News

2018年4月13日(金)

『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスとアトレウスの運命の行方は? ストーリーが気になるトレーラー解禁!

文:電撃オンライン

『ゴッド・オブ・ウォー』は、CERO Z(18歳以上のみ対象)のソフトです。
※18歳未満の方は購入できません。

 SIEは、4月20日に発売するPS4用ソフト『ゴッド・オブ・ウォー』の日本版公式MADトレーラー“レクイエム”神Remixを公開しました。

 『ゴッド・オブ・ウォー』は、伝説のスパルタ兵クレイトスを主人公に、ギリシャ神話を舞台とした壮大な物語や強大な神々とのバトルが好評を博した『GOD OF WAR』シリーズ最新作となるアクションアドベンチャーゲームです。

 本作では、ギリシャから北欧の地へと舞台が変更されている他、俯瞰視点がサードパーソン視点へ変更され、戦闘システムも新しくなり、すべての要素が生まれ変わっています。

 公開されたトレーラーでは、死者を弔うための“レクイエム(鎮魂歌)”の中から、本シリーズの重要なキーワードである“怒り”をテーマにしたヴェルディの『レクイエム「怒りの日」』を選曲。凄腕のミュージシャンらがチームを組みこの楽曲をアレンジし、既に公開されている『ゴッド・オブ・ウォー』の映像を再編集・構成したMADムービーとなっています。

『ゴッド・オブ・ウォー』

 凄腕のミュージシャンたちがアレンジ演奏する“サウンド”と、長年怒りだけに支配されてきたクレイトスの姿、本当の自分は何者か悩む息子アトレウスの“映像”が組み合わさることで、新たに父として息子と旅に出るクレイトスの心の葛藤も、画面越しに伝わってくる内容になっています。

ストーリーボード

 メタルアレンジのヴェルディのレクイエム『怒りの日』が流れる中、「我らはもとより人とは違う」と語る神殺しの父・クレイトスが、自身の内に潜む怒りを激しく敵にぶつける格闘シーンが続きます。そんな中、クレイトスの息子・アトレウスが登場し、「ボクは何者?」、「人間?」、「それとも?」と語ります。

『ゴッド・オブ・ウォー』 『ゴッド・オブ・ウォー』
『ゴッド・オブ・ウォー』

 神を殺した男は、父になれるのか。心に迷いを持った幼い息子は、過酷な旅を全うできるのか。“長年怒りに支配されてきた父・クレイスト”と“自分が何者なのか分からず悩む息子・アトレウス”の2人が向かう北欧神話の旅の運命の行方が気になる映像となっています。

『ゴッド・オブ・ウォー』 『ゴッド・オブ・ウォー』
『ゴッド・オブ・ウォー』

(C)Sony Interactive Entertainment LLC.

データ

▼『ゴッド・オブ・ウォー』
■メーカー:SIE
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2018年4月20日
■希望小売価格:6,900円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ゴッド・オブ・ウォー デジタルデラックス版』
■メーカー:SIE
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションADV
■配信日:2018年4月20日
■価格:7,900円+税
▼『ゴッド・オブ・ウォー(ダウンロード版)』
■メーカー:SIE
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションADV
■配信日:2018年4月20日
■価格:6,900円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。