総合 > 電撃App > 記事一覧 > 森下直親さん、山下いくとさん、深井涼介さんが『ヴァイタルギア』ギアデザインに参加!
2018-04-06 12:30

森下直親さん、山下いくとさん、深井涼介さんが『ヴァイタルギア』ギアデザインに参加!

文:りえぽん

 アルサーガパートナーズが2018年春に配信予定の、iOS/Android用RPG『ヴァイタルギア』。本作に登場する車両型兵器“ヴァイタルギア”について、森下直親さん、山下いくとさん、深井涼介さんによるコラボデザインギアが登場することが明らかになりました。

『ヴァイタルギア』

 『ヴァイタルギア』は、迫りくるAIの侵略に抗う最大20人対20人で対戦可能なリアルタイムGvGゲームです。3D車体仕様のヴァイタルギアを操る美少女クルーと、手に汗握るストーリーやバトルが楽しめます。

●『ヴァイタルギア』オープニングムービー

人気メカニックデザイナー3名がコラボギアをデザイン!

 本作には、敵AIと戦う車両型兵器として、多彩な性能を持つ100種類以上のギア(3D車体)が登場します。

『ヴァイタルギア』

 そのギアについて、メカデザイナーとして人気の森下直親さん、山下いくとさん、深井涼介さんがコラボギアデザインを手掛けることが決定しました!

コラボギアデザイン参加者

●森下直親さん

 プラモデルや映像ソフトのボックスアート、雑誌イラストなど、あらゆるメディアで迫力あるロボットのイラストを手掛けるイラストレーター。データカードダス『ガンダムトライエイジ』など『ガンダム』シリーズ関連作品を中心に活躍しています。画集『鋼鬼』が好評発売中です。

●山下いくとさん

 『新世紀エヴァンゲリオン』や『戦闘妖精雪風』などのメカニックデザインも担当したマンガ家、デザイナー。メカを取り巻く世界観のデザインにも定評があり、『新世紀エヴァンゲリオン』の3年後を描いたifストーリー小説『エヴァンゲリオンANIMA』の企画・執筆も担当しています。

●深井涼介さん

 メカ、キャラクター、グラフィック等のデザイン業、ゲームやライトノベルのイラスト、漫画など多岐に活動。著書にマンガ『ギルティクラウン DANCING ENDLAVES』(原作・ギルティクラウン、原案・砂阿久雁(ニトロプラス))。現在は、オリジナルのデザインアート集『ARMS NOTE』をwebや同人誌で展開しており、登場する武器装備を纏った美少女キャラクターたちのfigma化、フィギュア化なども行われています。

 ロボットファンにはたまらないお三方がデザインするギアについて、森下さんと深井さんによるギアデザイン画を紹介します。どのようにゲーム内に実装されるのか、ぜひ楽しみにしていてください!

『ヴァイタルギア』
▲森下さんデザインのギア。
『ヴァイタルギア』
▲深井さんデザインのギア。

登場ヴァイタルギアを一部紹介!

 本作に登場する“ヴァイタルギア(車体)”を紹介します。ゲームではギアはフル3DCGで表現され、迫力あるバトルが展開します。

ブブロ ファイアロア(グレード:★5)

『ヴァイタルギア』

 可動域が広く、手足のように自在に操れる4門の火砲を搭載しています。乗り心地がよく、乗車する戦闘員とのリンク率も高いため人気があるモデルですが、製造にかなりのコストと時間を要します。

リグランサー F-CB70(グレード:★4)

『ヴァイタルギア』

 最新のエネルギー兵器を搭載したギア。製造コスト低減のために三輪を採用し、安定性にやや欠けますが、最小回転半径が小さいため小回りが利きます。スピードを維持しつつ自在に操作するには、ある程度の経験と技術が必要です。

ハインドラウル FG33(グレード:★5)

『ヴァイタルギア』

 “コーベントレイ”をリモデルした車体。車体左右に腕のように自在に動く火砲を搭載したことで、よりスムーズかつ正確な攻撃が可能になりました。強力な攻撃でも耐えられるように、緊急時は戦闘員が乗車する車体の核となる部分を覆うように変形します。

タイラス VZC-93R/VZC-93G(グレード:★3)

『ヴァイタルギア』
▲タイラス VZC-93R。
『ヴァイタルギア』
▲タイラス VZC-93G。

 “人知崩壊の6時間”の生き残りである幼いころの“ディエルタ”が一時的に覚醒し、自身の力で生み出したヴァイタルギアのデータを元に作成された車体です。量産性に重点を置いているため、性能はオリジナルよりはるかに劣っています。

