News

2018年1月19日(金)

『FF』『モンハン』の世界をUSJで体験。VRやARを駆使したアトラクションのクオリティがすごい!

文:たく坊

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、1月19日~6月24日の期間に『ファイナルファンタジー(FF)』『モンスターハンター(モンハン)』などとコラボした“ユニバーサル・クールジャパン 2018”が開催されています。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 本コラボでは、作品とコラボしたアトラクションを楽しめる他、展示物の配置やグッズ・フードの販売などが行われています。

 本記事では、『ファイナルファンタジー』と『モンスターハンター』のコラボアトラクションを実際に遊んできた体験レポートや、辻本良三さんと天野喜孝さんのインタビューを掲載します。

オープニング・セレモニーに澤穂希氏が登壇

 “ユニバーサル・クールジャパン 2018”開催日前日に行われたセレモニーではプロサッカー選手の澤穂希氏が登壇し、ボールキックで開催を宣言しました。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 澤穂希氏も“ユニバーサル・クールジャパン 2018”のアトラクションなどを楽しんできたようで、それぞれのアトラクションの感想を会場に伝えます。最後は紙吹雪とともに“日本のクールを、もっとアツく!”と書かれたパネルが掲げられ、セレモニーは終了しました。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

武器を持って写真撮影できる『モンスターハンター・ザ・リアル』が登場

 USJ×『モンハン』コラボの第7弾では、最新作『モンスターハンター:ワールド』のアトラクションを楽しめる他、巨大な“リオレウス”のオブジェが展示されていました。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 『モンスターハンター・ザ・リアル』と題されたアトラクションでは、自分自身がハンターになれるウォークスルー型アトラクションが展開されています。

 ゲストは『モンスターハンター:ワールド』独自の要素である“調査団”に入り、先輩ハンターの誘導に従って“調査団”が開発したというさまざまな武器に変化する道具を持って新大陸を調査します。

 本アトラクションでは、最新鋭の映像技術と環境造形技術の融合で生み出されたリアルな『モンスターハンター』の世界を存分に味うことができます。

 先述した、武器に変化する道具で“大剣”、“太刀”、“ランス”、“ヘビィボウガン”の4種類の武器をAR化し、モニターに反映させてユーザー参加型の映像を楽しめます。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 筆者は、「右からくるぞ! みんな、武器を構えるんだ!」と白熱する先輩ハンターに感化され、“調査団”のいちハンターになりきりました。

 構えた武器は“ヘビィボウガン”。細かい装飾だけでなく、折りたたんであるボウガンを展開させるなども再現されていました。

 一通り調査を終えると、最後にゲスト全員で決めポーズ。筆者は腕を上げてよろこぶ動作で、幾度となく遊んできた『モンハン』っぽさを演出しました。

 アトラクションを終えると、調査中の勇姿が画像になった“調査団の記録”をQRコードでもらえます。また、1,800ゼニー(円)でオリジナルの写真ホルダーがついた現像も可能なので、記念に購入してみてはいかがでしょうか。

『モンスターハンター:ワールド』プロデューサー・辻本良三氏インタビュー

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

――アトラクションを体験していかがでしたか?

辻本:アトラクションはUSJさんならではの内容になっていると思いました。企画の内容や映像をチェックしていたんですが、体験したのは初めてだったので、楽しかったです。

――コラボ第7弾としての魅力は?

辻本:2017年は映像などを作っていただいたのですが、第7弾ではできるだけ映像の中に入っていただきたかったので、“自分がそこにいるかのような体験と、記念を残せるもの”ということがテーマになっています。

 また、ARを使って表現しているところも、そういう趣旨、コンセプトでやらせてもらっています。“調査団”のハンターになり、ARで表現される武器などは、ぜひ味わってもらいたいです。

――『モンスターハンター:ワールド』発売に向けて一言お願いします。

辻本:いよいよ発売が迫った『モンスターハンター:ワールド』ですが、好評をいただいておりまして、反響とかを大事にしながら、発売した後も追加のアップデートなど考えています。発売した後も、大会などを実施して盛り上げていこうかと思っています。

『ファイナルファンタジー XRライド』で『FF』の世界を冒険しよう

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと『ファイナルファンタジー』シリーズのコラボでは、VRアトラクションやグッズの販売などが展開されています。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 コラボのメインであるアトラクション『ファイナルファンタジー XRライド』では、モーグリが操縦する飛空艇“モグシップ”に乗り込み、『FF』の世界を冒険します。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 『FF』シリーズのナンバリングはすべて経験済みの筆者は、次々と移り変わる世界に興奮が抑えられず、常時叫んでしまいました。それもそのはず、『ファイナルファンタジー XRライド』は、ファン心をくすぐる『FF』要素だけではなく、意外にもジェットコースターとして十分に楽しめるアトラクションであったからです。

 「VRゴーグル付けるし、観賞型のアトラクションかな」と思い込んでいた筆者は、映像のクオリティと相まって大興奮。“クラウド”と“セフィロス”が目の前で戦闘を繰り広げ、縦横無尽に暴れまわる姿も圧巻でした。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
▲アトラクションの紹介ムービーでは、モーグリが説明してくれます。

 『FF』ファンが記憶しているさまざまなフィールドを駆け巡る感動は、本アトラクションでしか体験できないものではないでしょうか!

