の自分が『TWA』を体験してみたわけですが、これはハマりますね。

 自分の作戦が成功した時のうれしさは何物にも代えがたいものがありますし、実在の英雄を操作して、リアルな戦場で戦うシチュエーションは歴史好きにはたまらないと思います。

 僕のようなストラテジーゲーム初心者でも画面とナレーションの指示による懇切丁寧な練習モードをクリアすれば、初めての戦場で活躍することもできちゃう『TWA』。

 オープンウィークは12月4日の18時までですが、“オープンウィーク”に参加したプレイヤーには引き続きクローズドベータテストに参加可能なアクセス権とプレミアムユニット3つが贈られます。ぜひこの機会に遊んでみてください。

(C) Wargaming.net

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。