News

2018年7月31日(火)

【ガンソク】攻撃特化の“ギャン”&防御に優れたアタッカーの“モルモット隊”を評価

文:栗田親方

 バンダイナムコエンターテインメントから配信中のiOS/Android用アプリ『機動戦士ガンダム 即応戦線(略称:ガンソク)』。7月26日に追加された新URユニット“モルモット隊【格闘】(フィリップ&サマナ)”と“ギャン【格闘】(マ・クベ)”の性能を評価しています。

■『ガンダム即応戦線(ガンソク)』とは

 アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズにおける「一年戦争」にスポットをあてた、対戦型リアルタイムガンダムバトル!

 プレイヤーは、「地球連邦軍」/「ジオン公国軍」どちらかの陣営を選び、所属する軍の指揮官となり、オンラインで友達と同時対戦できるゲーム。

攻めのギャン&守りのモルモット隊はどちらも強力!

 連邦軍の新ユニットであるモルモット隊は、強固な盾役兼アタッカー。コストは重めのEN7ですが、EN4のジム・コマンドと同等のユニットを2体同時に配置できるうえ、各ユニットに味方の被ダメージを20%軽減するバフまで備えており、コストパフォーマンスは非常に高いと思われます。

 コスト自体は重めなのと、2体同時に出現するため範囲攻撃に巻き込まれやすいという短所はありますが、前述のコスパの良さに加え、Ez8や大号令といったダメージ軽減バフ持ちとのコンボも非常に強力なため(詳細は下記の座談会を参照)、最高クラスの「10点」評価となりました。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲モルモット隊&ギャンは、どちらも各陣営のエースとなり得る優秀なユニットだ。

 ジオン軍の新ユニットは、HPが低いものの一撃必殺の攻撃力を誇るギャン。連邦軍のジム・ストライカーをさらにピーキーにしたような攻撃特化型ユニットのため、使いこなせば絶大な破壊力を発揮するものの、ミスるとEN4が一瞬で消える危険性もあわせ持っています。

 その扱いの難しさもあり、評価点はモルモット隊には及ばず「9.0点」としましたが、周囲の敵の被ダメージを40%増加させるデバフにも高いポテンシャルを感じるので、今後のやり込みによる伸びしろにも大いに期待できそうです。

モルモット隊【格闘】 評価点:10

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』

■モルモット隊【格闘】の特徴

・被ダメージ20%軽減のバフ効果を持つジム・コマンドを2体出撃させる

・HPが多く、大盾を持つため非常に打たれ強い

・EN7と非常にハイコスト

・対空性能を持たないため空中ユニットに無力

・固まって出撃するため、範囲攻撃で2体同時にダメージを受ける

【ユニットデータ&詳細解説】モルモット隊【格闘】

ギャン【格闘】 評価点:9.0

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』

■ギャン【格闘】の特徴

・攻撃間隔は4.0と非常に遅いが、一撃の火力に優れた機動ユニット

・対空性能を持たないため空中ユニットに無力

・HPはやや低め

・敵ユニット及び拠点の被ダメージを40%増加させる範囲デバフを持つ

・3回連続攻撃を行う+範囲デバフがあるため、ダメージはデータの約4.2倍

・配置時、自身周辺に18秒程停滞するハイドボンブを6機設置する

・自身は空中ユニットを攻撃できないが、ハイドポンプは空中ユニットにも当たる

【ユニットデータ&詳細解説】ギャン【格闘】

※評価点は編集部独自の基準で判定したものです。

※よりプレイを重ねて評価が変わった場合は、【ユニットデータ&詳細解説】のページを修正いたします。

攻略wiki班が評価点を決める際の座談会をレポート

 結果発表は上記の通りですが、ここからは評価点を決める際の攻略wiki班の座談会の内容をお伝えしていきます。興味のある方は方はこちらもチェックしてみてください。

■ユニットを評価した攻略wiki班のメンバー

【連邦軍】

シワサン:手堅い防御からのカウンターを得意とする堅実派。若さに似合わぬ老獪な戦術を得意とする。

栗田親方:“やられる前にやる”を最優先とする攻撃的なスタイルを好む、アグレッシブなロートルゲーマー。

【ジオン軍】

ワカト:ユニット性能の分析力が高く、理論的な戦術の構築に長ける。バランスよくさまざまなデッキを使いこなす技巧派。

闇よだれ:カタログスペックよりも実際の使用感を重視する実戦派。ユニットの“強さ”に関する嗅覚は攻略班でも随一。

連邦の“モルモット隊”は、EN7で強化型のジムコマを2体同時配備!

シワサン:いや~、これは強いっすね! ユニット自体も強いんすけど、特にEz8とのコンボが凶悪かと!!

栗田親方:フェデリコ実装のときに近い高揚感があるよね! コンボはひとまず置いといて、まず2体のジムコマが普通に強い。レベル1の段階で通常のジムコマのレベル4相当、レベル4まで上げればレベル10相当、レベル5以上でMAXパラメータを超えるという超ポテンシャル!

ワカト:しかも被ダメージ20%軽減のバフがそれぞれに付いてるとか、連邦さんちょっと盛り過ぎなんじゃないですかね~(笑)。

闇よだれ:バフは自身以外に効果があるので、2体が近くにいれば被ダメージは常に80%になるわけですよね。そして、その範囲内に追加で出したユニットはダメージ40%軽減と……。完全にジムコマの上位ユニット!

栗田親方:おわかりになりましたか。個人的なイメージとしては、EN5の価値を持つ強力なユニット2体をEN7で使える超お得ユニットかと。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲既存の単体ジムコマとモルモット隊による夢のコンボ“白い三連星”(これが言いたかっただけ)。単体ジムコマのみバフが二重にかかるので、本来は単体のほうを先頭にしたほうがよい。

シワサン:防御バフを活かしてセット運用するもよし、中央に出して左右の拠点を同時に攻めてもよしという汎用性の高さも魅力っすね。防衛に使うことで、拠点の被ダメージを40%軽減できるのもいい感じっす。

ワカト:これEN7以下で対応するの難しくないですか~? 今は相手が多弾頭ミサイルを持ってないことを祈って、瞬間火力の高いヘリで対応してますけど。

闇よだれ:こっちは支援ユニット三種の神器(電撃トラップ、ジャミング、黒い三連星)を駆使しつつ、ザク格闘やギャンみたいな高火力ユニットでなんとか対応している感じかなあ。散開指令で一気に押し込まれたりするとかなりキツいけど……。

栗田親方:連邦視点でやられて嫌だったのは、確かにそのあたりかな。ほかにはEXAM機(BD1【特格】、イフリート【特格】)+ギャンのパワーで押し切られたうえカウンターを食らったときとか。まあ、こちらも支援ユニット三種の神器(電撃トラップ、ジャミング、ホワイト・ディンゴ隊)をうまく回せばカバーできると思うけど。

シワサン:しかも極めつけには、最初にひとまず置いておいたEz8との凶悪なコンボもありますぜ! ENが重いので実際に使えるのは残り1分からのことが多いっすけど、決まれば一発逆転も可能な大技なのではないかと!

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲Ez8とのコンボが決まったときの圧倒的な堅さは脅威的。コストは重いが狙う価値は高い。

栗田親方:被ダメージ40%軽減のアビリティを持つEz8とのコンボは、ホバトラに被ダメージ軽減が付いてた頃を思い出すガチガチの堅さだね……(遠い目)。

ワカト:このダメージ軽減は強すぎますわ~。この3体が密着してたら、モルモット隊は60%軽減、Ez8は40%軽減、追加で配置したその他のユニットは80%軽減ですよね。

シワサン:おまけに大号令も合わせれば、さらにダメージ25%軽減っすよ!

闇よだれ:そういえばホバトラが黒い三連星を食らって死ななかったこともあるなあ……。

シワサン:最終作戦を食らってもEz8が生き残れるうえ、モルモット隊は盾が吹っ飛ぶだけですからね。やってるほうが言うのもなんですけど、これどうやって対応するんすかね?

栗田親方:まあ、そこまでコンボが完成しちゃうと厳しいかも。ほぼ“無敵艦隊”って感じでゆっくり行進しつつ、すべてをなぎ倒していくからなあ……。完成する前にちゃんと崩さないとダメってことだろう。

ワカト:ギャンとかヒルドルブとかの低コストユニット中心に素早く攻めて、相手にコンボ用のENを溜めさせないことが重要ですかね~。

闇よだれ:あとはEz8だけ索敵範囲が広いから、うまく釣って隊列を乱すことかな。バラバラになればダメージ軽減が合体しないので、各個撃破しやすくなる。

栗田親方:そういうときの攻撃役にはギャンがはまりそうだね。総合評価としてはモルモット隊が上だと思うけど、ギャンがいい具合にアンチキャラになれそうな気もするので、今後の研究次第ではジオンの逆襲もあるかも?

