DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 寺島惇太さん・白井悠介さんの長野県民トークが冴える『アニドルカラーズ』イベント公式レポート

2017-12-08 16:45

寺島惇太さん・白井悠介さんの長野県民トークが冴える『アニドルカラーズ』イベント公式レポート

文:ガルスタオンライン

 好評配信中のアプリゲーム『アニドルカラーズ』初のライブイベントが11月25日に開催されました。7Colorsのメンバーが勢ぞろいしたイベント公式レポートが到着。またイベントでは、ストーリー第2部の配信決定も発表されました。

『アニドルカラーズ』イベント公式レポート

『アニドルカラーズ』ライブイベント“Ride on☆7Dream Fes.”公式レポート

 アニマルアイドル育成ゲーム『アニドルカラーズ』の初のライブイベント“Ride on☆7Dream Fes.”が11月25日に六本木・ニコファーレにて開催された。

 この日の出演者は、ゲーム内に登場するアイドルグループ、7Colorsのメンバーである寺島惇太(朝日悠希 役)、山谷祥生(夏月斗羽 役)、白井悠介(不知火颯 役)、鈴木裕斗(蓮水巴瑠 役)、土岐隼一(土岐結人 役)、八代 拓(柚木真哉 役)、榎木淳弥(金森碧叶 役)の7名。

 開演前に朝日悠希役の寺島惇太と夏月斗羽役の山谷祥生による諸注意アナウンスを披露。和やかな掛け合いに会場からも笑いが起きる。そしてオープニングが流れるとともに、7Colorsのメンバーが登壇。熱い歓声に迎えられた総勢7名のアニドルたちによるイベントが幕を開けた。

 続いて始まったのは、“絶体絶命ドル合戦”のコーナー。“肉食アニドルチーム”と“草食アニドルチーム”の2つのチームに分かれてそれぞれ課題に挑戦し、観客の反応が大きかったチームの勝利となる。敗者となったチームには補習の課題と称した罰ゲームがあると聞き一様に焦るメンバー。

 まず一つ目の課題は“凹んでるメンバーを元気づけよう!”。コント仕立ての爆笑アドリブ合戦の勝者は肉食アニドルチーム。続いて二つ目の課題は“食レポ能力でバラエティ番組に進出しよう”。寺島惇太と白井悠介による冴えわたる長野県民トークにより会場の支持を集め、こちらも肉食アニドルチームの勝利。“イベント終盤のミニライブのどこかで、あざとい自己アピールをせよ”というファンにとっては嬉しい補習課題を受けるのは草食アニドルチームとなった。

 続いて、オリジナル脚本による朗読劇“Ride on☆7Dream Fes.”スペシャルステージ。脚本の内容は、ある日、ひょんなことからブレスレット型麻酔銃を自身に打ち込んで眠ってしまったキュアマネを起こそうと、あの手この手を試みる7Colorsメンバー……という内容で、それぞれのキャラクターの個性を活かし“電気が流れるくらい甘く刺激的なセリフ”を披露。まるでゲーム内に飛び込んだような、甘いささやきに場内は興奮冷めやらない様子だった。

 興奮に包まれた客席をさらに盛り上げたのは、次のトークコーナーと告知コーナーだ。

 トークコーナーのアンケート談義で“どっきりを仕掛けるメンバーは誰?/仕掛けられてしまうメンバーは誰?”という事前アンケートの結果を発表。この結果で見事1位に輝いた金森碧叶と夏月斗羽メインにした特別企画を、後日アプリ内で配信することを発表した。

 さらに告知コーナーでは、アプリの新機能の実装、本編2部の制作が決定、新曲のリリース決定とまさにファン歓喜の新情報3連発を発表。場内のキュアマネたちのボルテージは最高潮に達した。

 ラストを飾るのはメンバー7人よるミニライブ。歌唱するのはもちろんテーマ曲「Ride on☆ 7Dream!」。7Colorsのペンライトで照らされた会場は大きな一体感に包まれた。

 最後は蓮水巴瑠、不知火颯、土岐結人によるキャラアナウンスで観客をお見送り。最後まで遊び心を忘れないアニドル達によって場内は終始和やかな雰囲気のまま閉幕した。

 イベント終了後の後日、アプリ内では2部ストーリーには新グループ・新メンバーの追加がある事も発表された。ますます盛り上がっていくアニドルカラーズ、今後の展開も目が離せない。

『アニドルカラーズ』イベント公式レポート

データ

▼『アニドルカラーズ』
■メーカー:ボルテージ ドリーム
■配信開始日:2017年9月7日
■対応機種:iOS 8.0以上/Android OS 4.1以上
■価格:ダウンロード無料、アイテム課金制

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー