総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『きららファンタジア』を先行プレイ! キャラクター大集合のゼイタク感がたまらない
2017-12-06 18:00

『きららファンタジア』を先行プレイ! キャラクター大集合のゼイタク感がたまらない

文:ophion

 どうも! 初めて買った“まんがタイムKRコミックス”は海藍先生の『トリコロ』、誕生日は『ゆゆ式』の野々原ゆずこと同じ3月24日のophionです。

 事前登録者数70万人を超え、配信予定時期も12月上旬ごろと発表されたiOS/Android用RPG『きららファンタジア』の感想をお届けします。なお、この記事は開発中のバージョンをベースにしたもの。正式リリースされるものと若干異なっている場合がありますのでご了承ください。

『きららファンタジア』

●『きららファンタジア』プロモーションムービー

『きらら』キャラクターとオリジナルキャラが大集合!

 『きららファンタジア』は、『まんがタイムきらら』系列の作家陣が描くマンガのキャラクターと本作オリジナルのキャラクターが、エトワリアというファンタジー世界を冒険するRPGです。

 2017年11月29日現在、参戦が決定している作品は以下の通り。今後も他タイトルが続々参戦予定となっています。

原作およびキャラクターデザイン(敬称略)

●初期参戦作品

蒼樹うめ『ひだまりスケッチ』
黒田bb『Aチャンネル』
くろば・U『ステラのまほう』
千葉サドル『がっこうぐらし!』
得能正太郎『NEW GAME!』
原悠衣『きんいろモザイク』
はりかも『うらら迷路帖』
三上小又『ゆゆ式』

●追加参戦予定作品

中山幸『ブレンド・S』
カヅホ『キルミーベイベー』

 各作品に登場するキャラクターは、物語ありバトルありの世界を旅することとなります。

 そんな本作の一番の見どころはやはり、原作の垣根を越えてさまざまなキャラクターが集うシチュエーション! それなりに長い期間『まんがタイムきらら』を追いかけていますが、ここまで多数の作品がコラボするのは『まんがタイムきらら』のイベント“まんがタイムきららフェスタ!”ぐらいのものです。ファンにとってゼイタクな内容ですね。

『きららファンタジア』

 もちろん、ただ多彩な作品のキャラクターが1つ屋根の下で暮らしているだけではなく異なる作品のキャラクターによるイベントもあり。みんなで料理を作ったりだとか、同じ悩みを持つキャラクター同士が交流したりといったショートストーリーが見ていて楽しいです。

『きららファンタジア』
▲背の小ささに悩むトオルと涼風青葉。みんなで和気あいあいと話した末、トオルにある結論が!?

 また、本作に参戦している多くの作品がいわゆる“日常系”。マンガでは学校生活や仕事をしている姿ばかりが描かれているキャラクターが異世界に触れている、というのは新鮮です。

 そんな『きらら』キャラクターてんこ盛りの本作では“里”という場所がキャラクターたちの拠点となります。ここでは“ぶき”の購入やアイテム交換など、冒険の準備が可能です。

 そして里にはいくつか空き地があり、そこに施設を設置すれば作品ごとのキャラクターの能力を強化できます。さらに、装備の素材やコインなどが一定時間置きに手に入る生産施設や特定のクラス(キャラクターの本作中での職業。詳しくは後述)を強化する強化施設も設置可能。

 施設の設置は自由に行えるので、「『ステラのまほう』のキャラクターをとことん使いたい!」などの原作ファンならではの願いも、「RPGを遊ぶなら、物理攻撃よりも魔法でしょ」というRPG好きならではのポリシーも好きなだけ貫いていいんですよ。

『きららファンタジア』
▲こちらは『うらら迷路帖』のキャラクターの強化施設。迷路町の一角のような雰囲気ですが、この看板ではどの建物でどんな占いをしてくれるのは不明ですね(笑)。

 そして里の中でもとくに重要なのが『きらら』キャラクターたちが暮らす“ルーム”。ルームには最大5人まで同時に入居させることができ、家具や床などのカスタマイズが楽しめます。プレイヤーごとに自由な居住空間を作れますよ。

