News

2018年1月31日(水)

“VROOM”第7弾コンテンツで初音ミクが登場。リアルとバーチャルが融合した世界観を楽しめる

文:電撃オンライン

 auの音楽サービス“うたパス”とVR配信プラットフォーム“ハコスコ”が運営するVRコンテンツ販売サイト“ハコスコミュージック”で、2月9日より“VROOM(ブイアルーム)”の第7弾コンテンツが提供開始されます。

“I’ll SEE YOU × VROOM / BIGHEAD feat. 初音ミク”

 “VROOM(ブイアルーム)”は、スマートフォン・タブレットで手軽に楽しめる360度/VRライブミュージックビデオを楽しめる映像コンテンツです。第7弾では、世界的人気を誇るバーチャルシンガー“初音ミク”が3Dモデルとなり、VROOMに登場します。

“I’ll SEE YOU × VROOM / BIGHEAD feat. 初音ミク”
“I’ll SEE YOU × VROOM / BIGHEAD feat. 初音ミク”

 楽曲を担当するのはニューアルバムの発売を控えた“BIGHEAD”です。2月10日に発売される3rdアルバム『World Is Wide』のシングルカット曲『I’ll SEE YOU』に合わせて、初音ミクと近未来の東京をバーチャルトリップできるオリジナル360度/VR映像が配信されます。

 東京駅、渋谷エリアをはじめとした東京のランドマークを舞台に、初音ミクの新たなダンスモーションを採り入れつつ、世界初となる“3Dモデル×実写3D空間”によって制作された本コンテンツでは、リアルとバーチャルが融合した没入感満載の世界観を楽しめます。

“I’ll SEE YOU × VROOM / BIGHEAD feat. 初音ミク”

“I’ll SEE YOU × VROOM / BIGHEAD feat. 初音ミク”トレイラー映像

制作者コメント

 今作『I’llSEE YOU』が収録されたアルバム『World Is Wide』のジャケットには“渋谷”の街に立つミクさんが描かれています。

 はじめてMUSIC VIDEOを拝見した時にも同じ“渋谷”が登場して驚きました!

 アルバムのメインビジュアルを担当していただいたapapicoさんと映像担当の企画演出・東さん、プロデューサーカタオカさんは会って打ち合わせをしたこともなければ、製作時期も違うのに“渋谷”がリンクしていたことに縁を感じます。

 360°VRの新しい未来をミクさんと一緒に楽しみましょう。

 by BIGHEAD

“I’ll SEE YOU × VROOM / BIGHEAD feat. 初音ミク”概要
うたパス
配信期間:2月9日11:00~3月9日10:59
視聴方法
・[1]“うたパス”のアプリをダウンロード
・[2]アプリを開き、「Live」の対象バナーを選択し、詳細ページへ移動
・[3]360度/VR映像を選択し、視聴
VR映像:VRヘッドセットの使用でVR映像での視聴が可能です。ライブ会場にいるような迫力ある体験を楽しめます。
360度映像:端末を好きな角度に傾けたり画面をスワイプしたりするだけで、好みのさまざまなアングルを楽しめます。
※うたパスアプリを最新版にアップデートしてご利用ください。
※“うたパス”アプリのダウンロードは、iPhone、iPadまたauのAndroidのみ可能です。
※アプリのダウンロード時は通信料がかかります。
※視聴推奨ブラウザ:Google Chrome
※予め収録された映像となります。
※映像コンテンツは約2分半となります。
※うたパスアプリから視聴できます。
※うたパスは、3D非対応となります。
ハコスコミュージック
販売価格:800円(税込)
販売期間:2月9日11:00
購入方法ハコスコミュージック販売ページ
※3D映像で楽しめます。

(C)KDDI
(C) 2014-2017 HACOSCO INC.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。