電撃アーケードゲーム

総合 > 電撃アーケードWeb > 『FGO』AC版ロケテに行ってきた。 電撃のマスターが体験した英霊召喚チームバトルの見どころは?
2017-12-11 20:15

『FGO』AC版ロケテに行ってきた。 電撃のマスターが体験した英霊召喚チームバトルの見どころは?

文:電撃ARCADE編集部

 12月8日(金)から12月10日(日)に、東京・秋葉原のセガ秋葉原 1号館とセガ秋葉原 3号館で実施された『Fate/Grand Order Arcade』のロケテスト。スマートフォンゲーム『Fate/Grand Order』をプレイする電撃のマスターが、わずかな時間ではあるが『Fate/Grand Order Arcade』ロケテスト版に触れてみたので、感想などをお届けしていく。

『FGOAC』

キチンとアクションゲームしていて驚かされました

 電撃のマスターの1人として、ライター袋子がロケテスト版のレポートをさせてもらいます。

 前日に『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』でエキサイトして、ヘッドフォンを踏んで破壊するほど、『Fate/Grand Order(以下、FGO)』テンションを上げて臨んだ『Fate/Grand Order Arcade(以下、FGOAC)』お披露目会。これまで発表されていた映像から、“バトル演出が3Dになった『FGO』かな?”と予想していたのですが、フタを開けてみれば3人称視点のちゃんとしたチーム制アクションバトル。

 『FGO』らしさを感じられる点はたくさんあるのですが、何より斬新と思ったのが、攻撃と防御が同じボタンなこと。攻撃が早ければ“攻撃”に、攻撃が遅れれば自動的に“受け流し”。サーヴァントが敵の攻撃を“カキーン!”とよくやるアレです。受け流すアレです! が発生するので、乱戦になったら“とりあえずボタン連打”でOK。これが意外と気持ちイイ!! アクションゲームが苦手な人でも、サーヴァントとの一体感が味わえるはずです。

『ディシディアFF』
『FGOAC』

『Fate』モノとしては文句なし! アクションゲームとしてはやや要望も?

 グラフィック面に関しては、2Dイラストと違和感がなさ過ぎるモデリングで、逆にスルーしてしまうほどの完成度の高さ。メニュー画面やターミナルでのお触り会話、召喚画面では全国のマスターたちがよく知る演出など、UI面でもバッチリ『FGO』していました。

 純粋なアクションゲームとして見た場合、ジャンプが欲しいとか、壁際で敵に囲まれたときの回避・脱出手段が欲しいなと思ったり、短いプレイ時間で感じるところではありましたが、まだロケテストということで、これからの調整に期待です。

 また、今回のロケテストではセイバー、ランサー、アーチャーの3騎士のみでしたが、当日初公開されたメインビジュアルでは、マシュ・キリエライトをはじめ、そのほかのクラスのサーヴァント姿も見られたので、本稼動時にはさらに熱いバトルが展開することでしょう。3Dということで『FGO』本編以上にキャラクターの追加は大変かと思いますが、やはり推しサーヴァントが登場するかしないかは、プレイのモチベーションに大きくかかわるところだと思うので、全国のマスターの願いがかなうように、1騎でも多いサーヴァントの参戦を願いたいところ。メルトリリスとかね(我欲)!!

『FGOAC』
『FGOAC』

プレイ後のお楽しみタイム! リアルセイントグラフ召喚

 バトルだけでなく、こちらもある意味『FGOAC』の目玉の1つ。初プレイ時は確定でサーヴァント、プレイ後には1回または5回召喚が可能になっていました。そして、このリアルセイントグラフのデキがすごくいい! ちなみに私が今回の初プレイで召喚できたのは、『FGO』本編とあわせると通産9枚目のエミヤ……愛されてるなぁ(笑)。5回召喚のうち、5枚中4枚が概念礼装という、こちらも『FGO』本編の再現率の高さを見せ付けてくれました(注:完全に運です)。

『FGOAC』
『FGOAC』

電撃のマスター陣は『FGOAC』ロケテストをこう見た!