ワカト:現状は若干キツいってのが本音ですけどね~(笑)。スペック的にジリ貧という気分です。

闇よだれ:ぶっちゃけ同感ですが、しばらくはギャンの可能性に賭けてやり込んでみようかなと! モルモット隊は確かに強いけど、ギャンのほうが使ってて面白いのも確かなので。

栗田親方:オフェンシブなスタイルをモットーとする私としても、実はユニットの“魅力”はギャンのほうに感じております。もちろん実直に強いモルモット隊が嫌いってわけじゃないんだけど(笑)。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲弱点である対空をガンキャノンで補うコンボも強力。ユニットダメージ25%アップのバフも活かせる。

シワサン:というわけで、評価のほうは満場一致の10点っすかね?

ワカト:フェデリコほどの汎用性はないけど、現状の9.5点のユニットよりは上な気がしますね~。

栗田親方:コストが重めなことと空中ユニットに弱いこと以外はハイパーなスペックなので、現段階では間違いなく10点だと思うな。

闇よだれ:対策が練り込まれたら変わる可能性はあるけど、現在のプレイ感でいうとやはり10点かなあ。

シワサン:異議なしっす! じゃあ次はちょこちょこ話題にも出てたギャンを見ていきますか。

ジオンの“ギャン”はロマンに満ちた攻撃特化型のピーキーユニット

闇よだれ:評価としてはモルモット隊に見劣りするけど、ギャンもかなり強力なユニットではあるね。単純に表現すると、連邦のジムストをさらに攻撃特化にしたようなユニットかなと。

ワカト:周囲の敵に被ダメージ40%増加のデバフをかけてるから、カタログスペックに比べて常時+40%のダメージってことになるんだよね~。

闇よだれ:攻撃力に関しては、本体も最強クラスの高火力を持つうえ、周囲のユニットのダメージも40%上げられるので間違いなく強いよね。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲本体の超攻撃力+デバフの効果による高い攻撃性能がギャンの持ち味。周囲のユニットの攻撃力も高められるのが大きなポイントだ。

ワカト:コストもEN4と低めなので、いろんなユニットと合わせやすいですし。イフリート【格闘】の3倍撃とギャンの3連撃が同時に当たるとたいへんなことになりますよ~(笑)。

栗田親方:そういやラルさんのグフと合わせられたときも、一瞬で拠点を落とされたなあ。あのときは「ギャン使いたい!」と強く思ったね。

シワサン:連邦視点で言うと、いきなり迫ってくるんでかなり怖いっすよ! 射程はジムストと違って短いけど、移動速度はジムストの「18」にくらべて「25」と速くて、一気に突っ込んでくる感じ。いつの間にか倒していなくなってることも多いんすけど(笑)。

ワカト:HPの低さもヤバイからね~。扱いは超難しい。最初はハイドボンブを活かそうとしてフェデリコ隊に重ねて出したりしたんだけど、配備時間中に無敵があるわけでもないので、ハイドボンブだけ置いて一瞬でいなくなるという……(笑)。

闇よだれ:ひどいときはハイドボンブさえ出せずに死ぬこともあるよね。モルモット隊とEz8の間に置いたときは、ギャンのレベルが低かったのもあってか一瞬でおなくなりに……。

栗田親方:それは悲しい……。フェデリコの配備時の無敵をギャンに譲ってあげたいぐらい。

ワカト:それだとかなり評価が変わるんですけどね。フェデリコ隊を壊滅させたうえにカウンターにつなげられたら熱かったな~!

闇よだれ:実際はハイドボンブ自体のダメージも低いので、壊滅まではいかなそうだけど。特にハイドボンブだけ置いて死んだときは、周囲へのデバフもなくなってしまうので、レベルの高い戦車が生き残ったりとか……。

シワサン:とりあえずハイドボンブは“おまけ”ってことでいいんじゃないすかね? 守りの堅いモルモット隊なら気にせず突っ込んでもいいレベルな気がします(笑)。

ワカト:まあ小型複数ユニットへの対策にはなってるから、おまけとしては十分な性能かもね~。あと弱点としては、とにかく攻撃後の硬直が長い!

闇よだれ:微動だにしないから不安になるレベル(笑)。ジムストは攻撃の発生も遅かったので、攻撃間隔は長くても一連の動作って感じだったのが、ギャンは攻撃の発生は早いから、そのまま次の攻撃まで固まっちゃうという。

栗田親方:そのぶん、動いたらこっちのユニットが1体いなくなるんだからよしとしてもらおうか(笑)。今の環境で猛威を振るっているEXAM機への対策としても優秀だと思うし。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲敵の被ダメージを増やすデバフを活かせば、耐久力の高い敵でも素早く撃破できる。本体+ハイドボンブ+拠点の一斉攻撃がシンプルかつ強力!

ワカト:活かせる面はたくさんあるんですよね~。ただ物量に優れる連邦デッキが相手だとなかなか厳しいことも……(主にフェデリコを思い浮かべながら)。環境しだいではもっと輝けるポテンシャルなんですけど、ちょっと時代が悪かったような気もしますな。

闇よだれ:まあ、ワンチャンスを最大限に活かせる腕を磨けばなんとか! ピーキーなだけに、使ってて楽しい良ユニットなのは間違いないので。といったところで、みなさんの評価点はどんな感じかな?

シワサン:連邦のジムストが8.5点なので、それ以上は間違いないっすね。

ワカト:しばらくは攻撃の要になる気もするので、9.0をつけちゃってもいいかな~と。電撃トラップの合間をぬって攻撃できるほど攻撃の発生が早いとか、ギャンならではの強みをいろいろ持ってますし。

栗田親方:なるほど、そのあたりの可能性も考慮すると「9.0点」が妥当っぽいね。これからのやり込みで状況が変わったら、あらためて評価を見直すということでよいかと!

【まとめ】モルモット隊の安定感がギャンの可能性を凌駕した形

闇よだれ:結論としては、安定感抜群のモルモット隊が非常に強く、ピーキーな性能のギャンにロマンありってところですかね。

栗田親方:評価点はすでに決めちゃったとおり、モルモット隊が「10点」でギャンが「9.0点」だね。

シワサン:フェデリコに続く10点ユニットがまた連邦に!……って感じっすね。

ワカト:やり込み&再評価を繰り返した結果、フェデリコ&ヒルドルブの点数は「両者9.5点」→「両者10点」→「フェデリコ10点、ヒルドルブ9.5点」と動いたので、現在のジオンで10点の機動ユニットはいわゆるEXAM機(イフリート【特格】)だけですね~。

栗田親方:そうだね。URユニットの成長パラメータに調整が入ったのもあって、7月はけっこう点数を見直した気がするなあ。

シワサン:そういや調整についての話にもちょっと触れたいっすね。

闇よだれ:では今回のユニット評価はぼちぼちまとまったので、最後に軽く調整の話もしておきますか。

【ユニット調整】電撃トラップ&URユニットが大幅に躍進!

ワカト:まずは電撃トラップですかね~。効果の発動が早くなったうえにENが4から2に減るというすさまじい強化でしたよね。

闇よだれ:発動が早くなっただけでも悪くない強さで、EN3だったとしてもかなり強いぐらいのところ、一気にEN2だったからなあ。ジャミング並み……むしろジャミング以上の必須支援ユニットになったのかなと。

栗田親方:レベル1対戦だとそこまで異常な強さはないんだけど、レベルを上げるとガンガン効果時間が伸びていくから拘束力が半端ないんだよね。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲拠点を攻撃するときは、敵の防衛ユニットも巻き込んで電撃トラップを仕掛けるのがセオリーとなっている。

シワサン:これに“URユニット上方修正”の恩恵を受けたホワイト・ディンゴ隊(黒い三連星)を入れた3枚が、支援ユニットの三種の神器って感じっすよね。

ワカト:支援ユニットを増やしすぎるとデッキが回らなくなるから、この3枚で固定になってる人が多いんじゃないかなあ。4枚まで増やすとしても、あと1枠は散開指令か多弾頭ミサイルあたりの低コストユニット、もしくは逆に高コストの最終作戦が候補って感じ?

闇よだれ:今はそんな感じだよね。支援ユニットが強すぎると肝心の花形である機動ユニットが活躍しにくくなるので、もうちょっと全体的に弱めて欲しい気はするけど。

栗田親方:特に電撃トラップでお互いビリビリ痺れてる時間が多いのはもったいないよね。ジャミングもお互いにかけ合ったりして、機動ユニットはガンガン動いてるのにHPを減らせてない時間が長かったり。

シワサン:かと思えば、逆に強化されたURユニットの大火力で一瞬で勝負が決まることもあるっすよ!

