News

2018年1月9日(火)

Rayark最新音楽ゲーム『Cytus 2』に登場するキャラクター5名のプロフィールが公開

文:電撃オンライン

 Rayarkは、1月に配信開始予定である音楽ゲーム『Cytus II』の公式サイトを更新し、ゲーム内に登場するキャラクター5名のプロフィールを公開しました。

『Cytus II』

 『Cytus II』は、『Cytus』『DEEMO』『VOEZ』といった人気音楽ゲームを手掛けてきたRayarkの最新音楽ゲームです。

 今作では、『Cytus』のプレイ方法を受け継ぎながら、多くのゲーム要素が追加され、ビジュアルやストーリーにも豊富なコンテンツが用意されます。さらに、日本、韓国、台湾など、さまざまな地域の作曲家が制作した楽曲がゲームに収録されるとのことです。

PAFF

『Cytus II』

 24歳の超人気アーティスト兼CMスター。バーチャル世界、現実世界問わず、スポットライトを浴びるために生まれてきたかのような人物です。数えきれないほどのファンを有し、バーチャルライブには最長一週間並ばなければならないほどの圧倒的な人気ぶりで、会場をいつも満席にしています。ですが、カメラやスポットライトのないところでの彼女はいったいどのような人物なのでしょうか?

NEKO#ΦωΦ

『Cytus II』

 大人気の実況者で、多くの筋金入りのファンに支持される人物です。よくゲームプレイを配信し、チャットルームではさまざまなゴシップ――時に辛辣な話題で盛り上がっています。ネット世界ではカオスや無秩序を代表していますが、それと同時に創造性と可能性を象徴しています。

ROBO_Head

『Cytus II』

 機械的な話し方をする上、すべてデータに基づいて分析判断する奇妙なキャラクターです。根っからのデータマニアで、インターネット上のあらゆるニュースを広く読みあさっており、気になる記事を見つけては自分のSNSでシェアしています。不定期に放送するラジオ番組は意外と人気です。

Xenon

『Cytus II』

 A.R.C.のネットシステム管理人の1人。自由にシステムに入れる権限を持っています。凄腕のプログラマーでありながら、個人バンド“Xenon”のリーダー兼ギタリストも務める人物です。正義感が強く、人を守ることに対して使命感を抱いており、自分の手で犯罪を根絶したいと願っています。

ConneR

『Cytus II』

 古代の楽器に対して理解の深い収集家であり、演奏家であり、考古学者。同時にこれらの楽器を自分の音楽と融合してきた人物で、気品に溢れる優雅な中年紳士です。高額な研究費用を維持するため、法律上グレーゾーンなことをしているといいます。また、彼の一族の歴史は文明復興や旧世代テクノロジーとかなり深い関わりがあります。

(C)Rayark Inc.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。