News

2017年12月5日(火)

『アーマード・コア』新作への光が見えた。20周年を記念した音楽特番をレポート

文:電撃PlayStation

 奇しくも『アーマード・コア プロジェクトファンタズマ』の発売から20年後となった2017年12月4日、『アーマード・コア』シリーズの20周年を記念した音楽番組、『ARMORED CORE SUITE 02(アーマード コア スウィート ツー)』が配信されました。

『アーマード・コア』

⇒タイムシフト放送はコチラ

 番組はゲーム音楽のポータルサイトやフリーペーパーを手がける株式会社2083の取締役、斉藤健二氏を司会に迎え、『アーマード・コア』の数々の名曲を手掛けたフロム・ソフトウェアのサウンドチーム“FreQuency”より、星野康太氏、齋藤司氏、北村友香氏、衛藤英幸氏、さらに同社の宣伝担当である小倉康敬氏が出演。

 年表やテレビCMなどもまじえつつ、歴代タイトルの楽曲を一挙に配信し、シリーズ20年の歴史を振り返りました。ここではこの番組の模様や発表内容をご紹介します。

『アーマード・コア』
▲左から、斉藤健二氏、星野氏、齋藤司氏、北村氏、衛藤氏、小倉氏。

シリーズの名曲にどっぷり浸った3時間

 基本的な構成は音楽番組。それぞれの自己紹介が終わるとすぐに小倉氏自らが手がけた動画の配信に移行し、出演者たちは楽曲が流れている間は運営コメントで視聴者たちとコミュニケーションを取っていました。

 また、制作時のトリビア的なエピソードとして、開発中のタイトル案に“サーキュレート・コア”といった案があった、『アーマード・コア ネクサス』のOP曲『Shining』の音声は星野氏が風呂場でサンプリングをしていた、『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』の名曲『Mechanized Memories』は鍋島さんから「『Remenber』のアレンジ曲を制作してほしい」とのオーダーを受けN-WGIX/vを意識して制作した、などが語られました。

 また、ファンたちは楽曲が切り替わるたびにみんなでプレイ時の思い出を語り合っていたので、番組はまるでレイヴン・リンクスたちの同窓会のような雰囲気に。

 たとえば初代『アーマード・コア』の3部作で言うなら、レーザーライフル“KARASAWA”の強さを象徴する「ピーピーピーボボボボ」の弾幕が流れたり、象徴的なAC“ナインボール”のテーマ曲『9』が流れると、画面は“(9)”や楽曲内で聞こえる印象的な音声“デデデデストローイ”などの弾幕が流れる、といったノリで、そのコメントの多さたるや、来場者約44,000人に対し約80,000と圧倒的でした。

『アーマード・コア』
▲星野氏が一番のお気に入りという『In My Heart』が流れているときは「ンマイハー」という空耳弾幕で画面が埋め尽くされました。

 最後は歴代タイトルのオープニングムービーと星野氏が手がけた新曲によるミュージックビデオが流れ、ファンの熱烈な愛を感じる3時間はあっという間に過ぎ去りました。番組終了後のアンケートでは、“とても良かった”率はなんと脅威の98.5%!

 現在、本番組はニコニコ動画のタイムシフトで視聴可能なので、見逃したレイヴンやリンクス、名も無き傭兵たちはぜひ見てみてください。ちなみに筆者の個人的な感想を述べると、出演者、視聴者みなさんのコメントがおもしろかったり名曲に聴き入ってしまったりと、まったくもって作業用BGMには向いていません!

 お風呂に入ったりお酒を飲んだりとリラックスしているときに視聴するのがオススメです。

『アーマード・コア』シリーズは終わらない!

