DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 木内秀信さんと津田健次郎さんのトークショー『朝ナニ』に江口拓也さんがゲストで登場

2018-06-12 21:15

木内秀信さんと津田健次郎さんのトークショー『朝ナニ』に江口拓也さんがゲストで登場

文:ガルスタオンライン

 木内秀信さんと津田健次郎さんがひたすら喋るだけのトークイベント“朝ナニ”。台本無し、コーナー無し、トークテーマもその場で決まっていくという文字通りのフリートークイベントが、5月13日に品川インターシティホールで開催されました。

「朝ナニ」レポート

 記念すべき10回目ということで、初のゲストを迎えての公演が実現! 第一回目は鈴村健一さん、第二回目は江口拓也さん、第三回目は細谷佳正さんと豪華な顔ぶれ。ここでは第二回目公演の江口拓也さんの回の模様をお届けします。

朝ナニとは?

 まずは“朝ナニ”の意味からご説明。ラジオから始まった“夜チラ”“昼ダラ”、そしてトークイベント“朝ナニ”、と歴史あるこのイベント。「朝は何にしようか?」と木内さんと津田さんが話していたところ、「朝ナニでいいんじゃない?」という様子でゆるく決まったそう。

 朝昼夜ときたので、もう終わるね、という冗談を言いながら会場をわかせる津田さん。次はどんな名前になるのでしょうか?

木内さんと江口さんはもとご近所さん!?

 昔、木内さんと江口さんはすごく近所に住んでいたというお話に。しかし、江口さんは最寄りを使わなかったそう。その理由は、響きが別の路線のほうが好きで、そちらの電車に乗ると、東京に住んでいる感じがしたからだそうです(笑)。

「朝ナニ」レポート

 そこで話は電車の話題になり“京王新線”と“京王線”の間違えやすさや、扉が開くときに駅名を表示してくれない都内の電車の不親切さ、ヘッドフォンの音量に関しての放送は当の本人には聞こえていない矛盾など、どうでも良い熱いトークが繰り広げられました。会場にも同感する方が多く、大盛り上がり!

「朝ナニ」レポート
「朝ナニ」レポート
「朝ナニ」レポート

収集癖から宇宙の話へ

 その後、アプリでキャラクターを集めることの楽しさについて語る木内さんの話を聞き、江口さんは給食の牛乳瓶のフタを集めていたという話に。対して津田さんは、集めることに関してそこまででもない様子。

 幼少期ジャカルタに住んでいたからだ、と木内さんに強引に理由付けされていました(笑)。すると、江口さんが宇宙の話を繰り広げます。UFOや宇宙人を信じるかどうかと二人に問いますが、というのも江口さんは高校生のころUFOを見たことがあるそう。しかし、それを操縦しているのは宇宙人ではなく地球人だと言い張る江口さん。

「朝ナニ」レポート
「朝ナニ」レポート
「朝ナニ」レポート

 茨城なので、きっと田舎の広い土地で実験されているんだと話していました。木内さんも親友からUFOを見たという話を聞いたことがあるそう。津田さんは五分五分で信じていると話していましたが、会場の誰よりも江口さんの話を興味深そうに聞いていました。

「朝ナニ」レポート
「朝ナニ」レポート
「朝ナニ」レポート

身体は会社と一緒?

 最後は、身体についてのお話に。身体は、今まで脳が司令を送っていたと言われていたのに、実はそうではなかったと話す木内さん。どうやら、臓器ごとに司令塔の役割をするものがあるそうです。

 腎臓さんが肝臓さんに話しかけたりするんだと木内さんが話すと、何故か津田さんが臓器を社長、部長、課長と例え始めます。何故会社に例えた(笑)? 消化器部の胃課長、小腸部長、大腸課長……などと3人で楽しげにカテゴリを分けていました。

「朝ナニ」レポート

 そして、木内さんの話によると、身体の中では社長(脳)を通さずに課長同士で解決したりすることもあるのだそうです。すると「社長はお飾り!?」と津田さんが怒り、会場は大笑い! そして、派閥争いがあると病気になる、だからストレスはためないようにねと話す木内さん。身体も会社も一緒か、津田さんがきれいにまとめ、2時間続いたトークショーはあっという間に閉幕!

「朝ナニ」レポート
「朝ナニ」レポート

 終始イベント中に江口さんはとても“朝ナニ”、向きだと木内さんから褒められていました(笑)。どうでもいい内容のシュールなトークが癖になる“朝ナニ”、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー