News

2018年7月8日(日)

【ガンソク】超強力な新ユニット“フェデリコ搭乗鹵獲ザク”&“ヒルドルブ”を評価

文:栗田親方

 バンダイナムコエンターテインメントから配信中のiOS/Android用アプリ『機動戦士ガンダム 即応戦線(略称:ガンソク)』。本記事では、6月28日に追加された最新のURユニット“フェデリコ搭乗鹵獲ザク【射撃】”と“ヒルドルブ【特射】”の性能を評価しています。

【『ガンダム即応戦線(ガンソク)』とは】

 アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズにおける「一年戦争」にスポットをあてた、対戦型リアルタイムガンダムバトル!

 プレイヤーは、「地球連邦軍」/「ジオン公国軍」どちらかの陣営を選び、所属する軍の指揮官となり、オンラインで友達と同時対戦できるゲーム。

どちらもEN3とは思えないコスパを誇る優秀なユニット!

 さっそく結論から言いますと、攻略wiki班の評価は下記のとおり。どちらも機動ユニットとしてはトップクラスの「9.5点」という評価点に落ち着きました。

 性能も用途もまったく異なるユニットですが、それぞれEN3にしては破格のスペックを持っており、どんなデッキに入れても役割を持てる汎用性を高く評価しております。

フェデリコ搭乗鹵獲ザク 評価点:9.5

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』

■フェデリコ搭乗鹵獲ザク【射撃】の特徴

・EN3で5機+1機のユニットを活用できる、コスパに優れたユニット

・フェデリコ搭乗鹵獲ザク【射撃】を中心に、前方にザクII【格闘】を2体、後方に61式戦車を2体、X字型に配備する

・フェデリコ搭乗鹵獲ザク【射撃】のHPが0になると、【格闘】ユニットとして復活する

・フェデリコ搭乗鹵獲ザク【格闘】の、範囲内の敵の攻撃間隔を60%低下させるアビリティ・が強力

・フェデリコ搭乗鹵獲ザク【格闘】は移動速度が遅いもののDPSが非常に高い

【ユニットデータ&詳細解説】フェデリコ搭乗鹵獲ザク【射撃】

ヒルドルブ【特射】 評価点:9.5

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』

■ヒルドルブ【特射】の特徴

・射程50と長く、攻撃間隔の速い地上空中両対応の小範囲攻撃が可能

・HPが低く打たれ弱い

・一定距離移動後、焼夷弾を放ち継続的な範囲攻撃(倍率0.6✕9、攻撃範囲3.2)を繰り出す

・索敵範囲が広い

・HPが0になると、ヒルドルブ【射撃】として復活する

・ヒルドルブ【射撃】は、射程こそ短いがさらに攻撃間隔が速くなり、DPSに優れる

・ヒルドルブ【射撃】は、自身を中心に範囲を展開し、範囲内の敵ユニット及び拠点ダメージを60%を低下させる

【ユニットデータ&詳細解説】ヒルドルブ【特射】

※評価点は編集部独自の基準で判定したものです。

※よりプレイを重ねて評価が変わった場合は、【ユニットデータ&詳細解説】のページを修正いたします。

攻略wiki班が評価点を決める際の座談会をレポート

 結果発表は上記の通りですが、ここからは評価点を決めた際の座談会の内容をお伝えします。興味のある方は方はこちらもチェックしてみてください。

■ユニットを評価した攻略wiki班のメンバー

【連邦軍】

シワサン:手堅い防御からのカウンターを得意とする堅実派。若さに似合わぬ老獪な戦術を得意とする。

栗田親方:“やられる前にやる”を最優先とする攻撃的なスタイルを好む、アグレッシブなロートルゲーマー。

【ジオン軍】

ワカト:ユニット性能の分析力が高く、理論的な戦術の構築に長ける。バランスよくさまざまなデッキを使いこなす技巧派。

闇よだれ:カタログスペックよりも実際の使用感を重視する実戦派。ユニットの“強さ”に関する嗅覚は攻略班でも随一。

【連邦】“フェデリコ搭乗鹵獲ザク”は戦車大隊の強化版!?

栗田親方:まず最初に言わせてもらうと、これは強い! マジで強い!!

シワサン:強いですねえ。可能性しかない(笑)。

栗田親方:ざっくりの印象としては、多弾頭ミサイルx3で死なない戦車大隊かな。もちろんユニット数とか個々の性能は全然違うんだけど、役割が近いという意味で。

シワサン:高耐久の単体ユニット対策とか、味方の盾役が拠点に接近したあとの火力支援とか、活躍するポイントが近いっすね。ユニット数は戦車大隊より少ないけど、前方に出現する2体の格闘ザクのレベルが「本体レベル+5」と高く設定されているので、耐久力も火力もこちらのほうが上かなと。

ワカト:やられる側としては、あのX字型の配置が嫌なんですよね~。フェデリコザクを中心に配置されるから、最前線に置かれたときに2体の格闘ザクがかなり拠点に近いんですよ。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲前方に格闘ザク×2、後方に61式戦車×2というX字型の陣形も強み。

闇よだれ:あれヤバいよね。さらに“散開指令”とか使われるとたいへんなことになる(笑)。

ワカト:そうなんですよ~。散開で一気に攻め込まれると、一瞬で拠点が溶けますからね……。1回撃破すると出てくるゾンビみたいなザクがすげえ強いし。なんかフラフラ近寄ってきて怖いし。

シワサン:あの歩き方は確かにゾンビっぽいすね(笑)。攻撃モーションはラッコっぽくてかわいいけど。

栗田親方:かわいいの!? 確かに両手でポコポコ叩く動きはそれっぽい気もするけど……、かなり凶悪なラッコやね(笑)。

ワカト:見た目はさておき、実際にゾンビ状態のDPSがめちゃめちゃ高いんですよね。しかもデバフで周囲の敵ユニットの攻撃速度を60%落とせるので、ジャミングと合わせるのも超有効。後ろの61式戦車はともかく、前の格闘ザクが生きてたら一瞬で拠点を持っていかれますわ~。

闇よだれ:HPが低くてもろい以外に目立った弱点はないから、カレン機とかの奇襲系ユニットでターゲットをとってから送り込むのがお手軽で強いよね。「カレン→フェデリコ→散開指令→ジャミング」のコンボはわりと鉄板。

栗田親方:フェデリコザクのちょい下で散開指令を使えば、前にいる3機を一気に拠点に突っ込ませられるね。後ろの61式戦車はやや置いてきぼりだけど、横に広がったりして案外悪くない感じになる。

シワサン:ちょっと前のユニット調整で強化されたピクシーを拠点に突っ込ませてから出すのも強いっすね。手堅くジムコマを進ませてからでもいいですし。何しろ汎用性が高くて、どんなデッキに入れても活躍できるんじゃないすかね。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲盾役とセットで拠点に送り込めば、ものの数秒で一気に撃破することも可能。

栗田親方:一応、弱点としては遠距離からの範囲攻撃があるんだけど、そこさえケアすれば、相手はEN3以下で止めれないんじゃないかな?

闇よだれ:戦車大隊はEN2の多弾頭ミサイルx3でコスト勝ちできるけど、フェデリコにはEN4のゲリラ作戦や爆撃要請を使うしかない。しかも爆撃要請だとゾンビ部分は生き残るし。

シワサン:あとは、戦車大隊と違ってフェデリコザクが対空攻撃できるので、意外と戦闘ヘリとかに撃ち勝ったりするんすよ。もしかしたら同コストのマゼラアタック施設とかで対処できるかもしれないけど、基本的には出し得なユニットかと。

ワカト:いや~、ヘリにも勝つとかマジきついですわ。ジオンの格闘ザク×3も十分強いですけど、確実にその上なんじゃないですかね~。

栗田親方:さすがに10点はないかもしれないけど、最低でも9.0、汎用性を考慮すると9.5の超強力ユニットってところかな? うむ、連邦やっててよかった(笑)。

闇よだれ:いやいや、ヒルドルブもかなりヤバいんで大丈夫です(ニッコリ)。というわけで、次はジオン側の評価にいきましょうか。

【ジオン】“ヒルドルブ”は小規模のゲリラ作戦をばら撒く“焼夷弾”が強い!