『きららファンタジア』
▲ルーム内のキャラクターをタップすると、ちょっとしたコメントが。りーさんの一言がなにげに重いです(汗)。

 しかも入居したキャラクターが、リアルの時間にそって行動するというのが本作の大きな特徴。里の商店街に買い物に出かけるキャラクターもいれば、一日中ルーム内で過ごすキャラクターもいたり。そして夜にはみんなベッドで就寝。異世界にいても、自分たちのペースを崩さない『きらら』キャラクターは見ているだけでなんとなくなごみますね。

 もちろん、入居しているキャラクターが外出したり就寝したりしていても、クエストを進めるなどのゲームの進行には支障がありませんので安心してください(笑)。

個性的な部屋でキャラクターも楽しそう!? ルームコーディネート集

 今回、テストプレイということでルームアイテムをたくさん解放してもらっちゃいました。せっかくなので、僕や担当編集がコーディネートした自慢のルームをお見せしましょう!

 特別に、ルーム内でキャラクターたちがすごす様子を動画でもご紹介しますので、かわいらしい彼女たちの動きもぜひチェックしてみてください!

●『きららファンタジア』ルーム紹介動画

『きららファンタジア』
▲僕が気合いを入れてコーディネートしたルームです。題して“引っ越し2日目”。ちなみに床は寒色系にすると落ち着きが出るそうです。本作のコンセプトアートなどを手掛けたきゆづきさとこ先生の『GA芸術科アートデザインクラス』に描いてありました!
『きららファンタジア』
▲こちらは女性編集が作ってみたルームです。同じ寒色系の床ですがイメージがまったく違いますね! お花がいっぱいの癒しの空間がテーマみたいです。
『きららファンタジア』
▲女性編集が自分の趣味に合わせてコーディネートしたルーム。女性ならではのセンスのよさと言いますか、僕には絶対真似できなさそうなルームですね。本人によると「出窓の下にウォールシェルフを飾ったのがこだわり」とのこと。
『きららファンタジア』
▲学校風にできるルームアイテムもあります。学習机もあるのですが、あえて違う机を1つだけ配置して居残り勉強感を出してみました。『がっこうぐらし!』ルームを作りたいなら学校風アイテムは外せませんね。
『きららファンタジア』
▲そしてこちらはオフィス風です。ルームアイテムごとにキャラクターがリアクションしてくれるのですが、青葉がオフィス机に我先にと座ったのでちょっと笑ってしまいました。

原作が気になる“とっておき”のバトルシーン

 冒頭でも軽く触れましたが、本作はRPGですから当然バトルもあります。参戦作品を見て「あの娘はどうやって戦うの!?」と思った人は原作に触れている人でしょう。実際、本作に登場するキャラクターが原作のままなら未知の敵と戦えそうなのは『がっこうぐらし!』から数人と『キルミーベイベー』のソーニャぐらいでしょう(個人の感想です)。

『きららファンタジア』
▲参戦メンバーの中でトップクラスの戦闘能力を持っていそうな恵飛須沢胡桃。
『きららファンタジア』
▲トオルの場合、るんちゃんの危機なら男子生徒だろうと未知の生き物だろうと関係なく立ち向かいそうですね。
『きららファンタジア』
『きららファンタジア』
▲逆に戦う姿が想像もつかない『きんいろモザイク』のキャラクターたち。だ、大丈夫なのか……?

 ちょっと世界を救うには不安なメンバーが多いのですが、ご安心を。本作では各キャラクターがファンタジー世界でおなじみの“クラス”に就いています。クラスはせんし、まほうつかい、そうりょ、ナイト、アルケミストの5種類。それぞれ以下のような特徴を持っています。

せんし物理攻撃に長ける
まほうつかい魔法攻撃に長ける
そうりょ味方の回復や強化が得意
ナイト防御能力や味方をかばう力を持つ
アルケミスト敵の弱体が得意

 そして、敵味方問わずすべてのキャラクターは炎や土など6種類の属性のうちのいずれかを持っています。このクラスと属性を考えてクエストに合わせたパーティを組むのが本作のバトルの基本となります。

『きららファンタジア』
▲クエストに出発する際には出現する敵の属性が確認できるので、これを見てパーティを編成すればOK。

 また、本作を心待ちにしている人の中には「『きらら』キャラクターという制限があると、ゲームとしてキャラクターが少ないんじゃ?」と思う人もいるかもしれません。ですが、本作には同じ人物であっても、クラスや属性の異なるものが複数登場します。

