電撃アーケードゲーム

総合 > 電撃アーケードWeb > 『ディシディアFF』ついに“ノクティス”参戦! 新ステージも追加される大型アップデートは12月7日から
2017-12-06 23:50

『ディシディアFF』ついに“ノクティス”参戦! 新ステージも追加される大型アップデートは12月7日から

文:電撃ARCADE編集部

 電撃アーケードゲーム編集部がお届けする、現在絶賛稼働中のアーケード版『ディシディア ファイナルファンタジー(以下、ディシディアFF)』の特別企画。今回は、12月7日(木)のアップデート情報をおさらいしていきます。

『ディシディアFF』

 どうも、ライターのスズタクです。遅ればせながら、『ディシディアFF』2周年おめでとうございます! 2年前の11月26日といえば、稼働記念セレモニーを観覧し、そのあとゲームセンターでずっとバッツを使っていました(笑)。いやはや、2年ってあっという間ですね。

 年明けに発売される『ディシディアFF NT』含め、今後とも『ディシディアFF』を盛り上げていければなと思っています。というわけで今回は、まもなくやってくる12月7日(木)のアップデートのなかから、とくに押さえておきたい注目情報をまとめていきます!

『FFXV』のノクティスが全プレイヤーに一斉解放!

 最新アップデートの一番の目玉は、やはり新キャラのノクティス。『ディシディアFF NT』に登場することは以前から発表されていましたが、それに先駆けて今回アーケード版に参戦します。しかも、ノクティスは“神々の闘争”なしで全プレイヤーに一斉解放されるので、ノクティス好きな人はぜひアップデート後にゲームセンターへ!

『ディシディアFF』
▲『FFXV』のノクティス。武器召喚の力を操り、剣・槍・銃などさまざまな武器を扱って戦えました。

 アーケード版のノクティスは、スピードタイプのキャラとして参戦。素早いモーションの近距離技を豊富に持っており、扱いやすそうな前衛キャラといった印象です。けん制技は短剣を投げつける“デュアルスロー”(地上ダッシュ中II)くらいなので、機動力を生かして懐に潜り込んだほうが戦いやすいですね。

『ディシディアFF』

 専用EXスキルの“シフト”は、投げた武器の位置にワープするという特殊な性能で、ノクティスを使いこなすうえで欠かせない技となりそうです。“シフト”は最大3回まで使用回数をストックでき、3回連続でワープを繰り出すといった使い方も可能。敵との距離をつめたり、緊急時の回避手段に用いたりと、いろいろな用途で使える予感がします。

『ディシディアFF』

 また、ノクティスには“ファントムソード召喚”という固有能力があります。これはシャントットの“ブチ切れ”と同じく、HPが一定以下になると発動するもので、効果中はブレイブ攻撃に追撃が発生するとのこと。“ブチ切れ”のように性能がガラッと変わるわけではありませんが、純粋に攻撃力が増すことになるので、被弾が多くなりがちな前衛キャラにはうれしい能力ですね。

『ディシディアFF』

『FFVIII』の新ステージ“約束の場所”が登場

 11月に追加された『FFXI』の“天輪の場”に続き、新たに『FFVIII』のステージとして“約束の場所”が追加されます。これは『FFVIII』のキービジュアルやエンディングのロケーションで、ファンならひと目でハッと気づくはず! これで『FF』から『FFXIV』までのステージがそろいましたが、次に追加されるとしたらやはり『FFXV』のステージ? もしくは『FFT』や『FF零式』だったり!? ステージ談議だけで盛り上がりそう……。

『ディシディアFF』

 “約束の場所”は障害物がないシンプルな平地で、とても戦いやすいステージといえます。とくにシュートタイプのキャラにとっては、弾をさえぎるものがないので、のびのびと戦えそうです。バトルがクライマックスを迎えると、殺風景な荒野が花畑に変わるという原作ファン泣かせの演出があるので、こちらにも注目!

『ディシディアFF』

スピード&ユニークタイプを中心にしたバランス調整も!!

 12月7日(木)のアップデートでゲームバランスが調整され、主にスピードタイプやユニークタイプが上方修正を受けます。とくにオニオンナイトは忍者・賢者ともに性能が強化されるので、アップデート後が楽しみです。また、11月に追加されたゴルベーザは少し下方修正されるほか、シュートタイプ全般のブレイブダメージを下げる調整も行われる予定です。

『ディシディアFF』
▲黒竜モード時に圧倒的な強さを誇るゴルベーザ。アップデート後は、主力の“コールド(ヒート)ブレス”やHP攻撃の“Wメテオ”などが下方されます。

 キャラ調整のなかで個人的に注目したのはヴァン。長らく猛威を振るっていた、“クルエルアズール”&“グラウンドゼロ”がともに下方修正されます。このHP攻撃セットのヴァンは相手にしていて非常にやっかいな存在でしたが、アップデート後はやや戦いやすくなると思うとホッとします(苦笑)。

『ディシディアFF』
▲比較的ローリスクハイリターンの性能だった“グラウンドゼロ”も、これからはきちんと使いどころを考える必要がありそうです。

 このほかにもBGMやプレイヤーアイコンの追加、キャラクターレベルの上限解放とそれにともなうシンボルチャット・衣装の追加など、2周年にふさわしい豪華なバージョンアップが待っています。12月7日(木)のアップデート後は、ガッツリ『ディシディアFF』を楽しみましょう!

『ディシディアFF』
▲ショップの内容が大幅に増えるのはうれしいですが、所持ギルがピンチ! ギルキャンペーンきてくれないかなぁ……。

 電撃オンラインでは、今後も『ディシディアFF』の情報を発信予定です。戦術指南やプレイレポートなど、さまざまな記事をお届けしますので、どうぞお楽しみに!

データ

▼『ディシディア ファイナルファンタジー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■ジャンル:オンライン・パーティ対戦型アクション
■稼働日:2015年11月26日
■プレイ人数:1~6人

関連サイト

特集

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『ソウルリバース』近接戦闘で勝ち抜くためにおさえておきたいポイントをまとめてお届け

  2. 2

    『機動戦士ガンダム EXVS.MB ON』4月24日にガンダム・グシオンリベイクフルシティが参戦

  3. 3

    『LoV4』のBGMや未公開楽曲を収録したサントラが6月27日に発売。初回仕様限定で封入特典が付属

  4. 4

    【電アケ総研】『ディシディアFF』アップデート後の環境で全国対戦をする生放送は25日20時から

  5. 5

    『FGO』が“マチ★アソビ”に出展。川澄綾子さんらが登壇するキャストトークなど実施

  6. 6

    『スクフェス』最大110連無料の“5周年Anniversary勧誘”が実施中

  7. 7

    『スクフェス』Aqoursの1年生が『WATER BLUE NEW WORLD』衣装の限定URで登場

  8. 8

    PS4『ディシディアFF NT』にヴェインが参戦! 基本性能や戦い方をチェックしよう

  9. 9

    『ソルゼロ』第2部受け継がれし軌跡が明らかに。『フェアリーテイル』のコラボを実施

  10. 10

    【電アケ総研】第113回は『三国志大戦』。夏侯覇、徐晃、鄭の三国時代を切り崩す!?

[集計期間:04月20日~04月26日]

ページ
トップへ