 なにより、ゲームの映像でしか楽しめなかった世界を、VRによって自分の視点で見られたことが、『FF』ファンである筆者の心を打ちました。

 『FF』を知らなくても、壮大な世界をジェットコースターで駆け巡る楽しさを味わえますし、ファンなら思わず「すごい!」と声をあげてしまうこと間違いなし! ぜひ一度、体験してもらいたいアトラクションの1つです。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
▲歴代の戦士の武器も……?

『ファイナルファンタジー XRライド』ロゴデザイナー・天野喜孝氏にインタビュー

 『FF』シリーズのデザインを数多く担当し、『ファイナルファンタジー XRライド』のロゴデザインも手掛けた天野喜孝さんにメディア向けインタビューが行われました。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

――『FF』がジェットコースターになったと聞いたときはいかがでしたでしょうか?

天野:どうするんだろう、どうやってやるんだろうって最初に思いました。ファンタジーの世界は現実にないわけですから、体験するためにはどうするんだろうと。

――USJは世界的なアミューズメントパークですが、『FF』を世界的に見てどう思われますか?

天野:『FF』は日本のゲームですが、日本というよりは海外というか、違う世界を表現しているのだと感じています。それはどこかの国とかではなく、どこの国の人にとっても“世界”なのだと思います。国によって捉え方が違うので、どちらかというと西洋的な感じが作品に入ってますが、西洋人からしたら東洋系な感じが入っているのかなと。

 逆に、イマジネーションはそんなに変わっていないと思います。だから、頭の中にあるイメージを映像化するこのアトラクションは新しい世界を表現しているのかなと思います。

――ロゴデザインは何をイメージされたんですか?

天野:あれは空飛ぶジェットコースター、つまりレールがないジェットコースターを描いています。ひょっとしたら未来がそうなるんじゃないかと(笑)。

 宇宙を飛んでいるイメージでしょうか。『FF』なので見た目の通り、スピード感のようなものを表現しています。

――天野さんが考える今後の理想の『FF』の展開は?

天野:何年先になるかわからないですけど、いつか宇宙に行ければと。我々は地球の中で想像してるので、実際に宇宙に普通の人が行ったらまた違う発想がでてくるんじゃないでしょうか。

 その時に『FF』が想像じゃなく現実になって、生活になるかもしれないですよね。未来は、本当にどんどん変わっていく可能性があると思います。

こんがり肉Gやチョコボのポップコーンバケツも販売中!

 “ユニバーサル・クールジャパン 2018”では、こんがり肉などのコラボメニューやTシャツなどのコラボグッズも販売されています。

 『FF』のコラボメニューからは、代表的なキャラクター“チョコボ”の形をしたポップコーン入れ『チョコボ・ポップコーン・バケツ』や“サボテンダー”のお菓子『サボテンダー・チュリトス~喰らえ、針千本!!~』がラインナップしています。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
▲チョコボの口を開くと「クエ~」と鳴きます。

 『モンハン』のコラボメニューでは、『こんがり肉G』や『回復ドリンクG~ホット抹茶オレ ハチミツ入り』など、ゲーム中に登場したあこがれの料理を堪能できます。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 他にもコラボグッズやコラボフードは盛りだくさんとなっているので、足を運ぶ際はしっかり購入するものを吟味することをオススメします。

“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
“ユニバーサル・クールジャパン 2018”
“ユニバーサル・クールジャパン 2018”

 『ディシディアFF NT』や『モンスターハンター:ワールド』を遊ぶ前や遊んだ後に、作品の世界に入り込める本コラボを是非体験してみてください。それぞれの世界に入り込むことで、ゲーム本編をより楽むことができるでしょう。

■“ユニバーサル・クールジャパン 2018”概要
【開催日時】
第1弾:1月19日~6月24日
第2弾:3月16日~6月24日
【コラボ作品】
第1弾:『ファイナルファンタジー』、『モンスターハンター』、『名探偵コナン』
第2弾:『美少女戦士セーラームーン』
※開催期間が変更になる場合があります。

(C)2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION:(C)2017 YOSHITAKA AMANO
原作/青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
(C) 2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C)SCRAP All Rights Reserved.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。