DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『プリステ』Ep5千秋楽後キャストコメント第6弾“西星学園”と“大人組”4名より、熱いメッセージが到着!

2018-07-30 10:15

『プリステ』Ep5千秋楽後キャストコメント第6弾“西星学園”と“大人組”4名より、熱いメッセージが到着!

文:ガルスタオンライン

 作品オリジナルのスポーツ・ストライドにかける高校生たちを描いた『プリンス・オブ・ストライド』。その舞台版として2016年12月から公演が開始された『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』(以下『プリステ』)の集大成Episode5が、6月17日に閉幕しました。

『プリステ』Ep5
『プリステ』Ep5

 終演後の今だから話せる、芝居に込めた想い、ファンへの熱いメッセージを、連日独占公開中! 本日は、西星学園2名と大人2名のキャスト陣計4名のメッセージをご紹介!

西星学園高等学校

諏訪怜治役・平牧 仁さん

 ただいま! まさか戻って来られる日が来るなんて……。小早川くんに想いを託し、そして想いを受け取って、また戻って来ました。まさにストライド!! この舞台ならではのおもしろい展開です。

 本気で汗をかくってめちゃくちゃカッコいいことなんですよね。みなさん、汗かいてますか? 大人になるといろんなことがわかってきて、わかった気になったりもして、なかなかがむしゃらになるって少なくなりますよね。本気になりたくなる夢や目的、そしてともに切磋琢磨できる仲間がいるって最高に幸せなことです。

 この作品を通して、見失いがちになっていたフレッシュで懐かしい大切な気持ちを思い出させてもらいました。みなさんにも、胸の中にしまった何か大切な物と向き合うキッカケを与えられていたらうれしい限りです。

 とびきりの青春でした。ありがとうございました。

黛 静馬役・小林 涼さん

 今作では、俊輔から仁くんへのリレーションが僕の役目だったかと。Ep3での仁くんから俊輔へのリレーションもそうだけど、役者が変わるからといって怜治と静馬の関係を1から作り直すことはしたくなくて。とくにこの物語はリアルタイムで続いているわけですから。Ep1~5を通して舞台上からみなさんにそれを伝えきれていたらいいなと思います。

 そして、最後まで黛静馬として生きた自分を誇りたいと思います。みなさんもアンドロメダ役お疲れ様でした! Je t'aime Andromede.

OTHER

DJストライド役・林 修司さん

 Ep1~5まで応援してくださったみなさま、ありがとうございました。DJストライド役の林 修司です。

 実況者として、2年前にオファーをいただいた時は黒服の真面目な、いわゆるアナウンサー的なキャラ、ポジションなのかな? と思っておりました。が、まさかの絵コンテを見てビックリ!! 黄色い服を着て、サングラスを付けて、キャップを被って「イェーイ! イェーイ!!」なんて言ってるヒップホッパーみたいな役が自身に回ってきたわけですから驚きでした。

 また実況者としては、連日ランナーのコンディションを見ながら微妙にセリフスピードやセリフ自体を変えていいとのことだったので、本当にやりがいがありました。

 自分自身を成長させてくれたこの演目にとても感謝しております。またどこかで共演者のみんなと会えることを楽しみにしています。『プリステ』最高でした。

石動 敢役・HAYATEさん

 Ep5は演出と出演の兼務だったんですが、大変でした(笑)。演出としてアクションでは、より世界の誰も見たことのないようなクリエィティブなものを作りたかったので、セットやギミック、転換をすごく考えました。

 キャストたちとは長い付き合いなので、誰がどんな能力なのかが把握できていたことと、シールドランナーの速く完璧な転換、なによりキャストのがんばり、スタッフのみなさんのお力添えがあって誰も見たことない舞台でのアクションを作れたと思っています。

 そしてレースシーンの演出に並行して行った石動という、舞台で初めて登場するキャラクターを作っていくこと。彼は選手と大人、そしてストライドの牽引者として、個性を濃く出しながらも全体のバランスを取らないといけない役で、どんな声で話し、動作するのか……かなり悩みました。また、普段絶対に着ない白スーツという衣裳だったので捌きが難しく、変に動くとチンピラのように見えてしまうので、背筋を伸ばして動作することを普段から癖にしていました(笑)。偉そうに見えていたらすいません……!(笑)

 歳の近い増田さんがいろいろとサポートしてくれて、役としても、役者としてもよい仲間であったと思っています。演出も出演もどちらも妥協したくないので、限られた時間と能力の使い方を考える上で、自分にとって本当にレベルアップできる舞台でした。

 クリエィティブなことを言葉にして説明するのは難しいです。それを伝えるには相手に同レベルの理解度か、それを伝える能力が必要だからです。しかしそこはその両方を持つ天才演出家・松崎さん。難しい動きを考えても自分の演出イメージを理解し翻訳して伝えてくれるので、自分は考えて「松崎さん、よろしくっす」と渡すことができました。『プリステ』のアクション表現ができたのは、それを共有できた松崎さんがいたからであると確信しています。そしてそれに諦めず、信じ、繋いでくれた役者さん、スタッフの力があったからだと思います。楽しい作品を作らせていただいたみんなに心から感謝しています。

 応援してくださったファンのみなさん、これまで長く『プリステ』を応援していただきありがとうございます。みなさんとこの作品を共有できたことは自分の人生にとっての宝です。これからも『プリステ』カンパニーみんなの応援をよろしくお願いいたします!!

舞台「プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE」エピソード5 DVD&Blu-ray情報

 『プリステ』Ep5 DVD&Blu-rayは11月発売予定。各種グッズも取り揃え中!
トライフルエンターテインメント公式通販はこちら

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー