News

2018年2月23日(金)

『ソニック』実写とCGアニメを融合させた長編映画が2019年11月15日に北米公開

文:電撃オンライン

 セガホールディングスは、セガグループのグループ会社であるセガ・オブ・アメリカ(Sega of America, Inc.)が、人気ゲームシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の長編映画(タイトル未定)に関し、米国パラマウント・ピクチャーズとの共同製作に合意したことを発表しました。

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』

 本作は実写とCGアニメーションを融合させたハイブリッド作品として製作され、2019年11月15日の北米公開を皮切りとして、全世界で公開予定です。

 プロデューサーに『ワイルド・スピード』シリーズなど多くのヒット作で知られるOriginal Film社のニール H. モリッツ氏、エグゼクティブプロデューサーには全世界で大ヒットした『デッドプール』の監督であるCG映像制作スタジオBlur Studio社のティム・ミラー氏、監督には同じくBlur Studio社所属で同社のアカデミー賞ノミネート経験を持つジェフ・フォーラー氏など、そうそうたる面々がスタッフとして参加します。

 また、企画/プロデュースおよびCGアニメーションパートの制作にはセガグループのマーザ・アニメーションプラネットも参画します。

 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、1991年にメガドライブ(米国ではGenesis)用ゲームソフトとして発売され、高速で駆け抜ける爽快感やクールなキャラクター性により、全世界で400万本を超える大ヒットを記録し、以後数多くのシリーズタイトルが誕生しています。

 2008年には英国の新聞における人気キャラクターランキングで1位に選ばれ、2016年には米・国立博物館のビデオゲームの殿堂“World Video Game Hall of Fame”に選出されるなど、世界中で高い評価を得ています。

 シリーズはこれまでにさまざまなプラットフォームでゲームが展開されており、2017年11月にはシリーズ最新作となるPS4/Nintendo Switch/Xbox One/PC用ソフト『ソニックフォース(海外名:Sonic Forces)』が発売。シリーズの累計販売数はパッケージ・デジタルダウンロードを合わせ現在までに3億6,000万本/DLを突破しています。

 セガグループでは『ソニック』のIP戦略として、ゲームの枠に留まらずさまざまなエンタテインメント分野での展開を行っており、これまでにもTVアニメを始めとしたメディアミックス展開やマーチャンダイズによるさまざまな商品展開を行っています。

 『ソニック』の映画化はその戦略の一環であり、世界中のユーザーに『ソニック』の魅力を届けるとともに、新たな顧客の獲得を目指していくとのことです。

パラマウント・ピクチャーズ会長兼CEOのJim Gianopulos氏からのコメント(原文ママ掲載)

 このたびセガと協業し、人気キャラクターであるソニックの映画を全世界に向けてお届けできる機会に恵まれたことを非常にうれしく思っています。今回の我々のパートナーシップにより、このプロジェクトに大きな貢献をもたらしてくれることを期待しています。

Original Film社代表のNeal H. Moritz氏からのコメント(原文ママ掲載)

 このたびセガとタッグを組み、このような素晴らしい配給パートナーを見つけられたことを大変うれしく思っております。ジム会長率いるパラマウント・ピクチャーズからの絶大なサポートは、本作に対するさらなる後押しとなるでしょう。

セガホールディングス代表取締役会長CEOの里見治紀氏からのコメント(原文ママ掲載)

 世界的な映画スタジオであるパラマウント・ピクチャーズ様とパートナーを組み、またこのような豪華なスタッフ陣により映画化されることを大変うれしく光栄に思っております。

 ゲームコンテンツは、日本から世界へと発信するエンタテインメントの中核を担ってまいりました。そして『ソニック』は、1作目の発売から26年に渡りその先頭を走り続け、現在も世界中の皆様にお楽しみいただいております。

 今回の映画化は、全世界に向け『ソニック』の新たな魅力をお届けできる大きなチャンスだと考えています。世界中の皆様に楽しんでいただける作品にすべく取り組んでまいりますので、ぜひご期待ください。

※画像はプレスリリースをキャプチャーしたものです。
(C)SEGA

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。