News

2018年6月8日(金)

Switch『Lanota』が6月14日に配信。絵本の世界がモチーフの新感覚リズムゲーム

文:電撃オンライン

 フライハイワークスは、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『Lanota』を、6月14日にeショップで配信します。価格は1,500円(税込)です。

『Lanota』

 本作は、台湾の音楽ゲームベテランプレイヤーたちが立ち上げた開発チームが贈る、新感覚絵本風リズムゲームです。

 アーケードゲームレベルの演出と楽曲に加え、温かみのある絵本のような世界観の中を冒険でき、本格的なリズムゲームを楽しめます。舞台は、原因不明の異変が各地で起こり、色も音も失ってしまった……とある世界。プレイヤーは主人公たちとなって地図を探索し、音楽ゲームによる“調律”を用いて各地の生気を取り戻す旅に出ます。

 絵本に描かれた色々な場所で進行していく物語とともに、さまざまなアイテムと楽曲を集めます。円盤の中心から出現するノーツをタイミングよくタップし、タップ、ホールド、スライドを駆使し、完璧なハーモニーを奏でましょう。

『Lanota』紹介映像

『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』

ゲームの特徴

 本作には、豪華アーティストによる書き下ろし楽曲を含む73曲の楽曲が登場します。円盤型のユニークなインターフェース選べるでプレイでき、4種類15段階の難易度が用意されています。温かみのある、絵本によるストーリーテリングが展開されます。

『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』
『Lanota』 『Lanota』

ストーリー

 「人々は聖なる沈黙の中で歴史を学ぶ」。我々の住んでいる世界とは似ているが、まったく別の世界でのお話──。250年前、世界はアル・ニエンテの災いにより、世界は色と音を失う。

 世界を元に戻すためには、いにしえの人々が作り出したエネルギー濃縮体“ノタリウム”だけが必要だ。しかし現代の技術では、未だこの人工物質を精製する方法は見つかっていない。

 今の世界を保ちながら元の姿を取り戻すには、世界中に残されているノタリウムを再利用するしかない。本作の主人公、フィシカとリツモは“ノタリウム調律装置”を用いて、世界中に散らばっているノタリウムを“カオティック”状態から“ハーモナイズド”状態に戻すことにより、多彩な世界を取り戻せるのか……?

キャラクター紹介

フィシカ

『Lanota』
年齢17歳
身長171cm
体重秘密

「私は信じている。音律に祝福されているあなたなら、必ずまた、この世界に秩序をもたらすことが出来ると……」

 家は代々ノタリウム管理局の研究員で、1人っ子で寡黙な性格。よく物思いにふけっている様子で、人に何を考えているのか分からない印象を与えるが、頭脳明晰で、口を開く時はいつも問題の核心を鋭く突く。

 幼いころからその聡明さを発揮し、14歳で学業を終わらせるとすぐノタリウム管理局の元で独自に研究を始める。それゆえに、周りにはリツモ以外の友人はほぼいない。趣味は読書と料理。特に、自分でラタトゥイユを作って研究室の外でランチをすること。

リツモ

『Lanota』
年齢17歳
身長169cm
体重55kg

「僕は“スターライトシューター”リツモだ!」

 音楽家の両親を持つ2人兄弟の次男。兄の音楽に関する才能は親譲りで、ヴァイオリンの腕は秀でている。

 リツモからはまだその才能を見出されていないが、本人はそれに対してあまり気にていない様子。明るくて率直で、いつもノーテンキに見えるが、実際は周りに気配りのできる思いやりのある好青年。

 幼いころから学校の退屈な授業が苦手で、よくサボって曲を作ったり、フィシカを誘って遊んだりする(いつも断られるが)。一番の趣味はリュートを使って即興で弾き語りをすること。

Nintendo Switch版で先行プレイできる楽曲が収録

『MariannE(Lanota Edit)』(作曲:Yooh)

『Lanota』

『New World feat. Hitomi Takahashi』(作曲:Heart’s Cry)

『Lanota』

データ

▼『Lanota』
■メーカー:フライハイワークス
■対応機種:Nintendo Switch
■ジャンル:リズム
■発売日:2018年6月14日
■価格:1,500円(税込)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。