News

2018年4月20日(金)

『ウィザーズ シンフォニー』シリーズおなじみの“相性”システムなどを紹介。キャラ情報もチェック

文:電撃オンライン

 アークシステムワークスは、2018年発売予定のPS4/Nintendo Switch用ソフト『ウィザーズ シンフォニー』のキャラクター情報とゲーム概要を公開しました。

『ウィザーズ シンフォニー』

 『ウィザーズ シンフォニー』は、1995年より全3作品が発売された『ウィザーズハーモニー』シリーズの最新作。これまでと同様に“剣と魔法のファンタジー世界”を舞台としつつ、ゲームジャンルがADV+育成SLGから“ドラマチックダンジョンRPG”に一新されます。

『ウィザーズ シンフォニー』

ストーリー

 科学よりも、剣と魔法が発達した世界──。

 この世界では、冒険者の増加はとどまることを知らず、それにあわせて、冒険者たちを相手にする商売がにわかにバブルを引き起こしつつあった。

 主人公の青年、アルトの職業である“遺跡ツアー案内人”、通称“コンダクター”たちも、そういったバブルによって生まれたモノの1つである。

 1000年前に一夜にして滅んだとされる魔法王国グランスカの痕跡が残る街“カザン”を舞台に、アルトたちの冒険が始まろうとしていた――。

『ウィザーズ シンフォニー』

キャラクター情報

アルト・トラヴァース(声優:河西健吾)

『ウィザーズ シンフォニー』

 冒険者たちをダンジョンへ案内する職業、“コンダクター”の青年。本作の主人公です。

スピカ・セレスト(声優:東城日沙子)

『ウィザーズ シンフォニー』

 アルトの同僚の女の子。“ディフェンダー”として仲間を守ることに秀でています。

アステル(声優:田澤茉純)

『ウィザーズ シンフォニー』

 跡の中で眠っていた記憶喪失の少女。アルトのことをマスターと呼ぶが……?

メラク・ユルディズ(声優:島田武幸)

『ウィザーズ シンフォニー』

 アルトの同僚の青年。温厚で理知的な性格をしており、突っ走り気味な仲間たちのなだめ役的存在です。

ゲーム概要

キャラクター性を生かしたダンジョンRPG

 本作は戦況に応じてパーティを編成し、ダンジョンを進むダンジョンRPGです。戦闘は、魔法やアイテムなどキャラクターの行動を選択していく、ターン制コマンドバトルとなっています。

 ダンジョンの探索中にはキャラ同士が状況に応じて会話することもあり、キャラクター同士のさまざまな会話が楽しめます。

『ウィザーズ シンフォニー』
『ウィザーズ シンフォニー』

フルボイスで描かれるドラマチックストーリー

 本作のストーリーは、個性豊かな登場人物による、コミカル&シリアスな展開がふんだんに盛り込まれた、剣と魔法の王道ファンタジーとなっています。

 ストーリーはすべてフルボイスに対応。また、mooさんが描く、豊富なイベントイラストが物語を彩ります。

『ウィザーズ シンフォニー』
『ウィザーズ シンフォニー』

シリーズおなじみの“相性”システム

 本作では、初代『ウィザーズハーモニー』からおなじみの“相性”システムも健在です。つねに変動する“キャラクター相性”の状態は戦闘にも影響します。

 また、各キャラクターには“固有のスキル”があり、誰をどう育成していくかがダンジョンの攻略難易度に大きく関わってきます。

『ウィザーズ シンフォニー』
『ウィザーズ シンフォニー』
▲前作のキャラ相性は本作では“ハーモニクス”という形となっています。

(C) ARC SYSTEM WORKS

データ

▼『ウィザーズ シンフォニー』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2018年
■希望小売価格:6,800円+税
▼『ウィザーズ シンフォニー』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:Switch
■ジャンル:RPG
■発売日:2018年
■希望小売価格:6,800円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。