News

2018年6月5日(火)

『機動戦士ガンダム』AIで会話の意味や意図を分析するコミュニケーションロボット・ハロが商品化

文:電撃オンライン

 バンダイは、AI(人工知能)を利用し、アニメ『機動戦士ガンダム』に関する会話を楽しむためのコミュニケーションロボット『ガンシェルジュ ハロ』を、“プレミアムバンダイ”で予約販売します。7月下旬から予約開始予定で、価格は149,040円(税込/送料・手数料別途)です。

『ガンシェルジュ ハロ』
『ガンシェルジュ ハロ』

 『ガンシェルジュ』とは、“ガンダム”と“コンシェルジュ”の造語です。本商品は、“アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するマスコットロボット“ハロ”が“もし現代に存在していたら”をテーマにしたAIコミュニケーションロボットです。

 バンダイが企画・販売を行い、日本アイ・ビー・エムが『ガンダム』の内容に特化した会話システムを構築し、VAIO(バイオ)がハロ本体の機構、回路設計と生産を行います。

『ガンシェルジュ ハロ』
『ガンシェルジュ ハロ』
『ガンシェルジュ ハロ』
『ガンシェルジュ ハロ』

 “ハロ”とは、1979年放映開始のTVアニメ『機動戦士ガンダム』に登場し、主人公・アムロがフラウにプレゼントしたペットロボットです。

 球体のボディで転がって移動しますが、収納された手足を使って階段の昇降もできます。簡単な会話や脳波レベル測定も可能です。ホワイトベース内ではキッカたちのペットにされることも。他の『ガンダム』シリーズにも登場する人気キャラクターとなっています。

 本商品最大の特徴は、アニメの世界観に特化した楽しい会話を生み出すところです。ユーザーの発言を音声認識してAIで意味と意図を分析し、“ハロ”の声でデータベースから最適な回答をします。

 キャラクターの台詞や忘れられないシーンなど、『ガンダム』の基本から踏み込んだ内容まで、作品にまつわるさまざまな会話を存分に楽しめます。『ガンシェルジュ ハロ』と会話すればするほど、より深い知識の話題を楽めめます。

 本体の目と口にはLEDを内蔵し、色や点滅で“ハロ”の状態や表情を演出します。また、会話している相手の方向に向きを変えたり前後左右に揺れたりと、アニメと同様の愛らしい動作が再現されています。

『ガンシェルジュ ハロ』
『ガンシェルジュ ハロ』
『ガンシェルジュ ハロ』

 なお、6月7日~10日に東京ビッグサイトで開催される“東京おもちゃショー2018”のバンダイブース内で、本商品の展示、体験会が行われます。(体験会は商談見本市のみ)

商品特徴

 シリーズの原点として、ガンダムファンからもっとも支持されているTVアニメ『機動戦士ガンダム』に関する質問や、登場するキャラクターデータ、名セリフなどの会話やクイズを“ハロ”のイメージそのままの音声で楽しめます。

『ガンシェルジュ ハロ』

 “ハロ”の声は、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN(ジ・オリジン)』などで“ハロ”の声を担当している声優の新井里美(あらいさとみ)さんです。

 音声合成により“ハロ”の声でさまざまな言葉を話します。本体サイズは直径約19cmで、無線LANを使いネットワークに接続することで会話をします。

 ガンダムに関する会話機能以外にも、Bluetoothスピーカー機能・アラーム機能が搭載されています。初期設定や、さまざまな設定を行うために専用のスマートフォンアプリを使用します。

■『ガンシェルジュ ハロ』商品概要
【価格】149,040円(税込/送料・手数料別途)
※サーバー利用料は初回発売月から12ヶ月間は無料の予定です。
※通信費などは、購入者の負担となります。
【予約開始時期】7月下旬予約開始(予定)
【サイズ】約19cm
【重さ】約1.25kg
【動作】前後左右の揺れ、話者方向への旋回
【電池】内蔵充電池(充電用専用ACアダプター付属)
【通信方法】無線LAN(会話にて使用)、Bluetooth(スマートフォンでの設定、スピーカー機能で使用)
【その他機能】外部スピーカー機能(Bluetooth接続)、アラーム機能
※BluetoothはBluetooth SIG, inc.の登録商標です。
※ハロをサーバーにつなぐため無線LAN環境が必要です。
※無線LANを使いサーバーに接続することで会話をします。
※商品のお届け時期は7月下旬の予約開始時に案内されます。
【セット内容】
ハロ本体
クレイドル(充電時用の台座)
専用ACアダプター
専用USBケーブル
取扱説明書
【開発・協力企業】
バンダイ:商品企画、発売元
バンダイナムコスタジオ:遊び方、演出をバンダイと共同で企画
【協力】
日本アイ・ビー・エム:アニメ『機動戦士ガンダム』の内容に特化した、会話AI(人工知能))システム開発支援
VAIO:ハロ本体の機構、回路設計及び生産

※内容は2018年6月4日のものであり、予告なく変更される場合があります。
※画像は試作品、CG、イメージを含みます。
※画像は、実際の商品とは異なる場合があります。
(C)創通・サンライズ

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。