『きららファンタジア』
▲こちらは風属性でアルケミストの巽 紺。
『きららファンタジア』
▲土属性でナイトの巽 紺。クラスが異なるので、当然ステータスも大きく差があります。

 そして個人的に大きいと感じているのは、一部のキャラクターは本作オリジナルのコスチュームを着用していること。これがまた、全部かわいいんですよ。

 『ひだまりスケッチ』のゆのはやまぶき高校の制服をベースにコートをまとっていたり、『きんいろモザイク』の九条カレンはユニオンジャックをモチーフにしたケープを羽織っていたりと、原作で着ていたものがベースにファンタジーアレンジがかかっています。

 さらに、中にはちょっとエッ……艶っぽいコスチュームもあるのですが、このあたりはプレイしてのお楽しみに。

 と、同じキャラクターでもバリエーションがある一方で、同一人物は同じパーティに組み込めないという制限はあります。ただ、これが欠点かというとそうではないです。

 正直『きららファンタジア』に興味はあるけれど、登場作品すべては知らないという人はいくらでもいるでしょう。そんな人がクエストの攻略のために知らない作品のキャラクターを育てているうちに原作に興味がわくということもあるかと思います。

 というのも、キャラクターの使う“とっておき”(条件を満たすと繰り出せる強力な技)は原作をモチーフとしたものが豊富なんです。各作品を読んでいれば「あのシーンね!」などと納得できるのですが、知らない作品のキャラクターの“とっておき”はなかなかに気になる内容。

 例として『がっこうぐらし!』の丈槍由紀の“とっておき”を連続写真でお見せしましょう。

『きららファンタジア』
『きららファンタジア』
『きららファンタジア』
▲怪しい目が光る暗闇の中から救急箱を持ち帰った由紀。彼女のおかげで、仲間のステータスが上昇!

 アニメが大きな話題となった『がっこうぐらし!』ですので、多くの人は「おおっ!」と思ったことでしょう。一方『がっこうぐらし!』を知らない人にとっては「『がっこうぐらし!』はゆるふわな作品じゃないの……?」と、ちょっとイメージと異なる雰囲気を感じられたかと思います。

 ちなみに『きららファンタジア』公式Twitterで、一部キャラクターの“とっておき”発動シーンが動画で公開されています。気になる方はそちらもチェックしてみてください。

 原作からチョイスしたセリフや演出があることで、知らない『きらら』作品が自然と気になるようになっているのが印象的でした。多くの人は本作に参戦している作品のいずれかのファンだと思います。そして、本作を遊んでみて自分が知らない『きらら』作品のキャラクターに触れることもあるでしょう。

 もし本作でまだ知らない『きらら』作品やキャラクターが気になったら、ぜひ原作も触れてみてください。きっとより『きららファンタジア』を楽しめるようになると思いますので!

データ

▼『きららファンタジア』
■メーカー:アニプレックス
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月上旬ごろ
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『きららファンタジア』
■メーカー:アニプレックス
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2017年12月上旬ごろ
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『モンスト』獣神化ウンディーネのステ公開。砲撃型ワンウェイレーザーELと新SSに注目

  2. 2

    『FGO』に星5ランサー“エレシュキガル”が実装決定

  3. 3

    『きららファンタジア』を先行プレイ! キャラクター大集合のゼイタク感がたまらない

  4. 4

    『FGO』アルトリア・ペンドラゴンをイメージしたオリジナルウォッチが登場

  5. 5

    『モンスト』ウンディーネの獣神化が発表。クリスマス特別降臨モンスターの情報も

  6. 6

    『グラブル』×『進撃の巨人』コラボイベントが本日より開催。サプチケも期間限定で販売

  7. 7

    『FGO』“アビゲイル”と“ミドラーシュのキャスター”のピックアップ召喚が開催

  8. 8

    『スターオーシャン:アナムネシス』小説第1回を掲載。『はたらく魔王さま!』などの和ヶ原先生が執筆

  9. 9

    『スターオーシャン:アナムネシス』2年目はコンテンツの開発を重点的に

  10. 10

    『シノアリス』新篇“現実篇”がスタート。アリスや赤ずきんの新デザイン設定画が公開

[集計期間:12月06日~12月12日]

ページ
トップへ