DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > “おれパラ2017”小野大輔さん、鈴村健一さん、森久保祥太郎さん、寺島拓篤さんが観客を魅了! 千秋楽レポ

2018-06-05 20:15

“おれパラ2017”小野大輔さん、鈴村健一さん、森久保祥太郎さん、寺島拓篤さんが観客を魅了! 千秋楽レポ

文:ガルスタオンライン

 “Original Entertainment Paradise -おれパラ- 10th Anniversary ~Welcome to おれたちのパラダイス~” (以下、おれパラ)が2017年12月9日・10日に神戸ワールド記念ホール、23日・24日に両国国技館で開催されました。ガルスタオンラインでは最終日となる12月24日の模様をレポートします。

 開演時間になると、ステージにスタジャンを着た小野大輔さん、鈴村健一さん、森久保祥太郎さん、寺島拓篤さんが登場! 軽快な音楽に乗せ、おなじみとなった「おれパラップ」を歌います。それぞれのソロパートでは、歌詞で自己紹介♪

『おれパラ』レポート

 「納得いくまで帰しま10!」と歌う森久保さんに、悲鳴のような大歓声が上がります。観客と楽しくコール&レスポンスをしたのは鈴村さん。ファンサービスたっぷりな4人のパフォーマンスに、外は極寒でしたが、会場の空気はどんどん暑くなっていきました。

 「今日はクリスマスパーティーです。みんなで騒げー!!」と元気な声をあげたのは、“おれパラ”のホストたちをまとめる2代目リーダーの小野さんです。楽しそうなホストたちに、会場に集まった観客も大歓声を送るのでした。

ソロライブコーナーがスタート!!

 「トップバッターをいただきました(笑)」とはにかんだような顔でステージへ現れたのは鈴村さん。印象的だったのは1曲目の「INTENTION」での1シーン。コールアンドレスポンスをしている際に、ステージへ降り注ぐ観客の大きな声に、鈴村さんがうれしそうに笑顔を弾けさせたこと。

 両国国技館は、ステージを360度囲むように客席があるため、方々からキャストに歓声が飛びます。ファンの声を一身に受けた鈴村さんは、曲が終わると「ありがとう」とつぶやくのでした。

『おれパラ』レポート

 「帰ってきました、両国。ただいま! 10周年の集合体がここにはあります」とMCで鈴村さんが口火を切りました。10年前、音楽活動を始めたばかりだったと懐かしそうに「次の曲は、いろんな困難があっても、前を向いて行こうという思いで作りました。モチーフは岩田光男さんです。

 「今日はこの曲を岩田さんに捧げます」というメッセージで始まったのは「Analog Fighter」。おれパラは、初代リーダー・岩田さんが鈴村さんや森久保さん、小野さんに声をかけて始まった祭典。岩田さんもふくめた5人がおれパラメンバーだということが伝わってくる鈴村さんの言葉に、観客は大声援を送るのでした!

懐かしい雰囲気がただよう楽曲「NAKED MAN」では、ハーモニカーの生演奏も披露♪

 ダンサーと一緒に軽快なステップで観客を魅了したのは寺島さん。「おれパラって、人を変える力があると思うんです。ここまでやって来られたのはファンのみなさんのおかげです」と、弾けるような笑顔を浮かべて観客に語りかけていた姿が印象的でした。

 また「KimiKimiShake ~feat.D~」では、小野さんとのコラボレーションも! スクリーンに小野さんが登場し、歌詞に合わせた動きで会場を盛り上げてくれました♪

『おれパラ』レポート

 続けて始まった「ビビッドナイトフィーバー!」では、スタンドマイクを使った指の動きがとてもセクシーだったり、お尻をフリフリするキュートなダンスなど、シーンごとにまったく異なる雰囲気に変化!! 片時も目が離せない寺島さんのパフォーマンスに、観客はどんどん引き込まれていきます。寺島さんは、ほとんどの曲で激しいダンスを見せてくれました!

『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート

 これまでの会場の雰囲気をガラッと一新させたのは森久保さんでした。ベースやドラムが奏でる重低音が、ハードロックな世界を生み出します。「10年っていうと長いけど、振り返ってみると意外とあっという間だよね!」と明るく観客に問いかけ、男らしさ全開のパフォーマンスを繰り広げていきます。エレキギターをかき鳴らして歌う森久保さん。

『おれパラ』レポート

 10年の間に蓄えられてきたパワーをすべて放出するかのように、とってもエネルギッシュな演奏。曲、歌、仕草。思わず「兄貴!」と呼んでしまいたくなるような、男らしい圧巻のライブパフォーマンスでした。

 3人のホストのライブが終わって始まったのは“おれパラ名場面集”。“おれパラ”といえば、観客も一緒になってキャストの誰かをおどろかせるどっきりがおなじみですが、それの始まりは、2012年だったかも!? な場面が収められた映像をはじめ、2013年からずっと小野さんの楽曲「Kiss Kiss Kiss」に取り憑かれたようにバックヤードで踊り続ける森久保さんなど、ファンにとっても懐かしい名場面の数々に、客席からは何度も笑いが起こります。

 楽しい思い出に浸ったあとは、おれパラ10周年記念スペシャル企画である夢のCOVER企画へ。その名のとおり、ホストメンバーの楽曲を他のホストがカバーするコーナーなのですが、ファンのリクエスト声によってお披露目される曲が決定!

