News

2018年7月5日(木)

PS4『ボーダーブレイク』実物大プラモデルのランナーが新宿駅に登場! 青木Pのプラモインタビューも掲載

文:電撃PlayStation

 セガ・インタラクティブが贈る、PS4向け10vs10の対戦ロボットアクション『BORDER BREAK』。本作に登場するブライト・ランナー“輝星・空式”の実物大プラモデルのランナーが7月8日(日)まで新宿駅に出現中です。

『BORDER BREAK』
 

 このブラスト・ランナーのプラモデルは、セガ・インタラクティブが、プラモデルやフィギュアの製造・販売を行う株式会社壽屋(コトブキヤ)とタッグを組んで実現したもの。

 壽屋によると、完成形は約5mとなり史上最大とのこと。ランナーの後ろの壁には、ツイッターで募集したプレイヤーの声が掲載されており、『BORDER BREAK』への熱い想いや思い出を感じることができます。

※ランナー……プラモデルのパーツが枠に繋がった状態の部品のこと

『BORDER BREAK』
『BORDER BREAK』
『BORDER BREAK』
『BORDER BREAK』
『BORDER BREAK』
▲細部までこだわったクオリティの高いプラモデルのランナーは、ファン必見です!

巨大パーツを切り取るイベントが開催!

 7月4日(水)には、パーツを切り取るイベントがメディア向けに行われ、多くの人が一目見ようと駆けつけました。担当ライターが切り取ったのは、タイヤ部分。大きなニッパーを使用して切っていくのですが、さすがは巨大プラモデル……手強い。かなりの力が必要でした。切れる瞬間には「バチンッ」と大きな音が!

 7月6日(金)14:00~15:00と7月8日(日)14:00~15:00には、作業員によるパーツ切り取りパフォーマンスがあるので、気になる方はぜひ。

 
『BORDER BREAK』
『BORDER BREAK』
▲タイヤひとつでこの大きさです!
『BORDER BREAK』
▲切り取ったパーツの後ろの部分には、白色の文字でプレイヤーの声が書かれていました。

青木プロデューサーにインタビュー!

 パーツ切り取りイベントには、本作のプロデューサー青木盛治氏も来ていました。そこで、今回のプラモデルに関する気になることをいろいろ聞いてみました!

『BORDER BREAK』
▲巨大ニッパーを手にする青木プロデューサー。

――どういう経緯で等身大のプラモデルの企画が立ち上がったのでしょうか?

青木盛治氏(以下、敬称略):「プラモデルが作りたい!」が先ではなくて、「実物大を作りたい!」というのをアーケードゲームの頃からずっと考えていました。そして、今回PS4で発売するこのタイミングしかないと考え、実行に移しました。そのあとに、プラモデルにすることや、組み立てる工程を演出するというアイデアをいただいて、このような形でイベントが実現しました。

――制作期間やコストなどはどのくらいかかりましたか?

青木:コストは具体的には言えませんが、とにかくめっちゃかかりました(笑)。制作のお話は1年以上前から進んでいましたね。

――この巨大プラモ、一般販売の予定はありますか?

青木:あるわけないです。家に置けないでしょ(笑)!? サイズが5メートルくらいですからね。

――パーツはどのくらいあるのでしょうか?

青木:200パーツほどですね。今ここに展示してあるものは全体の10分の1くらいです。

――組み立てたものはいつ頃見ることができますか?

青木:じつは新宿駅に飾らないパーツは、すでに組み立てています。もちろん、着色もしますので楽しみにしていてください。ゲームのリリースに間に合わせて展示したいなと考えていすので、急ピッチで作業しています!

――塗料やセメダインの量が恐ろしいことになりそうですね。

青木:そうなんですよ(笑)。

――それでは、ツイッターで募集した言葉(ランナーの後ろにあるメッセージ群)の中で、印象的だったものはありますか?

青木:“24時間戦いたい”とかですね。これからはゲームセンターの閉店時間を気にせずに遊べますよ!

――今回のプロジェクトで印象深かったことは?

青木:この新宿駅のプラモデルの展示ができあがったときです。日曜の夜の終電から始発の間に寝ずに作業して、完成したものを見たときには「ここから、始まっていくんだな」と感慨深いものがありました。

――最後にメッセージをお願いします!

青木:PS4を持ってさえいれば基本無料で遊べるので、アーケードのプレイヤーさんはもちろん、プレイしたことがない方もまずは遊んでみてください!

 この展示は、7月8日(日)まで開催されているので、気になっている人は新宿駅に行ってみよう。

PS4版『BORDER BREAK』1/1プラモデル プロジェクト

出現期間:2018年7月2日(月)~7月8日(日)
出現場所:東京メトロ新宿駅 スーパープレミアムボード

※番組内容は予告なく変更される場合があります

(C)SEGA

データ

▼『ボーダーブレイク スターターパック』
■メーカー:セガ・インタラクティブ
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2018年8月2日
■希望小売価格:4,990円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ボーダーブレイク スターターパック(ダウンロード版)』
■メーカー:セガ・インタラクティブ
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■配信日:2018年8月2日
■価格:4,990円+税

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.667

    電撃PlayStation Vol.667表紙画像

    [ 10月号 ] 2018年8月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙】勇者ネプテューヌ
    【冊子付録】英雄伝説 閃の軌跡IV
    【毎号付録】デンプレコミック #21
    【Visual Gallery】NOCO’S Art Works
    【特集】ネルケと伝説の錬金術士たち
     Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)
     PlayStation 5億台突破の軌跡
     歴代表紙タイトルの“今” [ Vol.223-444 ]
    【POWER PUSH】勇者ネプ / SAO FB
    【電撃特報】ラピス・リ・アビス
    【MONTHLY DEEP】うたわれるもの斬
     無双OROCHI3 / ANUBIS Z.O.E:M∀RS
    【BRAND NEW】CRYSTAR -クライスタ-
     ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮
     CoD:BO4 / コナン アウトキャスト
    【Online】バトオペ2 / ボーダーブレイク
     Destiny2 / FFXIV / FFXI / PSO2
    【電子書籍データ付録】電撃PS Vol.1
     ワイルドアームズ 10th 特別編集版
    【コード付録】DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら