DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 鳥海浩輔さん、安元洋貴さんら男性声優がリングで激突! 『禁フェス100』に寺島拓篤さんの出演が決定

2018-08-02 11:15

鳥海浩輔さん、安元洋貴さんら男性声優がリングで激突! 『禁フェス100』に寺島拓篤さんの出演が決定

文:ガルスタオンライン

 株式会社MAGES.が贈る、ニコニコ生放送番組『鳥海浩輔・安元洋貴 禁断生ラジオ』の放送100回を記念し2019年3月3日にTOKYO DOME CITY HALL(水道橋・東京)にて、イベント『禁断生FESTIVAL100』(禁フェス100)が開催されます。

『鳥海浩輔さん、安元洋貴さんら男性声優がリングで激突! 『禁フェス100』に寺島拓篤さんの出演が決定』

 現在チケット先行抽選販売受付中の『禁フェス100』に、鳥海浩輔さん、安元洋貴さん、保村真さん、速水奨さん、てらそままさきさん、遊佐浩二さん、前野智昭さん、たかはし智秋さんの8名に加え、寺島拓篤さんの出演が決まりました。

『禁断生FESTIVAL100』開催概要

 月に1回、お酒を飲みながら気の合う仲間と楽しくお話をする“だけ”のニコニコ生放送番組『禁断生ラジオ』が、なんと2019年3月に100回を迎えます! そこで、2019年3月3日、TOKYO DOME CITY HALLに禁断生ラジオのMCとこれまでゲスト出演した声優が集結し、都合8年半の感謝と反省の思いをリング(!?)にぶつけます。

『鳥海浩輔さん、安元洋貴さんら男性声優がリングで激突! 『禁フェス100』に寺島拓篤さんの出演が決定』

 というわけで、数々の伝説を残した大人の本気の悪ふざけイベント『禁断生FESTIVAL』が『100(ハンドレッド)』として堂々復活! 遊佐浩二さん、寺島拓篤さんら、禁FES初参戦となる、新たな禁断のイベントにご注目下さい。

『鳥海浩輔さん、安元洋貴さんら男性声優がリングで激突! 『禁フェス100』に寺島拓篤さんの出演が決定』

■イベントタイトル:禁断生FESTIVAL100(ハンドレッド)
■日時:2019年3月3日 ※開演時間は変更の可能性があります
昼公演 13:00開演(予定)
夜公演 18:00開演(予定)
■会場:TOKYO DOME CITY HALL(水道橋・東京)
■チケット発売価格:
全席指定【100専用ペンライト付き】10,000円+税別
全席指定 7,800円+税別
■出演者:
鳥海浩輔、安元洋貴、保村真、速水奨、てらそままさき、遊佐浩二、前野智昭、寺島拓篤、たかはし智秋ほか

チケット先行抽選発売

■禁断生ラジオチャンネル会員限定先行抽選販売:
http://ch.nicovideo.jp/kindan-nama/

■一次先行販売期間:2018年8月5日23:59まで
※チケットの一般発売は未定です

『禁断生FESTIVAL』とは?

 『禁断生FESTIVAL』(通称:禁フェス)とは、ニコニコチャンネルで配信中の人気声優番組『鳥海浩輔・安元洋貴 禁断生ラジオ』から派生したスペシャルイベントで、『100』で5回目の開催となります。

『鳥海浩輔さん、安元洋貴さんら男性声優がリングで激突! 『禁フェス100』に寺島拓篤さんの出演が決定』

 番組ゲストには“源氏名”をつけるのがお約束で、『禁フェス』において出演者は、その“源氏名”を冠した“ボイスファイター”となります。そして360 度を客席に囲まれたリング上で、鍛え上げたイイ声を駆使した笑いいっぱいのボイスプロレスなどを繰り広げます。

『鳥海浩輔さん、安元洋貴さんら男性声優がリングで激突! 『禁フェス100』に寺島拓篤さんの出演が決定』

 客席と混然一体になったルール無用の会場で、観客はほかの声優イベントでは絶対に味わえない興奮を覚えるはずです。

禁断生ラジオとは?

 『鳥海浩輔・安元洋貴 禁断生ラジオ』は、鳥海浩輔さんと安元洋貴さんがMCを務めるニコニコ生放送の大人気番組でついに8周年を迎えました。これまで出演したゲストは40人を超え、番組のみならず、台湾やシンガポールでの旅を収めたDVDを作ったり、架空のスリーピース・バンドLOTION SLIDERに扮しCDを発売したり、プロ野球やプロレスの実況、沖縄で公開収録を行うなど、さまざまな展開をしています。

 毎月第2水曜日22:00からたっぷり1時間半、お酒を片手に、仲よしなゲストと楽しくてちょっとHで、ときどきタメになるトークを繰り広げています!

■禁断生ラジオチャンネル:http://ch.nicovideo.jp/kindan-nama/
次回放送(2018年8月8日22:00~)http://live.nicovideo.jp/gate/lv314367065

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー