News

2017年12月21日(木)

本日発売『電撃Nintendo 2018年2月号』フライハイワークスの1年を振り返るインタビューを掲載!

文:電撃Nintendo

 Nintendo Switchやニンテンドー3DSの注目・最新情報をお届けする電撃のゲーム誌『電撃Nintendo』。本日12月21日発売の『電撃Nintendo 2018年2月号』では、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』特大ポスターカレンダー、『ファイアーエムブレム0(サイファ)』プロモーションカードのダブル付録、『ゼノブレイド2』攻略特集などを収録!

『電撃Nintendo』

 2017年3月の発売以降、未だに販売の勢いが衰えないNintendo Switch。12月12日には全世界での販売台数が1000万台を突破したことも発表され、その勢いはさらに加速しているようにも思える。

 このロケットスタート&加速にも振り落とされず、見事に追随しているメーカーがある。それがフライハイワークスだ。同社はNintendo Switch本体の発売以降、毎月Nintendo Switch用のソフトを配信。ニンテンドー3DS用のソフトも含めると、この1年で20本以上のソフトを配信している。

『電撃Nintendo』
▲待望の探索型2Dアクション『スチームワールドディグ2』も今年配信された。

 はたして、これだけのソフトを用意できたのはなぜか? 『電撃Nintendo 2018年2月号』の“インディーズ&ダウンロードタイトル最前線”のコーナーでは、この秘密についてフライハイワークスの代表取締役・黄政凱さんにインタビューを行った。その詳細は本誌をご覧いただくとして、本記事ではインタビューの本誌未収録部分、黄さんのゲーム好きがわかるエピソードをご紹介しよう。

黄代表の好きなゲームは?

――黄さんはゲームのジャンルは何がお好きなんですか?

 アクションとかパズルゲームです。RPGは勉強のためにやりましたが、発売日に並んで買うほど好きというわけではないです。その中でも思い出深いRPGは、セガサターンの『グランディア』ぐらいですね。

『電撃Nintendo』
▲フライハイワークス代表取締役の黄政凱さん。

――そういえばもともとはセガ好きのゲーマーでしたっけ?

 最初はファミコンから入って、セガサターン以降はセガのハードで遊ぶことが多かったですね。『バーチャファイター』にハマってしまったんですよ。

――『バーチャファイター』の洗礼を受けたらそうなるのも仕方がないですね。

 『バーチャファイター』『セガラリー』『デイトナUSA』はすごくやり込みました。『セガラリー』は最初のコースがだいたい1分ぐらいで周回できたのですが、そこをコンマ1秒縮めていくのが熱かったんですよ。

――いやー、わかります(笑)。

 あと、『バーチャファイター』は地元でも一番強いという自負があったのですが、東京に来たらうまい人がたくさんいたのでショックでしたよ。

――昔は今ほどインターネットが発達していないですから、ランキングがあまり可視化されていなかったですし。

 台北に行ったときも強い人だらけでしたが、東京はもっと強かったんです(※黄氏は一時、台湾に住んでいた)。

――リングネームの知られた強い人がたくさんいましたからね。

 僕は台北ジャッキーでした(笑)。

『電撃Nintendo』
▲2017年の東京ゲームショウではすべてSwitchタイトルを出典し、フライハイワークスの名をゲーマーに知らしめた。

――(笑)。そもそもフライハイワークスという社名も『バーニングレンジャー』の歌詞に影響されているんですよね。

 はい。あんまり言うとセガさんから怒られそうなので言わないようにしています(笑)。もともと『NiGHTS(ナイツ)』がすごく好きで、『バーニングレンジャー』も昔勉強中に歌を聞いていたら、そちらに気を取られて勉強に集中できなくなったことがあるんですよ。

――熱い歌詞のあの主題歌ですね。

 そうです。のちに歌手・作曲家の光吉猛修さんと知り合いになる機会があったんですよ。光吉さんが台湾でライブをやったときに、舞台袖で通訳をしていたのですが、光吉さんが『NiGHTS(ナイツ)』や『バーニングレンジャー』を歌い終わるころにはなぜか僕の声まで枯れていたという。

――一緒に歌っていたんですか(笑)。

 ええ。中・高校生のときに雑誌で見ていたほうなので、貴重な経験になりました。

 ……と、しばらく脱線してセガのゲームの話で盛り上がってしまったインタビュー。本紙掲載の本編でも、黄さんのゲーム好きの一端がわかるので、ぜひチェックしてほしい。

(C)2017 Image & Form International AB. "SteamWorld" is a registered trademark of Image & Form International AB.
(C)2017 Nintendo / MONOLITHSOFT
(C) Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
(C)2017 Nintendo

データ

▼『電撃Nintendo 2018年12月号』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2017年12月21日
■価格:本体907円+税
 
■『電撃Nintendo 2018年12月号』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(01/18~01/24)

  1. 1

    【荒野行動】本当は教えたくないこれを知らない人が負ける絶対にしてはいけないことを解説実況!! ソロ10キルドン勝したったww【荒野行動/Knives Out実況:プレゼント企画】

  2. 2

    【モンスト】無課金プレイを続けるターザン馬場園がモンスターBOXを公開!

  3. 3

    【スマホ版PUBG】日本実況で初めて1vs99人のゾンビモードを荒野行動でやったら想像を絶する楽しさだったんだがww【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  4. 4

    【スマホ版PUBG】100人一列に並べて新武器スナイパーSVD&Karでヘッドショットすると貫通するのか検証してみた結果ww【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  5. 5

    【スマホ版PUBG】最新アプデでMP5が強化? アプデ内容の弾道修正がマジでヤバすぎたんだがww 開幕無双して12人倒すも...【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  6. 6

    【スマホ版PUBG】最新アプデで最強AR"Groza"が実装されるかも!? 今後追加されるであろう新武器を紹介!! AWMサプギリーが最強すぎてドン勝!!【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  7. 7

    【スマホ版PUBG】最新アプデでAK-47が強化!! 強くなりすぎてる気がするんですけど....アプデ前と性能比較!!【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  8. 8

    【モンスト】ついにガチャのアレが明らかに!星天のメソポタミア神記98連!

  9. 9

    【スマホ版PUBG】最終アンチの橋が激戦区すぎてやばいww強ポジや気をつけることを解説しつつ10キルドン勝!!【荒野行動 KNIVES OUT実況 アプデ】

  10. 10

    【モンスト】爆絶ニライカナイで検証!マルドゥークの新友情クロスウェーブは強いのか!?