 電撃の編集部で日夜原稿を書く合間に『FGO』をプレイする、そのほかのマスター陣にも、『FGOAC』ロケテストへの率直な感想を聞いてみた。残念ながらプレイできなかった『FGO』の1プレイヤーの声として、掲載しておこう。

●モデルは、開発の人がこだわったというだけあってよくできている。前髪から透けるまゆ毛や瞳は、じつに社長絵っぽい。

●『FGO』のイラストがそのまま3Dになっていてスゴイ。アタランテやレオニダスの色味は驚いた。

●操作に関しては、見てる限りだととてもカンタンそう。アーケードが不慣れな人でも、すぐ手になじみそうに見えた。

●宝具のスキがすごく大きく見えるのが気になる。実践で使えるのかな? レオニダスの宝具でタゲを固定して、そのスキにほかのメンバーが宝具を撃つみたいな連携が大事?

●召喚のシステムは気になるところ。レアリティによる差もあるのだろうか? ピックアップもあったり?

●今後の話になりますが、イスカンダルのような何かに乗っている系サーヴァントは、どう表現されていくのか楽しみ。

●キャラグラフィックや宝具モーションのクオリティは最高。見知ったキャラが新鮮に映る。

●推しキャラを実際に動かせるのはさぞ嬉しかろう(手に入るとはいっていない)。

●簡単ではあれど、1回のプレイでは奥深さを感じきれないので、スキルや概念礼装、編成のテクニックなどで変わる“やり込む人向け”の魅力をもうちょっと垣間見たかった。

●もう少々サーヴァントらしい圧倒的スピード感がある部分も欲しいかも?

次回は2018年2月開催予定のJAEPOにて!

 今回初披露となった『FGOAC』だが、早くも次回のお披露目の日程も判明! 2018年2月9日(金)から2月11日(日)まで千葉・幕張メッセにて開催されるジャパン アミューズメント エキスポ2018(JAEPO)のセガブースにて、『FGOAC』の出展が決定!! 今回プレイできなかった『FGO』のマスターたちは、2月のJAEPOをチェックしてみてほしい。

『FGOAC』

データ

▼『Fate/Grand Order Arcade(フェイト/グランドオーダー アーケード)』
■メーカー:ディライトワークス/セガ・インタラクティブ
■ジャンル:英霊召喚チームバトル
■稼働日:2018年
■プレイ人数:1~6人

特集

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『スクフェス』最大110連無料の“5周年Anniversary勧誘”が実施中

  2. 2

    【電アケ総研】第113回は『三国志大戦』。夏侯覇、徐晃、鄭の三国時代を切り崩す!?

  3. 3

    『スクフェス』Aqoursの1年生が『WATER BLUE NEW WORLD』衣装の限定URで登場

  4. 4

    『FGO』が“マチ★アソビ”に出展。川澄綾子さんらが登壇するキャストトークなど実施

  5. 5

    『機動戦士ガンダム EXVS.MB ON』4月24日にガンダム・グシオンリベイクフルシティが参戦

  6. 6

    『ソルゼロ』第2部受け継がれし軌跡が明らかに。『フェアリーテイル』のコラボを実施

  7. 7

    『LoV4』のBGMや未公開楽曲を収録したサントラが6月27日に発売。初回仕様限定で封入特典が付属

  8. 8

    『ソウルリバース』近接戦闘で勝ち抜くためにおさえておきたいポイントをまとめてお届け

  9. 9

    【電アケ総研】『ワンダーランドウォーズ』アタッカーってこんなこと考えているんですね! ふむふむ回

  10. 10

    『ソウルリバース』Ver.1.2が本日より稼働。バージョンアップ記念80%OFFキャンペーンもスタート

[集計期間:04月15日~04月21日]

ページ
トップへ