闇よだれ:フェデリコとはまったく違う性能だけど、こっちもかなりの強ユニット。アビリティの“焼夷弾”がちょっとしたゲリラ作戦みたいな範囲攻撃なので、特に連邦が得意とする小型複数ユニットを処理できるのが最大のウリかなと。もちろんフェデリコにも有効です(笑)。

ワカト:射程も50と長いので、HPの低さがそこまで気にならないのも強みですね~。うまくはまれば焼夷弾をあちこちにばら撒いたりして。散開指令でいったん自陣側に下げて、同じ場所に焼夷弾を重ねるのもおもしろいですよ。

栗田親方:うわ~、ウザそう……。確かにEN3の強さとは思えないなあ。さすがに通常攻撃はドムほどじゃなさそうだけど。

闇よだれ:と思いきや、なんと拠点ダメージはドムより高いんですよ。攻撃範囲が狭いので通常攻撃だけを比較すると負けるけど、焼夷弾が強いので拠点への攻撃はドム以上かなと。ユニットレベルにもよるけど、焼夷弾が拠点に当たれば200以上は減らせる感じですね。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲広範囲をじわじわ攻撃する焼夷弾で拠点を攻撃できればしめたもの。

シワサン:移動も早いんで、油断したらいつの間にか撃ち込まれてる感じっすね。本家のゲリラ作戦は拠点ダメージがあまり高くないので、拠点への攻撃だけ見るとEN4の支援ユニット以上の可能性があるといえるかもしれないっす。

ワカト:拠点に対しては、撃破後に出てくるヒルドルブ【射撃】のDPSも高くていい感じですよ~。ただし、撃破前にくらべて射程はかなり短いので、普通に移動すると拠点にたどり着く前に死ぬんですが、そこを散開指令でムリヤリ押し込むコンボが使えますね。

闇よだれ:フェデリコのコンボと似てるけど、「アッガイ【奇襲】→ヒルドルブ→散開指令→破壊されて【射撃】になったらジャミング」とか強いんじゃないかな。

ワカト:しかも撃破後は周囲の敵のダメージを60%低下させるデバフがあるので、アッガイ【奇襲】が拠点のターゲットをとりつつ粘れるのもいい感じですね。あえてヒルドルブ【特射】でターゲットをとったあとにアッガイ【奇襲】を出せば、ちょうどヒルドルブが【特射】から【射撃】になったところでアッガイ【奇襲】にターゲットが変わるのでおすすめですよ~。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲デバフの範囲もかなり広く、生存しているだけでプレッシャーを与えられる。

栗田親方:なるほど、ヒルドルブも復活後のユニットがデバフ持ちのうえ拠点DPSが高いのか……。ゾンビは拠点に強い説?

闇よだれ:ただし射程はホントに短くて、近接ユニットのジムストより短いレベル。有効に使うには散開指令がほぼ必須だけど、支援ユニットが増えるとデッキが回りにくいのが悩みどころかなと。

シワサン:でもENは低いんで大丈夫じゃないすかね? フェデリコもヒルドルブも散開指令とのセットプレーが魅力ってことで。

ワカト:ちなみにヒルドルブの明確な弱点は、ユニットに対するDPSの低さですね。範囲攻撃なので当然なんですが、ジムコマとかをターゲットするともう何もできない感じかな~。射程が長いので、かなり遠くからでも釣られちゃうんですよね。

栗田親方:なるほど、フェデリコよりも弱点は明確だね。遠距離&範囲攻撃が得意という性質上、安定感はこっちのほうが高いかもしれないけど。総合的には五分五分ってところかな?

闇よだれ:うーん、どちらも9.5点でいいんじゃないかな。やはりEN3でこの性能は破格なんじゃないかと!

【まとめ】どちらも必須クラスの超便利ユニットでした!

栗田親方:というわけで、今回の新ユニット評価はどちらも「9.5点」になりました。現時点では「10点」がジャミングのみなので、ジムコマやドムと並んで機動ユニットのなかでは最高評価と。

シワサン:フェデリコは一家に一台レベルの便利ユニットっすからね。依存はないっす!

ワカト:ヒルドルブはデッキ次第だけど、EN3なら基本的に入れるかな~。もっと使い込んだら印象が変わる可能性はありますけど。

闇よだれ:どちらも散開指令、ジャミング、奇襲系ユニットといった定番のユニットとのコンボが強いので、当分は使われるんじゃないかと。

栗田親方:では今回の新ユニット評価はそんなところで。もし使い込んでみて変更すべき要素が出てきたら、またあらためて相談しましょうか。とりあえずお疲れさまでした!

全員:うーす、お疲れさまでした~!

※情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。
(C)創通・サンライズ

データ

▼『機動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:iOS
■ジャンル:RTS
■配信日:2018年予定
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『機動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:Android
■ジャンル:RTS
■配信日:2018年予定
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。