News

2018年8月3日(金)

『ウィザーズ シンフォニー』新キャラ“フィー”と“ニナ”が発表。主人公の奥義も公開

文:電撃オンライン

 アークシステムワークスは、2018年発売予定のPS4/Nintendo Switch用ソフト『ウィザーズ シンフォニー』の新キャラクターとゲームシステムを公開しました。

『ウィザーズ シンフォニー』

 本作は、約20年の時を経て復活した『ウィザーズ』シリーズ最新作です。キャラクターデザインは当時のままmoo氏を起用し、原作シリーズの世界観や設定を踏襲して、ダンジョンRPGとして生まれ変わっています。

『ウィザーズ シンフォニー』
▲ダンジョン探索は一人称視点。
『ウィザーズ シンフォニー』
▲イベントシーンも豊富に用意されています。

主人公・アルトと一緒に旅をする個性豊かなキャラクターたち

フィーライン・ソラ(声優:桃河りか)

『ウィザーズ シンフォニー』

 旅をしながら錬金術の研究をしている、自由気ままなハーフキャット。“研究”第一主義が災いして、協調性を欠くこともある。

ニナ・レイジーデイジー(声優:赤星真衣子)

『ウィザーズ シンフォニー』

 人気アイドルになる夢を追い続けるヒーラー。歌うことと踊ることが大好き。お酒が入ると泣き上戸になってしまう困ったお姉さん。

クエストを受注して遺跡ダンジョンを攻略

 プレイヤーは主人公・アルトとして、一人前の“遺跡ツアー案内人(通称:コンダクター)”になるため、そして冒険の資金を獲得するために、危険なダンジョンに挑みます。

 本作は、襲い掛かってくるモンスターたちを倒し、経験値やアイテム入手してキャラクターを強化する“ハック&スラッシュ”を軸とした、ダンジョンRPGならではの楽しみ方が満載となっています。

『ウィザーズ シンフォニー』
『ウィザーズ シンフォニー』
▲クエストは街の酒場で受注できます。
『ウィザーズ シンフォニー』
▲クエストを受注したら遺跡などの目的地へ向かうことに。
『ウィザーズ シンフォニー』
▲襲いくるモンスターたちを倒しながら、クエスト達成を目指しましょう。

“好感度”を取り入れたユニークなバトルシステム

 ダンジョンでは、深淵に近づくほどモンスターは強くなっていきます。そんな危険がいっぱいのダンジョンを攻略するために、本作には多彩なゲームシステムが搭載されています。

 キャラクター同士の好感度がバトルに影響する『ウィザーズ』シリーズ伝統のシステムも搭載。仲間たちとの絆を深めることも、冒険を円滑に進める“鍵”になるようです。

『ウィザーズ シンフォニー』
▲アルトとの相性だけでなく、仲間同士の相性も存在するようです。

ハーモニクス

 主人公アルトの強力な奥義。アルトは仲間からの想いをたくわえて“ハーモニクスバースト”として放つことができます。

『ウィザーズ シンフォニー』

エンハンスリンク

 バトルメンバーによる協力連携。好感度に応じて隣り合ったキャラがリンクして敵の攻撃をかばってくれたり、追撃してくれたり、状態異常を回復してくれたりします。

『ウィザーズ シンフォニー』

チェインアシスト

 サブメンバーもバトルに参加して戦力アップ。好感度に応じて控えのサブメンバーがバトルメンバーの1人を援護してくれます。時には瀕死状態からかばってくれたり、蘇生してくれたりすることも?

『ウィザーズ シンフォニー』

(C) ARC SYSTEM WORKS

データ

▼『ウィザーズ シンフォニー』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2018年
■希望小売価格:6,800円+税
▼『ウィザーズ シンフォニー』
■メーカー:アークシステムワークス
■対応機種:Switch
■ジャンル:RPG
■発売日:2018年
■希望小売価格:6,800円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。