News

2018年7月27日(金)

ドワンゴ×インフィニットループによるVR事業会社“バーチャルキャスト”が設立

文:電撃オンライン

 ドワンゴとインフィニットループは、本日7月27日に合弁会社“バーチャルキャスト”を設立しました。

“バーチャルキャスト”
“バーチャルキャスト”

 バーチャルキャストでは、インフィニットループが持つ“開発力・マーケティング力”と、ドワンゴが持つ“エンタテインメント事業の総合力・UGCプラットフォームやその運営ノウハウ”、そしてドワンゴを傘下に収めるカドカワグループ全体が持つ“IP・調達力”を結集して強みを最大限に生かすことで、先進的なプロダクトを集結させた“VR総合プラットフォーム”を創出し、あらゆるユーザー、クリエイターが自由にVR空間で活躍できる場を提供するとのことです。また、日本国内のみならずグローバル展開も図る予定です。

バーチャルキャストが提供する“VR総合プラットフォーム”について

 3Dモデルの投稿プラットフォーム“ニコニ立体”、3Dモデルの共通規格“VRM”、ライブ・コミュニケーションサービス“バーチャルキャスト”など、VRプロダクトを集結させ、“3Dモデルの作成”→“3Dモデルの投稿・集積”→“VR空間での利用”→“生放送・動画放送”といった、VTuberに必要な要素がワンストップでユーザーに提供されます。

配信者にバーチャルアイテムを贈れる“Vギフト”

 ドワンゴとインフィニットループは、両社が共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス“バーチャルキャスト”を8月1日にバージョンアップし、バーチャルキャスト内で配信者にバーチャルアイテムを贈れるギフティング機能“Vギフト”を開始します。

 “Vギフト”を使用して花束や打ち上げ花火などの3Dアイテムを生放送番組に贈ることで、視聴者も番組を直接的に盛り上げたり、配信者を支援できます。配信者に贈られたギフトは、“クリエイター奨励プログラム”のスコアに加算され、配信者はスコアに応じて奨励金を受け取れます。

“バーチャルキャスト”
“バーチャルキャスト”

 “Vギフト”は同じく8月1日より開始されるニコニコ生放送の“実験放送(PCブラウザ、iOSブラウザ、Android用アプリ/iOSアプリは後日リリース)”で使用できます。

 なお、ニコニコ生放送の実験放送では、バーチャルキャストを使用した番組以外でも配信者にアイテムを贈れる機能“ギフト”が8月上旬に開始予定です。

※“クリエイター奨励プログラム”は、niconicoの投稿作品の人気度に応じて、プレミアム会員収入および広告収入の一部を原資として奨励金(クリエイター奨励スコア)を支払う制度です。

簡単に誰でもVTuberになれるスマートフォンアプリ『カスタムキャスト』

 ドワンゴとS-courtの共同開発によるiOS/Android用アプリ『カスタムキャスト』のAndroid版が8月下旬に配信されます。なお、iOS版は準備中です。本アプリを使用すると、スマートフォンさえあれば誰でも気軽にVTuberになって番組配信を行えます。

“バーチャルキャスト”

 キャラクターカスタマイズ機能には、“ヘアスタイル”、“フェイス”、“ボディ”、“コスチューム”、“アクセサリー”など、数多くの設定項目が用意されており、使いやすく直感的なインターフェースで、手軽かつ簡単に自分好みのVTuberを作成できます。

 また、機能のひとつである“フェイストラッキング”で配信者の表情を読み取り、簡単に表情を付けることができます。その他にも、AR機能を使うことで、背景を現実世界にして配信したり、niconicoの立体投稿共有サービス“ニコニ立体”経由でVRM形式の出力にも対応予定です。

※“VRM”はドワンゴが開発したプラットフォーム共通のファイル形式で、対応アプリすべてにおいて同じアバター(3Dモデル)データを使うことが可能です。
※VRM形式での出力の料金は未定です。

バーチャルな夏休み特集

 8月1日~9月30日の期間、VR体験イベントやVTuberによる生放送番組を楽しめる“バーチャルな夏休み特集”が実施されます。

 人気VTuberのシロさんやときのそらさんを迎えたトーク番組やユーザーが参加できるVRの体験放送など、VR関連の企画が多数用意されています。

“バーチャルキャスト”
“バーチャルキャスト”
“バーチャルキャスト”

(C) Virtual Cast, Inc. All rights reserved.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。