 さらに、あらかじめ「新作・続編などに関する発表はありません。」との注意書きが書いてあったにもかからわず、星野氏からは「これからも『アーマード・コア』の楽曲を制作したい」と意欲を見せる発言が飛び出しました。

 宣伝の小倉氏からは「フロム・ソフトウェアは『アーマード・コア』シリーズを作りたいと思っています。これまでシリーズを作ってきたベテランメンバーも、これからのシリーズを支えていくような若いメンバーも、『アーマード・コア』を作りたいと言っている人間は社内に沢山います。今日、この番組で具体的にお伝えできることがないのが申し訳ないのですが、気長にお待ちいただけるとありがたいです。」といった発言がありました。

 このひと言で、多くのファンの心に平穏が訪れたに違いないでしょう。今年~来年といった話ではなさそうですが、遠くない未来、ついにシリーズの新作が発表される可能性が……! 「騙して悪いが……」とか後で言うのはナシですよ!

『アーマード・コア』
▲いつか、いつかこのラインナップに新作が並ぶ日が……!

20年の歴史を凝縮したPS4テーマが配信

 番組では20周年を記念した『アーマード・コア』シリーズのPS4テーマの無料配信も告知されました。このテーマはACのガレージをイメージしており、シリーズの歴史を感じることができるもの。ファンならずっと眺めていられそうな内容になっています。本テーマの配信日は12月5日(火)。忘れずにダウンロードしよう!

『アーマード・コア』
▲右下のモニタには歴代タイトルの印象的な映像が次々と映し出される。このカッコよさ、ファンでなくとも一見の価値アリ!
『アーマード・コア』
▲「いつか『アーマード・コア』の新作が手に届くまで、このテーマを見て「『アーマード・コア』っていいなぁ~」と思っていただければ」と語った小倉氏。新作、本当に出ると考えていいんですね……! ありがとう、ありがとう……!!

 20年の歴史を感じさせる多彩な音楽に関係者による裏話と、充実した内容となった本番組ですが、一番の大ニュースはやはり新作への言及でしょう。電撃オンラインで実施し、電撃PlayStation誌面で中間発表を行ったアンケートでは、ダントツの勢いでシリーズ人気TOP2をかざった『アーマード・コア4』、『アーマード・コア フォー・アンサー』のディレクター・宮崎英高氏が率いるフロム・ソフトウェアは、今後どのようなシリーズの展開を見せていくのでしょうか?

 1つだけ間違いないのは、新作が、新たな『アーマード・コア』が、私たちの魂のソフトになるということ。タイトルが発表されたその時は、みんなでこう言いましょう。「遅かったじゃないか……。」と。

 ちなみに、電撃オンラインで実施した『アーマード・コア』アンケートの結果は、1月に電撃PlayStation本誌で発表予定ですので、もう少しだけお待ちください。結果をお楽しみに。

(C) 1997-2017 FromSoftware, Inc. All right reserved.

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.652

    電撃PlayStation Vol.652表紙画像

    2017年12月14日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭特集】地球防衛軍5
    【16P付録[1]】今こそPS4を買う10の理由。
    【16P付録[2]】リディー&スールのアトリエ
    【特集1】とある魔術の電脳戦機
    【特集2】モンスターハンター:ワールド
    【電撃特報】SAO フェイタル・バレット
    【特別企画】クリエイターアンケート2017
    【SUPER PUSH】ゴッド・オブ・ウォー
     真・三國無双8 / METAL GEAR SURVIVE
     ディシディア FF NT / 龍が如く 極2
     バイオハザード7 / コードヴェイン
     ガルパン / 戦場のヴァルキュリア4
     アイマス ステラステージ / リトアカ
     信長の野望・大志 / 進撃の巨人2
     LocoRoco 2 / ロックマン11
     シャイニング・レゾナンス リフレイン
     シティーズ:スカイライン / 桜花裁き 斬
     パワプロ2018 / Winning Post 8 2018
     閃の軌跡III / 仮面ライダー CF / ARK
    【Online Game】PSO2 / DDON
     DQX / FFXIV / Destiny 2 / FFXI
    【コード付録】DDON / MHF-Z
     リディー&スールのアトリエ

    >> 詳細はこちら

週間アクセスランキング
(PlayStation)

[集計期間2017年 12月11日~12月17日]