 最終日となる24日は、小野さんの楽曲をほかの3人が歌います。事前アンケートによって決まったのは、鈴村さんが「ヒーロー」。寺島さんが「熱烈 ANSWER」森久保さんが「Kiss Kiss Kiss」。

 鈴村さんはスーツに着替え、さわやかな歌声を会場に響かせます。続く寺島さんは、白ハット+上下白スーツ+ゴージャスな白い羽根のマラボー姿に! 普段小野さんが率いているダンサー・チームDと、完コピしたダンスで観客の心をつかんでいました。名場面でも踊っていた森久保さんは、満を持しての「Kiss Kiss Kiss」。

『おれパラ』レポート

 完コピしたダンスでクールに決めていましたが、終盤から怪人ゾナー(某TV番組で森久保さんが実写で演じていた役)のような雰囲気も飛び出し、森久保節全開に―!! 小野さんの楽曲ではあるものの、キャストごとに見事なアレンジを加え、それぞれの「らしさ」がステキな調味料となり、また新しい曲へと生まれ変わるのでした。

 チームDは、寺島さんとおそろいの黒縁眼鏡をつけて登場。「あの瞬間は、チームDではなく、チームTでした」と、寺島さんは満面の笑みを浮かべていました。

 「歌う意味を教えてくれたのが“おれパラ”です。クリスマスイブの幸せな気分を、もっともっと味わってもらいたい。そんな想いを込めて歌います」と穏やかな笑みを客席に送り、ラストを飾る小野さんのライブがスタート!! 歌っている間、ほぼずっと笑顔だった小野さん。

『おれパラ』レポート

 ビシッとクールに決めるときは、クールな眼差しになりますが、全身から「うれしい!!」という気持ちがあふれ出ているようでした。MCでも「本当にずっとずっと幸せです。多幸感!!」と、何度も言っていました。

 5曲目の「だいすき」では、ペンライトを使った振り付け講座からスタートし、いざライブが始まると、ほかのキャストもステージへ。観客と一丸となってノリノリで踊り、幕は下りました。

 「お前らのことが大好きだー!!」客席に向かって何度も愛を叫ぶ小野さん。2018年は初のソロライブツアーも決まったそうで、とてもうれしそうでした。「来年40歳になるのですが、まだ初めてが残っていました。僕の初めてを見てくれますか?」と問いかけると、観客は小野さん以上に元気な返事をしていました。

 ステージからキャストたちがいなくなると、自然と巻き起こった“おれパラコール”。しばらくするとスクリーンに「10回飛ぶぞと言われたら、最後の10回目でNAHAのポーズ(せんだみつおさんの代表的なネタ「ナハッ」のポーズ)をしてください。キャストのなかで1人だけそのことを知らないので、どっきりを仕掛けます」といった文字が映し出されました。観客は気づかれないようにおれパラコールを続け、その時を待ちます。

『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート

 ほどなくしてライブTシャツに着替えた4人がステージへ。「これから先、10年、20年とおれパラをやりたいです。そんな想いを込めて、今日は僕らからとっておきのプレゼントがあります。俺たちからのクリスマスプレゼントはコレだー!!」と小野さんが叫ぶと、ステージに岩田さんが登場し、5人バージョンの「おれパラップ」がスタート!! まさかのサプライズに、会場には今日1番の歓声が響き渡りました。

『おれパラ』レポート

 パンダがプリントされたピンク色のTシャツを腰に巻いた岩田さん。「どれだけ舐められたんだよ、って感じだよね(笑)」と、上野動物園のパンダ・シャンシャンのネタを盛り込み、笑いを誘うことも忘れません。(※親にたくさん舐めてもらい、愛情を注いでもらった子どものパンダの毛はピンク色になるそうです。ちなみにシャンシャンもピンク色です)

『おれパラ』レポート

 観客から「お帰り!!」と声をかけられると「僕は幸せです、ありがとう!!」と泣きそうな表情に。ラップのあとは、しばらく5人で10年の思い出話に花が咲くのでした。

『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート

 そんな最中、岩田さんから重大発表が! “おれパラ”卒業の際にやりたいと岩田さんが言い続けてきた同世代の声優さんを集めたイベント“おれパラPRESENTS PRECIOUS SMILE NO.1!”の開催を発表。それがついに形となる日が……!! この発表には観客のみならず、他のキャストたちもとってもうれしそうでした。

『おれパラ』レポート

 「でも“おれサマー”(※夏に開催された特別イベント)」も楽しかったから、レギュラーゲストとして毎回呼んで!」と、古巣での参加もお願いするお茶目な岩田さん。そんな初代リーダーに、他のメンバーは「もちろんだよ、いつでもおいで♪」と承諾。またこの5人で歌って踊る姿が、近いうちに見られそうですね!

 最後は、おなじみのテーマ曲「眠るものたちへ」を5人で大熱唱!! ひとりひとりが観客に聞きたいことを交えつつ、コールアンドレスポンスを繰り返し、両国国技館は最高の盛り上がりを見せました。

『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート

 そしていよいよやってきたどっきりの瞬間。内容を知らされていないのは岩田さんでした。観客もふくめ、周囲が全員NAHAのポーズをしていることに気づくと、「バカじゃねーの!?」と大爆笑。お腹を抱えて笑う岩田さんの笑顔に、つられるようにみんなで笑い合い、2017年の“おれパラ”は幕を下ろしました。

 また、8月8日には、10周年を記念したムックの発売も大決定!! これまでキャストたちとともに歩んできた“おれパラ”の歴史を、ぜひ振り返っちゃいましょう♪

『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート

 チームでもあり、家族でもある“おれパラ”のライブ会場には、キャストたちと観客がひとつとなり、とっても温かい空気が生み出されていました。2017年は約5時間にわたって行われた“おれパラ”。11年目以降は、どんな彼らが見られるのか。その日を楽しみに待ちましょう!!

『おれパラ』レポート
『おれパラ』レポート

Blu-ray&DVD特典&ムック本発売決定

 “Original Entertainment Paradise -おれパラ- 2017 10th Anniversary 〜ORE!!SUMMER~&~Welcome to おれたちのパラダイス〜”を下記、対象店舗にて購入すると特典がもらえます。またこの発売に合わせてムック本の発売も決定。

対象商品

<ライブ映像商品>
タイトル:Original Entertainment Paradise -おれパラ- 2017 10th Anniversary ~ORE!!SUMMER〜&~Welcome to おれたちのパラダイス~ Blu-ray BOX【10周年記念初回限定版】
アーティスト:小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤
発売日:2018年8月8日(水)
品番:LABX-38275~38279
税抜価格:20,000円

タイトル:Original Entertainment Paradise -おれパラ- 2017 10th Anniversary ~ORE!!SUMMER~&~Welcome to おれたちのパラダイス〜 Blu-ray【通常版】
アーティスト:小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤
発売日:2018年8月8日(水)
品番:LABX-8275~8278
税抜価格:16,000円

タイトル:Original Entertainment Paradise -おれパラ- 2017 10th Anniversary 〜ORE!!SUMMER~&~Welcome to おれたちのパラダイス~ DVD
アーティスト:小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤
発売日:2018年8月8日(水)
品番:LABM-7262~7265
税抜価格:14,000円

<ムック本>
タイトル:Original Entertainment Paradise -おれパラ- 10th Anniversary FAN BOOK(仮)
発売日:2018年8月8日(水)
POS:4540774000722
税抜価格:3,700円

*現在ムック本の予約はL-MART、アニメイトオンライン、全国アニメイト店頭のみ。

対象法人:特典内容

<ライブ映像商品>
アニメイト:ロゴ使用ブロマイドフォルダ&ライブアーティスト写真使用L判ブロマイド
Amazon:ロゴ使用トートバッグ

<ムック本>
L-MART:新規撮り下ろし写真使用 でか缶バッジ

<ライブ映像商品・ムック本 連動購入特典>
アニメイト:ムック本用撮り下ろし写真使用 L判ブロマイド
L-MART:ムック本用撮り下ろし写真使用 デザインチケット風カード
※特典有無についての詳細は各店舗様へご確認をお願いいたします。
※特典はなくなり次第終了となります。予めご了承ください。

セットリスト
01:NEW おれパラップ/全員
02:INTENTION/鈴村健一
03:home sweet home/鈴村健一
04:Analog Fighter/鈴村健一
05:NAKED MAN/鈴村健一
06:あいうえおんがく/鈴村健一
07:Special Day/寺島拓篤
08:ID/寺島拓篤
09:WHAT A WONDERFUL WORLD!/寺島拓篤
10:KimiKimiShake~feat.D~/寺島拓篤
11:ビビッドナイトフィーバー!/寺島拓篤
12:FIRE/森久保祥太郎
13:Drive me crazy/森久保祥太郎
14:TRY ME/森久保祥太郎
15:Fatboy/森久保祥太郎
16:gravlty/森久保祥太郎

<カバー企画(小野大輔楽曲)>
17:ヒーロー/鈴村健一
18:熱烈 ANSWER/寺島拓篤
19:Kiss Kiss Kiss/森久保祥太郎
20:DELIGHT/小野大輔
21:ROSA ~Blue Ocean~/小野大輔
22:Endless happy world/小野大輔
23:Shinin’ Days/小野大輔
24:だいすき/小野大輔
EN1:IX’mas magic/全員
EN2:おれパラップ/全員
EN3:Galaxy Bus/全員
EN4:眠るものたちへ/全員

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー