総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『東方Project』のLINEスタンプが“LINE Creators Collaboration”第1弾として登場
2018-06-05 11:00

『東方Project』のLINEスタンプが“LINE Creators Collaboration”第1弾として登場

文:電撃App

 LINEは、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム“LINE Creators Market”で、『東方Project』のLINEスタンプを販売開始しました。

『東方Project』

 “LINE Creators Market”は、世界中のLINE ユーザーがLINEスタンプ/着せかえを制作・販売することができるプラットフォームです。2014年5月より審査済みスタンプの販売開始以降、販売中のスタンプは130万セットを突破、登録クリエイター数は150万人を突破(5月時点)するなど、クリエイターの創作活動の場として成長を続けています。

 4月に発表された“LINE Creators Collaboration”は、クリエイターの日々の表現の幅をさらに拡げることを目的に権利者からLINEスタンプにすることへの仕様許諾を得たキャラクターのLINEクリエイターズスタンプを制作・販売が可能となるプロジェクトです。

 同人サークル“上海アリス幻樂団”の『東方Project』のキャラクターを使用したLINEスタンプは、“LINE Creators Collaboration”の第1弾コラボレーションスタンプとなっています。

 『東方Project』は、ファンによる作品制作が盛んで多くの人に親しまれており、さまざまなクリエイターがLINEスタンプを申請しています。“LINE Creators Collaboration”の詳細は、特設ページをご確認ください。

販売されているスタンプ(一例)

『東方Project』
『東方Project』
『東方Project』

■“LINE Creators Collaboration”第1弾概要
【コラボレーション先】『東方Project』(上海アリス幻樂団)
【LINEスタンプ審査受付期間】4月27日10:00より
【LINEスタンプ販売可能期間】6月1日11:00~2019年5月31日23:59
【販売可能LINEスタンプ数】8個より
【販売可能LINEスタンプ価格】120円より
スタンプの応募は特設サイトをご確認ください。
※第1弾コラボレーションの審査期間は2019年5月末まで続き、審査を終えたスタンプが順次発売されます。
※期間は変更になる可能性があります。期間終了後は自動的に販売停止となり、その後の販売再開も不可となります。販売期間内に購入したスタンプは、期間終了後も使用可能です。

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『シャドバ』アディショナルカード“巨人殺しの剣士”、“オリハルコンゴーレム”を独占公開

  2. 2

    『白猫』×『モンスト』コラボが決定。登場する神威のイラストを独占公開

  3. 3

    『刀剣乱舞-ONLINE-』の水分量で発色が変わる鶴丸国永や小狐丸などの“艶彩リップグロス”の予約受付開始!

  4. 4

    【11月第1週のまとめ記事】『DQM』シリーズ最新作開発決定や『FGO』×ローソンコラボ店舗レポ

  5. 5

    『夏目友人帳』ニャンコ先生の鍋でほっこり。“キッチン”がテーマの一番くじラインナップ紹介

  6. 6

    【ぶくスタ第32回】忍とリスのこの秋一番ハートフル(?)ストーリー!

  7. 7

    『千銃士』の次回イベントでは死闘の狭間、貴銃士たちがピンチに陥る!! 新たな現代銃も登場……!?

  8. 8

    『ハンター×ハンター グリアド』の紹介PVが配信。バトルや育成システムの詳細をチェック

  9. 9

    『白猫テニス』×『このすば2』コラボでアクア(声優:雨宮天)やめぐみん(声優:高橋李依)が登場

  10. 10

    『FGO』“復刻:冥界のメリークリスマス”が11月14日より開催。イベント限定サーヴァントの再入手特典追加

[集計期間:11月11日~11月17日]

ページ
トップへ