DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > KENNさん、蒼井翔太さんの渾身の謝罪再び! TVアニメ『喧嘩番長 乙女』スペシャルイベント

2018-02-03 12:49

KENNさん、蒼井翔太さんの渾身の謝罪再び! TVアニメ『喧嘩番長 乙女』スペシャルイベント

文:ガルスタオンライン

 1月14日に日本消防会館にて、TVアニメ『喧嘩番長 乙女 -Girl Beats Boys-』スペシャルイベントが開催。山村響さん(中山ひなこ役)、KENNさん(箕輪斗々丸役)、蒼井翔太さん(金春貴之役)、主題歌を担当するLove Desireが登場しました。ラジオパーソナリティとして活躍する鷲崎 健さんの司会でさまざまな企画が行われ、大盛り上がりだったイベントの様子を紹介していきます。

『喧嘩番長 乙女』

 イベント開始前のアナウンスは、Love Desireの4人が担当。ご自身がモデルになっているアニメオリジナルキャラクター“LD4”として、公演の注意事項や楽しみ方をバッチリレクチャーしてくれました!

 ステージには学校の椅子と机が置かれ、学園ものの『喧嘩番長 乙女』らしい(?)セットが用意されていました。最初の企画は“振り返りトーク”。ここでは、キャストのみなさんが思い出に残っているアニメの名場面を紹介してくださいました。KENNさんは、1話でひかると斗々丸が出会うシーンをチョイス。本作の特徴の1つであるケンカシーンのなかでも、自分が強いと思っている斗々丸がかわいい顔をしたひなこに負ける場面が印象的だったそうです。

『喧嘩番長 乙女』
『喧嘩番長 乙女』

 山村さんはアフレコでひなこの強さを表現するために、あえてケンカシーンでは掛け声を入れないように演技指導を受けたそうです。蒼井さんは5話でひなこの部屋で勉強会をした場面、Love Desireは自分たちが出演したシーンを選んでいました。ほかにもLove Desireのメンバーが同居しているという話や、収録の様子など貴重なエピソードが明らかに!!

『喧嘩番長 乙女』

KENNさんたちが意外な人物やものになりきって謝罪!?

 続いては、“漢は潔く謝れる!―イベントVer―”です。これはKENNさんと蒼井さんがメインパーソナリティを務めた「斗々丸・金春の喧嘩番長 乙女 とことんトトコンラジオ」の人気コーナーで、謝れずに困っている人に代わってキャスト陣が潔く謝ってくれるというもの。

 今回は吉良麟太郎役の細谷佳正さんから“イベントに行けなかったこと”、未良子裕太役の柿原徹也さんから“KENNさんのモノマネで盛り上がったこと”、鬼ヶ島鳳凰役の前野智昭さんから“柿原さんからサインをもらう”、鬼ヶ島ひかる役の代永翼さん“自転車(ロード)に乗れていない”、坂口春生役の近藤隆さん“甥っ子、姪っ子とはしゃぎすぎた”という個性豊かな謝罪したいエピソードが寄せられました。

『喧嘩番長 乙女』
『喧嘩番長 乙女』

 代永さんの謝罪では山村さんが代永さん役に、自転車の前輪役にKENNさん、後輪役に蒼井さんで謝罪することに。一生懸命に代永さんを演じる山村さんの姿がかわいらしかったです! 前野さんの謝罪では、なんとKENNさんが柿原さん役を担当。その熱演に、客席は大きな笑いに包まれました。

『喧嘩番長 乙女』

朗読劇は1年生メンバーによる書初め風景

 朗読劇では1月のイベントらしく、獅子吼学園の書初めにちなんだストーリーが展開していきます。獅子吼学園では魂を込めて目立つ書初めをした生徒は、トップを取れるという伝説があるそう。ひなこは斗々丸、金春と一緒に、書初めに挑戦します。

『喧嘩番長 乙女』

 しかし“愛羅武勇(あいらぶゆう)”や“素平巣斜戸琉(スペースシャトル)”など、不良学校らしい書初めになり……。1年生メンバーの3人の仲のよさが伝わる、ほっこりとした物語でした。

『喧嘩番長 乙女』
『喧嘩番長 乙女』

 またLove Desireによる「ラブスナイパー」と「眼光シグナル」のライブも!! 客席のみなさんは、色とりどりのライトを振ってノリノリで聴き入っていました。

『喧嘩番長 乙女』

 最後に蒼井さん「3人で朗読劇をしましたが、今後メンバーが増えていけばいいなと思っています。みなさんにまたお会いできるのを楽しみにしています」、KENNさん「“喧嘩番長 乙女”をこれからもっと盛り上げていけたらいいなと思っています。またこういう機会がありましたら、一緒に盛り上がりましょう」、山村さん「去年は“喧嘩番長 乙女”な一年でした。今年もどんどん盛り上がっていくように、いちファンとしても応援していきたいと思いますので、みなさんも作品を愛し続けてほしいです」と作品への熱い想いを語りイベントは終了しました。

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー