DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『剣君』『ディアラヴァ』など人気タイトルが大集合! ピタドルたちのLIVEも見逃せない【リジェフェス7日昼】

2018-03-25 18:15

『剣君』『ディアラヴァ』など人気タイトルが大集合! ピタドルたちのLIVEも見逃せない【リジェフェス7日昼】

文:ガルスタオンライン

 Rejetの人気タイトルが一堂に会する“Rejet Fes.2018-FOCUS-”が今年も1月6日、7日に舞浜アンフィシアターで開催されました。ここでは1月7日昼公演の模様をお届けします。

1月7日昼公演 出演者(敬称略・50音順):蒼井翔太、市川太一、大河元気、置鮎龍太郎、奥山敬人、小野友樹、財満健太、笹 翼、沢城千春、鈴木裕斗、高橋直純、豊永利行、鳥海浩輔、永塚拓馬、保志総一朗、前野智昭、増田俊樹、緑川光、矢野奨吾

 開演時間になると、ステージ中央のセリから小野さん&豊永さんがポーズを決めながら登場し、「リジェジェー!!」と元気いっぱいにあいさつ。そして、テンションMAXな他の出演者たちも続々とステージへ。

『rejetfes.2018』

 「代表“とり”締役の鳥海浩輔です」と、“Rejet Fes.”で恒例となったあいさつをしたのは鳥海さん。「今日が、みなさんによいお年玉となるよう頑張ります」と、このあとの展開に期待が高まる宣言をしてくれました♪

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

スタレボ☆彡 88星座のアイドル革命

 朗読劇のトップバッターは『スタレボ☆彡 88星座のアイドル革命』より、PURA.net(奥山さん、矢野さん、永塚さん、市川さん)とグロリアス(笹さん、大河さん、財満さん)。“Rejet Fes.”の会場を見学にやってきた7人は、目を輝かせながら会場を見渡します。

『rejetfes.2018』

 そんな彼らの元にやってきたのは、『MARGINAL#4』より野村アール(鈴木さん)&滝丸アルト(沢城さん)。2人はステージに出られなくなったユニットの代わりをスタッフが探していると話します。名乗りを上げたPURA.netとグロリアスは、急遽、だるまさんが転んだで勝負をすることに!!

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

 ルールは鬼が3回「だるまさんが転んだ」と言う間に、より多くのメンバーが鬼にタッチできた方が勝ち。鬼は橋爪ルドルフ(大河さん)が「動くのが面倒だから」と立候補し、他のメンバーは客席に散っていきます。鬼がいるステージに向かい、全力で走る6人。バランスを取りにくいポーズで止まってしまい、プルプルする6人に客席からは悲鳴と笑い声が上がります。ルドルフ(大河さん)の引っかけにほんろうされるメンバーでしたが、最終的にPURA.netが勝利しました♪

剣が君

 続いては『剣が君』(小野さん、前野さん、置鮎さん、保志さん)の朗読劇。縁日にやってきたヒロインと縁(置鮎さん)の前に現れたのは、屋台で働く九十九丸(小野さん)と黒羽実彰(前野さん)、鷲原左京(保志さん)。一緒に縁日の思い出を作るべく、ひとりひとりヒロインに売り込みをして選んでもらうことに! ヒロインへの想いを込め、甘い言葉をささやく4人にうっとりしてしまうのでした♪

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

√HAPPY+SUGAR=SAND

 続いては『√HAPPY+SUGAR=SAND』より、琥賀 陸(緑川さん)。アイドルグループ・ビタースイートのライブ中のMCという場面で始まり、「大好きだよ」とリップ音とともに甘くささやくシーンも♪ さらに舞台裏で、恋人であるヒロインに対しての会話へと続き、激甘な展開で観客をメロメロに。

『rejetfes.2018』

ピタゴラスプロダクション

 次に登場したのは、ピタゴラスプロダクションのアイドルたち。アイドルたちの魅力を伝える新年の新春特番という内容で進みます。途中でスペシャルゲストとして、『スタレボ』の鳳 慧(奥山さん)と久白 純(矢野さん)も参加! 作品の枠を超え、先輩アイドルと新人アイドルのやり取りは、なんだかとても初々しかったです♪

『rejetfes.2018』

 その後始まったのは“新春スイートメッセージ”というコーナー。“初詣デート”をテーマに濃厚なメッセージが会場へ贈られました。小指を使ってリップ音を出すキュートな藍羽ルイ(高橋さん)に、他のメンバーが「どうやってやってるんだろう?」と不思議そうな顔をしている姿が印象的でした。

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

バラエティコーナー

 その後始まったのは、全キャストが参加するバラエティコーナー。このコーナーではキャストが2チームにわかれ、世界各国の遊びで勝負をします。7日はスウェーデンの“クップブ”という遊びにチャレンジすることに! 

 攻撃する側が陣地内にある大小さまざまな的にボールを当てて倒し、守備する側は防ぐためにRejetの社長・岩崎大介さんの特製パネルを設置して妨害! 高得点だったチームの勝利となります。岩Dパネルを倒してしまうと-100点に!! はたして、勝負の行方やいかに――!!