ワカト:今はEXAM機が必須クラスって感じだよね~。個人的にはイフリート【格闘】やピクシー【格闘】もかなりいい感じだと思いますけど。

シワサン:HPがかなり増えたんで、EXAM発動後の攻撃力&防御力がたいへんなことになってますよね。連邦はフェデリコで止めやすいんすけど、ジオンはやや厳しそうな?

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲現環境でトップクラスの存在感を放つEXAM機(BD1【特格】、イフリート【特格】)。電撃トラップやジャミングとのコンボがハマれば、一気に拠点→本拠点と落とすこともできる。

闇よだれ:フェデリコよりは対応力が落ちるけど、基本はザク格闘で対処かな。あとはEXAM機で受けてカウンターもおすすめ。超スピードで敵の拠点まですっ飛んでいくから、かなり強力なカウンターになるね。

栗田親方:あわててホワイト・ディンゴ隊で止めても、移動時の射撃が残ってむごいダメージを受けたりするのも強いよね……。

シワサン:あれは何か違和感あるのでなくして欲しいっすね~。

ワカト:違和感といえば、ミデアとファット・アンクルをいい感じに強化したのに、電撃トラップで即死する仕様を残したままなのは違和感あったな~。ジオンはルッグンも即死するので、できればこの仕様はなくしていただきたい(笑)。

栗田親方:確かに、ゲーム的にはその仕様はなくてもいいかも。飛行機が空中でビリビリ止まってるのが世界観的におかしいってことなのかな? ヘリはホバリングがあるので落ちないとか?

ワカト:あとはフェデリコの配置だよね。X字型でそれぞれちょっと離れてるので、範囲攻撃に巻き込みにくいんですわ。そしてザク格闘×2体が敵陣に出せるのもずるい! こっちの拠点まで近すぎるので、あの配置はなんとかしてほしいな~。

シワサン:あの配置にはいつも助けられてます(笑)。フェデリコの強さの一角っすね。

栗田親方:とはいえ連邦サイドとしても、いつまでもフェデリコを手放せないってのもアレなんで、適宜調整してもらって問題ないかなと思っております(余裕の表れ)。

闇よだれ:フェデリコ以外でも、もともと強かったマドロックやガンキャノンがさらに強化されたのは大きい気がします。特にRユニットのドムとの差が広がってしまったため、ヒルドルブの強さを考慮しても射撃戦でジオンが押され気味かと……。

ワカト:ジオンもゲラートザクはURなので強化されたんですけど、性能的にはデバフが強い系のユニットなので、パラメータアップの恩恵がやや薄いんですよね~。

シワサン:確かにURユニットの一律強化によって、恩恵を受けたユニットとそうでないユニットの差はある気がしますね。できれば話題に出たような強めのユニットはやや下方しつつ、そのほかのユニットをうまく上方してくれたらうれしいっすね。

闇よだれ:そういう意味では、個別調整されたガンタンク【砲撃】とゾック【砲撃】はいい感じでしたね!

ワカト:あれは絶妙でしたよね~。EN4で使いやすくなって、超長距離攻撃という個性を持ちつつ、強すぎない程度の火力がいい感じ。

シワサン:ほどよいウザさがいいっすよね! 目の敵にするほどではないけど、ほっとけない強さ。

栗田親方:ほかのURユニットもあんな感じになると、デッキ編成の幅も広がっていくよね。今も広いといえば広いんだけど、ガチで強さを突き詰めたときに使うURユニットは数体にしぼられちゃうので。あとはさっきも出たけど支援ユニットのバランスかなあ。

ワカト:そのあたりは、先日発表された“第二章”での調整に期待したいですね~。今は“全ユニットプレゼントキャンペーン”もやってるので、この機に新規勢や復帰勢が増えてくれるとうれしいなと。

シワサン:そうっすね! あとは“一年戦争以外の新ユニット”ってやつも楽しみっす!!

・全ユニットプレゼントほか“第二章”の情報はこちら!

闇よだれ:なんだかんだ時間があれば遊んでしまう中毒性はあるから、そのあたりのバランスが噛み合ったら今まで以上に面白くなると思うんですよね。

栗田親方:間違いないね! しばらくはモルモット隊&ギャンで遊びつつ、次の新ユニットを楽しみに待ちましょうか。では次回の評価もよろしくです!

一同:ういーす、よろしくでーす!

※情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。
(C)創通・サンライズ

データ

▼『機動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:iOS
■ジャンル:RTS
■配信日:2018年予定
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『機動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:Android
■ジャンル:RTS
■配信日:2018年予定
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。