ウォルギード WAG94(グレード:★5)

『ヴァイタルギア』

 最先端の技術を用いて開発された、より軽くより強度のある新素材をボディに採用している車体です。車体上部に大型の高振動ブレードを二振り搭載しており、クオリアの力で遠隔操作することによって、敵や障害物を切裂きながら進撃することができます。

コーべントレイ C11W(グレード:★2)

『ヴァイタルギア』

 量産型の定番ともいえる車体。全面の装甲厚を厚くしているため、どの角度からの攻撃にも耐えることができます。旋回可能な砲塔を持つため、幅広い攻撃も可能。しかし、重量の関係でスピードは遅いです。

バッサルト Ra-Nt(グレード:★4)

『ヴァイタルギア』

 環境保全キャンペーンの一環として製造された車体です。高い防御力を持っており、戦闘で破損し機能しなくなった場合は、ボディをリサイクルして別の製品に利用できるようシンプルな素材で構成されています。

ヌエラギ OV-21F(グレード:★4)

『ヴァイタルギア』

 元々は“コンセプトギア”として製造されたヴァイタルギア。「今までの限界スピードを超える!」というテーマで製造され高い機動力を誇るのですが、その他の部分は並の車体と変わらない能力です。

グラッドス BF-021(グレード:★3)

『ヴァイタルギア』

 高性能な電子機器を搭載した、精密射撃を得意とする車体。照準を合わせ攻撃する際、より正確な位置に自動で軌道補正してくれます。攻撃時にかなりの脳力を消費するため、乗車する戦闘員の体力が試されます。

ストルグ グリーン(グレード:★1)

『ヴァイタルギア』

 サソリのようなフォルムのヴァイタルギア。近距離から遠距離まで幅広い戦闘に対応することができます。車体後部に高重量の火器を搭載しているため、方向転換の際バランスを取ることが重要で、乗りこなすのが比較的難しいです。

アーファード MT08-B(グレード:★2)

『ヴァイタルギア』

 シンプルな装備のバギー型ヴァイタルギアです。扱いやすく、マルチな対応力を持っています。車体の性能に大きな特徴がないため、搭乗する戦闘員の実力が試される車体でもあります。

ビルテムBA-t(グレード:★3)

『ヴァイタルギア』

 戦術的に汎用性の高いヴァイタルギア。前線、銃戦、策源地と、さまざまな場面で見かける車体です。生産コストは決して安価ではありませんが、兵装出力、機動力などのエネルギー周りの安定性は目を見張るものがあります。

事前登録者数15万突破! ガチャ7回分の“神光石”がもらえる

 コラボギアも発表され、ますます配信が楽しみな『ヴァイタルギア』。事前登録数に応じて、ゲーム内でガチャなどに使用できる“神光石”が増えるキャンペーンを実施中です。

 現在、事前登録者数が15万人を突破し、175個(ガチャ7回分)の“神光石”プレゼントが確定しています。次は20万人達成でガチャ9回分に“神光石”の個数が増えますので、ぜひ事前登録をして配信をお待ちください!

データ

▼『ヴァイタルギア』
■メーカー:アルサーガパートナーズ
■対応機種:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年春
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『ヴァイタルギア』
■メーカー:アルサーガパートナーズ
■対応機種:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年春
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『シャドバ』第9弾“蒼空の騎士”の新カードを独占公開。『グラブル』よりアリーザ登場

  2. 2

    『FGO』“ぐだぐだ帝都聖杯奇譚”や沖田オルタのピックアップ召喚の詳細が判明

  3. 3

    『FGO』アルトリア(ランサー)が霊基第三段階の衣装でフィギュア化

  4. 4

    『FGO Duel』メインビジュアルとゲームルールが公開。先行体験会が7月15日に開催決定

  5. 5

    『ますますマンガで分かる! FGO』玉藻たちはちびっこ王国との和平を結ぶ

  6. 6

    【FGO攻略】“ぐだぐだ帝都聖杯奇譚”のイベントクエストやミッションを解説(随時更新)

  7. 7

    『とじとも』椎名Pがユーザーからの質問に回答! アニメ終了後のゲームの展開は?

  8. 8

    『チェンクロ3』×『うたわれるもの』コラボが発表。5周年記念ユグド祭も東京&大阪で開催決定

  9. 9

    RPG『イナズマイレブン アレスの天秤』クオリティアップのため発売時期が2018年秋に変更

  10. 10

    “『FGO』で対人戦”というマスターの夢を叶えてくれる『FGO Duel』を体験した感想をお届け

[集計期間:06月12日~06月18日]

ページ
トップへ