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

Aチーム:増田さん、沢城さん、鈴木さん、奥山さん、矢野さん、永塚さん、財満さん、市川、笹さん

Bチーム:緑川さん、置鮎さん、高橋さん、保志さん、鳥海さん、前野さん、大河さん、蒼井さん

 先行はAチーム。増田さんが投げたボールが保志さんに当たってしまい、あわや乱闘発生か!? というひと幕もありましたが、ハグをして無事に仲直り♪ また、矢野さんが投げたボールが岩Dパネルを倒してしまうなど、先の読めない展開に会場は大盛り上がりでした。後攻のBチームは1人人数が少ないため、小野さんも参加! こちらは豪腕な方が多かったのか、見事なチームワークで次々とパネルが倒れ、圧勝となりました!!

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

クリミナーレ!

 楽しいバラエティコーナーに続いて始まったのは『クリミナーレ!』の朗読劇。お忍び旅行中のヒロインを護衛するため、アンフィシアターにやってきたジェラルド(緑川さん)とキアーヴェ(鳥海さん)。スタッフの目をあざむくべく、ジェラルドが事前に用意したのは、なんと痛バッグ!! 

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

 スクリーンにジェラルド特製の痛バッグが映し出されると、会場はかなりザワついていました。また、キアーヴェから「目印にピンクのペンライトを振って欲しい」と頼まれた観客は、みんないっせいにペンライトを振ります。一面ピンク色になった客席を見て、緑川さん&鳥海さんはそっと笑いをこらえていました。観客と生のやり取りができるのも“Rejet Fes.”の楽しいところですよね!

『rejetfes.2018』

THANATOS NiGHT

 次に登場したのは、ニア(増田さん)、リアム(鈴木さん)、デュラン(豊永さん)による『THANATOS NiGHT』チーム。堕天使たちの歌で逝かされたい女の子たち(観客)は、3人に翻弄されまくり!? 気だるげなデュラン、ドSなニア、快楽に溺れるリアム。三者三様のモノローグに、客席からは何度も悲鳴のような歓声が上がっていました♪

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

√HAPPY+SUGAR=SAND

 セクシーな朗読劇のあとは「√HAPPY+SUGAR=SAND」より、来宮蘭々(蒼井さん)。とってもキュートなファンサービス&彼女であるヒロインに対する甘えん坊な会話。そんな蘭々のキューティマジックに、会場中がかかってしまうのでした★

『rejetfes.2018』

DIABOLIK LOVERS

 続いて始まったのは『DIABOLIK LOVERS』より、逆巻アヤト(緑川さん)、逆巻シュウ(鳥海さん)、キノ(前野さん)の朗読劇です。イベント会場にやってきてテンションMAX状態のアヤトとキノ。寝ていたシュウは、そんな2人に保護者として無理矢理連れてこられたとのこと。

『rejetfes.2018』

 超マイペースなアヤトとキノに「はぐれるな」と何度も繰り返すシュウでしたが、いつの間にかはぐれてしまいます。迷子センターでシュウを呼び出そうとしたところ、なぜか特設ステージへたどり着いてしまうアヤトとキノ。2人は観客の声援に押される形で告白大会に参加し、甘~い告白タイムへ突入♪ そこへ合流したシュウも告白タイムがスタートし、会場は激甘な空気に包まれました。

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

LIVEコーナー

 朗読劇が終わると、待望のLIVEコーナーへ。トップバッターは『スタレボ☆彡』より、朗読コーナーで勝者となったPURA.netが「シャッターチャンス!」を元気にパフォーマンス。フレッシュ&さわやかな歌声が会場に響き渡ります。2曲目は主題歌「Horoscope」。途中からグロリアスの3人も合流し、スペシャルVer.がお披露目されました♪

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

 続いての登場は『THANATOS NiGHT』よりデュラン(豊永さん)の「SAYONARA」。気だるい雰囲気が漂う普段のデュランの内に秘めたものが表現された、力強くもセクシーな歌声に客席から大歓声が上がります。

『rejetfes.2018』

 次にステージに現れたのは、ピタゴラスプロダクションのシャッフルユニット“DOGGY BLACK”(高橋さん、鈴木さん、蒼井さん)が「運命(ファタリテ)」をお披露目♪ もちろん衣装はおそろいのグローブを装着した、スペクタクルツアー ライブVol.3のジャケットに登場したもの。息の合ったダンスと歌唱に、観客はうっとりするのでした。

『rejetfes.2018』

 そしてラストを飾ったのは『剣が君』より、鷲原左京(保志さん)の「紫陽花」と、縁(置鮎さん)の「泡沫の夢」を本邦初公開!! どちらの楽曲も、2018年1月から続々とリリース中の『剣が君 百夜綴り キャラクターソング』CDシリーズに収録されるものです。しっとりとした歌声の左京と、胸に響く優しい縁の歌声が会場に響き渡りました。

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

 約2時間30分。たっぷりとRejet関連作品の世界観にひたったひとときは、こうして幕を下ろしました。“Rejet Fes.”でしか見られない作品の枠を超えたやり取りや、キャスト陣が本気になって挑むバラエティコーナーなど、見所は盛りだくさんでした!

『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』
『rejetfes.2018』

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー