総合 > 電撃App > 記事一覧 > かえる好き必見の『旅かえる』をレビュー。スローライフを送ってこころを癒すSLG
2018-05-05 00:00

かえる好き必見の『旅かえる』をレビュー。スローライフを送ってこころを癒すSLG

文:たく坊

 Hit‐Pointが配信中のiOS/Android用アプリ『旅かえる』を、地元・茨城でカエルの合唱とともに生きてきた筆者がゆる~くレビューしていきます。

『旅かえる』

 本作は、『ねこあつめ』で知られるHit‐Pointが制作するシミュレーションゲームです。“かえる”にアイテムを与えて自由に旅をさせるという、“ゆるさ”をたっぷり味わえるアプリとなっています。

 本編では特に難しい操作は必要なく、“かえる”の仕草や生活を眺めるために、アイテムなどを収集していきす。見どころは、なんといっても“かえる”でしょう。“かえる”は鋭い目つきをしているものの、家の中では本を読んだり大口を開けてご飯を食べたりと、なんともかわいらしい仕草をしてくれます。

 筆者はビジュアルに惹かれて本作をプレイしましたが、“かえる”の見た目とのギャップに心を打たれ、ことあるごとにスマホを開いて“かえる”の動きを確認してしまいます。本作は、そんな“ゆるさ”がポイントなのです。

『旅かえる』
▲いとこが飼育している“アフリカツメガエル”の“蛙之助”くん。旅はしません。

“かえる”を眺める“ゆる~い”ゲーム

 プレイヤーがやることは、“おべんとう”や“どうぐ”を用意して“かえる”の旅のしたくをし、写真を撮ってくる“かえる”の帰還を、「まだ帰ってこないかな~」と親バカになって待つことです。律儀に帽子をかぶって旅立ち、プレイヤーに写真を持ってきてくれる“かえる”を猫なで声で迎えてしまいます……かえるですが。

『旅かえる』
▲“かえる”の名前は、筆者の名前にちなんで“かえる坊”と名づけました。

通貨“クローバー”を集めて、より充実した旅へ

 “にわさき”に生えてくる“クローバー”を集めれば、“おみせ”で販売されている“えびづるのスコーン”や“はこべのサンドイッチ”などの“おべんとう”や、“てぬぐい”などの“どうぐ”と交換できます。

 “クローバー”の中にはまれに“四つ葉のクローバー”が生えており、収集しておくことで後述する“おまもり”として活用できます。「お、ラッキー!」と思うくらいの地味なうれしさこそ、本作にハマってしまう魅力の1つとなのかもしれません。

 さらに、“おみせ”ではアイテム交換の他にも、“かえる”が持ち帰ったり、アイテムの交換時に付いてきたりする“ふくびき券”を5枚使って“ふくびき”ができます。

 “ふくびき”で出るものには白玉から黄玉までのランクがあり、運がよければ高級なアイテムを入手することもあります。“四つ葉のクローバー”では地味なうれしさを、“ふくびき”は派手な喜びを味わえます。

『旅かえる』
▲下から2個目のランクである青玉ではおまもりをもらえました。

かわいい“かえる”には旅をさせよ

 “かえる”を旅立たせるための旅のしたくでは、“テント”や“てぬぐい”などの“どうぐ”を設定でき、“どうぐ”に応じて写真を撮ってくることがあります。

 特定のアイテムを持たせることで、北に行きやすくなる、南に行きやすくなるなど、ある程度の傾向があるようです。各方面で背景が変わるので、“テント”などの写真に影響があるアイテムを持たせても、微妙に写真が変化していました。

 珍しい背景を背にして温泉に入る“かえる”を見ると、「ああ、いい旅になってよかった」と安堵してしまいます。

『旅かえる』
『旅かえる』
▲最初はお城にしか行かなかったであろう“かえる坊”も、ショッピングを楽しむほどに成長しました。

 写真の他にも、“かえる”は旅をした場所に応じた“いっぴん”や“めいぶつ”をプレゼントしてくれます。もらった“めいぶつ”などは“ずかん”に登録され、旅のしたくで設定できる“おまもり”として“かえる”に所持させられます。

 “ずかん”の収集こそが本作のやり込み要素であり、もっとも“かえる”の旅を確認できる内容となっています。

かえるの旅は1人じゃない。ともだちが遊びにきたら歓迎しよう

 本作に登場するのは、“かえる”だけではありません。旅をした“かえる”につられて、かたつむりの“まいまい”さんなどのともだちが“にわさき”に来訪することも……。

 遊んできたともだちは、歓迎してくなってしまうのが親バカの性です。ともだちに先述した“めいぶつ”をお土産として持たせてみましたが、喜んでくれたのか、お手紙を郵便箱に届けてくれました。さすがうちの子のともだち、できた子です。

 お手紙の中には“ふくびき券”や“クローバー”などうれいアイテムが封入されていいます。“かえる”とともだちが旅先でどんな交流をしてきたのか、想像すると楽しげな光景が目に浮かんでしまいますね。

『旅かえる』
▲ともだちの“まいまい”。うちの子をどうかよろしくね。

忙しいこのご時世だからこそのスローライフ

 「ゲームをプレイする時間がない」、「ゲームに集中できる環境にない」といった、忙しいこのご時世だからこそ、本作をオススメします。いつのまにか帰ってくる自由奔放な“かえる”を眺めることで、きっと日頃の疲れたこころが癒されるでしょう。

 筆者はやはり、自宅で起こす“かえる”のアクションがお気に入りです。ビジュアルで惹かれたことあり、旅をさせないでしばらく“かえる”を眺めてしまったことすらありました。

 自宅の中ではとても愛らしい仕草をするものの、旅の写真では不思議と頼もしい姿を見せる“かえる”。ほんの2分程度で旅のしたくを済ませ、ゆったりとした『旅かえる』ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

『旅かえる』
『旅かえる』

データ

▼『旅かえる』
■メーカー:ヒットポイント
■対応端末:iOS
■ジャンル:SLG
■配信日:2017年12月6日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『旅かえる』
■メーカー:ヒットポイント
■対応端末:Android
■ジャンル:SLG
■配信日:2017年11月23日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『シャドバ』第8弾アディショナルカードを先行公開。“心無き決闘”の評価&使い方は?

  2. 2

    アプリ『ソードアート・オンライン』重大発表ありの生放送を5月21日20時から配信。ゲストは日高里菜さん

  3. 3

    『ますますマンガで分かる! FGO』脅迫ネタに苦慮するアサシン。その理由とは?

  4. 4

    『SAO』新作VRアプリ『ソードアート・オンライン Lovely Honey Days』が発表

  5. 5

    『モンスト』獣神化・天草四郎が持つ新SSの威力に注目。新友情やステータスを確認

  6. 6

    『グラブル』ナルメアの最終上限解放が実装。奥義ダメージを増加させる新アビリティが追加

  7. 7

    『FE ヒーローズ』花嫁姿のサーリャ、ニニアン、サナキが星5ピックアップで登場

  8. 8

    『FGO』“虚月館殺人事件”投票中間結果はあのキャラが70.2%で第1位。投票は5月16日23:59まで

  9. 9

    『SOA』第2部が2018年夏スタート。ウェディングイベントやラジオーシャンコラボも

  10. 10

    『オルサガ』美樹本晴彦氏の描き下ろしUR ヴァレッタ(声優:鬼頭明里)の情報を独占公開

[集計期間:05月15日~05月21日]

ページ
トップへ