総合 > 電撃App > 記事一覧 > 【おすすめDLゲーム】『カミオリ』のスワイプで“紙を折る”というパズル体験に膝を打つ
2018-06-26 00:00

【おすすめDLゲーム】『カミオリ』のスワイプで“紙を折る”というパズル体験に膝を打つ

文:キャナ☆メン

 ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する“おすすめDLゲーム”連載。今回は、TeamOrigamiが開発したiOS/Android用パズルゲーム『カミオリ』のプレイレポートをお届けします。

『カミオリ』

 『カミオリ』は、紙を折るようにステージの画面を折り、それによってギミックを攻略していく新しいパズル性を楽しめる国産インディータイトルです。

 文章だけだとピンと来ないかもしれませんが、スワイプによる操作と“紙を折る”という体験がとてもマッチして、非常にユニークなおもしろさを感じるゲームになっています。

『カミオリ』
▲プレイすると納得のシステムなので、すぐに慣れるはず。

 また、和風の世界観を演出するビジュアルや音楽も魅力的。少女のかわいらしいイラストや心温まるストーリーと相まって、プレイしているうちに自然と心が和むでしょう。

 そんな真新しさと癒やしのゲーム体験を兼ね備えた『カミオリ』の魅力を、メインとなるストーリーモードを軸にお伝えしていきます。

『カミオリ』
▲かわいい女の子たちが登場するのも本作の魅力の1つ。

自由な発想で“紙を折る”おもしろさ

 ストーリーモードは、物語に沿って順に出現するステージを攻略していく形で、各ステージとも主人公を操作してゴールにたどり着ければクリアです。

『カミオリ』
▲室町時代の山村のような風景をした異世界。マス目はパズルのステージです。

 特徴的なのは、ステージを構成する各画面が1枚の紙に見立てられていることでしょう。

 さらにステージ内にはハンコ型の赤い足場が存在し、“紙を折る”ようにスワイプ操作で画面を折ると、ハンコを押すように足場がコピーされ、新たな足場が道を作る仕組みになっています。

『カミオリ』
▲画面の左側にはハンコ型の足場があり、主人公の右側にはジャンプで飛び越せない奈落が……。
『カミオリ』
▲左から右にスワイプすると、赤い丸と丸で結ばれた線を折り目にして、紙のように画面を折ります。
『カミオリ』
▲すると、ハンコ型の足場が折り目の逆側にコピーされます。これでジャンプして進めるように!

 画面を折るための“折り目”は、プレイヤーが任意に決められるので、自由な発想でハンコをコピーできるのがおもしろい点です。

 プレイしていると、「もしかしたら、これは想定とは違う攻略法かも……?」なんて思う時もあります。

 また、折るとコピーできるものは足場だけとは限らず、爆弾に着火できる種火やワープホールなど、ゲームを進めることで増えていきます。足場の使い方もバリエーションが出てくるので、“紙を折る”という独自のゲーム性をいろいろな形で楽しめるでしょう。

『カミオリ』
▲シチュエーションの多彩さが、ストーリーモードのいいところです。

少女の記憶をたどる物語

 パズルゲームの本作ですが、随所にイベントCGが挿入されるなど、テキストアドベンチャー風にストーリーをしっかりと楽しめるのも魅力です。

『カミオリ』
▲主人公のくれはちゃん。イベントシーンでは、登場人物のかわいい姿をじっくり堪能できます。

 物語の舞台は、まるで紙で作られたかに見える不思議な異世界“ジンギ界”。その場所で記憶をなくして目覚める少女の“一条くれは”が、ゲームの主人公となります。

 彼女は、妖精のような姿をした女の子“ハル”と出会い、元の世界へ帰るため、キオクの灯籠があるジンギ殿をめぐって記憶を取り戻していきます。

『カミオリ』
▲巫女服を着て目覚めるくれはちゃん。彼女の記憶を取り戻すのがストーリーの目的に。
『カミオリ』
▲ハルは、ジンギ界の主である“オリガミ様”の使い。画面を“折る”ことができるのも彼女の力です。

 くれはが記憶を取り戻すたび、謎が1つ1つ明らかになっていくストーリーは、伏線からあれこれ先を想像しながら、彼女と同じ目線で物語を追うことができ、主人公に共感できるのがいいところ。

 また、ジンギ殿のステージはちょっとした探索ができる広さになっていて、そこにはシナリオにかかわるコレクション要素が存在するのも楽しめるポイントです。物語とゲームプレイがリンクしたおもしろさになっています。

『カミオリ』
▲各地のジンギ殿に配置された勾玉。集めると、くれはのさらなる記憶が……。

 ストーリーについて具体的な内容を書くことはしませんが、プレイの最後には温かな気分にさせてくれるゲームだと思います。

パズルとアドベンチャー、1粒で2度おいしい

 『カミオリ』は、“紙を折る”というゲーム性とスマホというデバイスの相性がよく、目の付けどころがすばらしいゲームだと思います。

 ストーリーモード以外にやり込み用のトライアルモードもあり、こちらは本編とは異なる内容のステージをサクサク遊べるので、外出時のプレイに最適でしょう。

『カミオリ』
▲トライアルモードは、各ステージが1つの画面で完結するので、すき間の時間にプレイしやすいです。

 ユニークなゲーム性だけでなく、女の子をかわいく描いたイラストやストーリーに癒されるのもポイントです。

 パズルとアドベンチャー、1粒で2度おいしいゲームになっているので、興味を引かれた人はダウンロードしてみては?

データ

▼『カミオリ』
■メーカー:Hanaji Games
■対応機種:iOS
■ジャンル:パズル
■配信日:2018年5月31日
■価格:360円(税込)
※開発:TeamOrigami
▼『カミオリ』
■メーカー:Hanaji Games
■対応機種:Android
■ジャンル:パズル
■配信日:2018年5月31日
■価格:360円(税込)
※開発:TeamOrigami

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『SAO フェイタル・バレット』サチが登場する新大型拡張DLC“雪原の歌姫”やSwitch版が発表【TGS2018】

  2. 2

    “『龍が如く』シリーズ キャラクター総選挙”中間結果発表! 1位はやっぱりあの兄さん!?【TGS2018】

  3. 3

    『ロマンシング サガ リ・ユニバース』は『サガ』らしい手ごたえあるRPGに【TGS2018】

  4. 4

    【FGO攻略】“バトル・イン・ニューヨーク 2018”のイベントクエストを解説(随時更新)

  5. 5

    『ロマンシング サガ』の完全新作『ロマサガRS』とHDリマスター版『ロマサガ3』が発表

  6. 6

    『FGO』“バトル・イン・ニューヨーク”の詳細が公開。ギルガメッシュ(アーチャー)のピックアップ召喚開催

  7. 7

    『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズ5周年スペシャルステージの模様が9月22日14:45から配信

  8. 8

    『SAO IF』や『メモデフ』にアニメ『SAO アリシゼーション』との連動要素が追加【TGS2018】

  9. 9

    『遊戯王 デュエルリンクス』に9月25日より『5D’s』のワールドが登場。新要素“シンクロ召喚”が追加

  10. 10

    『SAO インテグラル・ファクター』ユーザーアンケート結果が到着。さまざまな要望に竹内Pの答えは?

[集計期間:09月18日~09月24日]

ページ
トップへ