DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『エムステ』イベントに榎木淳弥さん、濱野大輝さんらが登場! オリジナル“絆メッセージ”発表も

2018-01-02 13:45

『エムステ』イベントに榎木淳弥さん、濱野大輝さんらが登場! オリジナル“絆メッセージ”発表も

文:ガルスタオンライン

 好評配信中のスマホアプリ『アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!』(『エムステ』)のイベント“アイドルマスター SideM KIZUN@ ON ST@GE!”が2017年12月28日に池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催されました。

『エムステ』イベント

 ここでは伊東健人さん (硲 道夫役)、榎木淳弥さん (舞田 類役)、熊谷健太郎さん (握野 英雄役)、深町寿成さん(黒野 玄武役)、狩野翔さん(神谷 幸広役)、濱野大輝さん(円城寺 道流役)が登場したイベントの1回目の模様をお届けします。

 本イベントでは、好評配信中のスマホアプリ『アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!』のゲームにちなんだもので、ゲーム内でおなじみの絆メッセージのオリジナルver.を作ったり、出演キャストたちのトーク&ライブを楽しむことができるとありたくさんのプロデューサーさんたちが集まりました。

 6人はそれぞれが演じるアイドルの衣装姿で登場すると、会場に集まったPに元気よくあいさつ。『アイドルマスターSideM』が噴水広場でイベントをするのは初めてとのことで、全員感慨深そうな面持ちで、会場を見まわしていました。

『エムステ』イベント
『エムステ』イベント

 まず始まったのは『アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!』を実際にプレイするコーナー。誰がプレイするかという話になると、真っ先に手をあげたのは伊東さん。控室でかなり練習をしていたらしく、フルコンプすると余裕の表情。宣言通りフルコンプし、アイドルの絆パフォーマンスも100%で成功するのでした。

絆メッセージを発表!

 続いて始まったのは、Pとキャストが考えた絆メッセージの発表コーナー。こちらは事前に応募があったもののなかから、キャストがそれぞれ1つずつ選出! 11時からの回で発表されたのは、深町さんと狩野さんのもの。ちなみにキャスト考案のメッセージは、このあとにあるライブコーナーで実際にお披露目されちゃいます!!

 深町さんは、黒野と舞田によるコメディアンのサンシャイン池崎ネタに絡めた絶叫系。これには舞田役の榎木さんの顔に動揺の色が浮かびます。2番手の狩野さんは、神谷と舞田の紅茶と先生を絡めた親父ギャグを発表。噴水広場の巨大スクリーンに再び舞田が映ると、間髪入れずに榎木さんが突っ込みを入れ、キャストもPも大爆笑!! 結局、狩野さんの案が採用され、ライブコーナーでお披露目することになりました。

『エムステ』イベント

ライブコーナー

 いよいよラストはライブコーナーです! 「我々も絆を深めないとね!」と濱野さんが告げると、5人は大きくうなずき合ってスターティングポジションへ。始まったのは、彼らにとって2つめの全体曲「Beyond The Dream」。おなじみの振り付けとともに、笑顔をはじけさせる6人。

 非常にレアな6人によるパフォーマンスは、集まったPたちの顔も笑顔にしていきます。そして終盤になると、狩野さん&榎木さんがセンターへ行き、先ほどのコーナーで選ばれた絆メッセージつきパフォーマンスをお披露目♪ 2人は照れ笑いを浮かべながらも、スクリーンに映るアイドルたちと同じポーズをとってくれました。

『エムステ』イベント
『エムステ』イベント
『エムステ』イベント
▲息の合ったパフォーマンスに、集まったPも大興奮でした!!

 こうして、サービス満点のリアルイベントは約1時間で幕を下ろしました。さらにステージではオリジナル絆メッセージを作成して撮影したり、オリジナルグッズのプレゼント企画なども! 終了となる19時まで、たくさんのPでにぎわったイベントとなりました。

『エムステ』イベント
▲ライブ終了後に行われたフォトセッション。看板の上に顔を乗せるお茶目な榎木さんに、見守っていたPたちからは笑い声がもれていました。
『エムステ』イベント
▲ 絆メッセージ体験コーナーも大好評!! たくさんのPが列を作っていましたよ♪
『エムステ』イベント
▲さらに、カエールがSPの人たちと一緒に噴水広場に登場!! 目撃できた人はラッキーかも!?
『エムステ』イベント
▲こちらが条件を満たしたPに配布されたアイテム。超豪華ですよね!

 2月から3月にかけて3rdライブツアーが控えている『アイドルマスターSideM』。ますます輝きを増す彼らを、2018年も応援しちゃいましょう!!

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー