総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『グラブル』ナルメアの最終上限解放が実装。奥義ダメージを増加させる新アビリティが追加
2018-05-17 15:40

『グラブル』ナルメアの最終上限解放が実装。奥義ダメージを増加させる新アビリティが追加

文:電撃App

 サイゲームスより配信中のiOS/Android/PC用RPG『グランブルーファンタジー』の公式サイトで、ナルメアの最終上限解放が発表されました。

 ナルメアは、構えで効果が変化するアビリティと“胡蝶刃”の追撃で攻撃役として活躍するキャラクターです。最終上限解放により、攻撃役としての能力だけでなく弱体役としてもパワーアップします。

最終上限解放による強化

 奥義が強化され“胡蝶刃改・源氏舞”、“胡蝶刃改・神楽舞”となります。

 “胡蝶刃改・源氏舞”の効果には闇属性攻撃UPが追加され、さらなるダメージアップを狙えます。“胡蝶刃改・神楽舞”には幻影効果が追加されるので、強力な単体攻撃も華麗にかわすことができます。

Lv90になった際の強化

 サポートアビリティ“鍔迫合”が強化され、一度だけ戦闘不能にならずにHP1で耐える効果が追加されます。不意に大ダメージを受けてしまった時でも一度は耐えることができるので、安心して強敵との戦いに挑めます。

Lv95になった際の強化

 “泡沫夢幻”が強化され両方の構えの能力がパワーアップします。

 源氏の構えの時には、必ず連続攻撃が発生するようになり、“胡蝶刃”の追撃効果や“鏡花水月”の反骨効果と合わせて大ダメージを狙いやすくなります。

 神楽の構えの時には、追加効果が“敵の防御DOWN”になり、敵の防御力をチャージターンにかかわらず大きく下げられるようになります。

Lv100で出現するフェイトエピソードをクリアした際の強化

 新たなアビリティ“胡蝶双舞”が追加されます。本アビリティを使用することで、自分の奥義ダメージと奥義ダメージ上限が上昇し、かつ毎ターン10%奥義ゲージが溜まる高揚効果が3ターンの間かかります。

 さらに、胡蝶双舞効果がつき、次に発動するアビリティが源氏と神楽、両方の構えの効果を発揮します。敵の防御を下げつつ連続攻撃確率も上げたい時や、敵がオーバードライブ状態になったときすぐに“鏡花水月”による反骨効果を得たい時に、“胡蝶双舞”を使うことで臨機応変に対応できます。

データ

▼『グランブルーファンタジー』
■メーカー:Cygames
■対応端末:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2014年3月10日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『グランブルーファンタジー』のダウンロードはこちら
▼『グランブルーファンタジー』
■メーカー:Cygames
■対応端末:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2014年3月10日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『グランブルーファンタジー』のダウンロードはこちら

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』が発表されたイベントの模様が1カ月限定で公開

  2. 2

    『グラブル』キャラソンCD第1弾『キミとボクのミライ』がゴールド認定獲得

  3. 3

    『Fate/stay night HF』第2章の動員・興行収入が週末ランキング1位を獲得。2週目の来場者特典が解禁

  4. 4

    『ハンター×ハンター グリアド』がサービス開始。事前登録報酬としてガシャ13回分のGストーンが配布

  5. 5

    『千銃士』の次回イベントでエセン奪還作戦発動! オスマングループの絆が試される……!!

  6. 6

    『FGO』1月のアプデで強化画面に“英霊結晶”と“叡智の業火星5”の表示追加。強化結果の予測表示も

  7. 7

    『グラブル』スタレジェ10連が1月20日19時から開催。SSRキャラ、武器、召喚石を入手するチャンス!

  8. 8

    『SAO インテグラル・ファクター』バーストスキルの使い心地や、アシスト機能で好きなキャラと冒険した感想をお届け

  9. 9

    英語版『FGO』初のリアルイベントが2月にロサンゼルスで開催。“エクスカリバー・モルガン”が世界初展示

  10. 10

    『FGO』で復刻版『プリズマ☆イリヤ』コラボイベントが1月23日より開催。星4“美遊”が聖晶石召喚に登場

[集計期間:01月15日~01月21日]

ページ
トップへ