News

2018年8月6日(月)

『TROVE』アップデートで追加された新コンテンツは『TROVE』未経験者にこそオススメ!

文:電撃PlayStation

 基本無料で楽しめる、ブロックの世界が舞台のPS4用MMORPG『TROVE』が、7月26日にアップデート! 新たな世界“ジオード”と、新しいPvP“ボンバーロワイヤル”が追加されました。本記事では、この2つのコンテンツを遊んだプレイレポートをお届けします。

『TROVE』

“ジオード”生活は掘って集めて強くなる!

 アップデートで追加された“ジオード”は、探索と採掘重視の世界を旅するコンテンツ。舞台となるジオードには、ハブ(ロビー)内から向かえるようになっています。

『TROVE』
▲ハブ内に1日で建てられた新たな施設。ここのポータル又はトローヴィアンアトラスからジオードへ向かいます。

 ジオードでは戦闘はいっさい行わず、広大なダンジョンとでもいうべき“洞窟”の探索がメインになります。この洞窟で、ここでしか手に入らない鉱石や植物を集めるのがジオードの基本。

『TROVE』
▲見つけた植物も鉱石も全部取るのがジオードの基本!

 ただし、洞窟内では時間とともに減少する“GAS”が体力の代わり。このGASが尽きると強制的に洞窟からジオード・サンクチュアリ(ジオード内のロビー)へ戻されます。

 一方で、集めた鉱石や植物を消費して探索に役立つ装備を入手したり、所持している装備をアップグレードしたりすることが可能。つまり、探索を行うほどアップグレードした装備で洞窟のより深層へ挑めるようになるというわけです。

『TROVE』
▲装備をアップグレードすると、GASの消費量が減少するなどの効果が得られます。

 と、ジオードは今までとはまるで異なるコンテンツ。『TROVE』自体はMMORPGですが、ジオードに限っていえばRPGらしさはなし。探索して素材を集めて、素材で自身を強化。そして、より遠くへ探索に向かうという流れは“サンドボックス型ゲームの探索部分”をずっと楽しんでいる印象でした。

 アクションやアクションアドベンチャーに見られる、同じことを繰り返してできることが増えていくという過程が好きな人は、ジオードにもハマるかと思います。

『TROVE』
▲ジオード内でまれに見つかるタマゴ。孵化させると、探索に同行するコンパニオン(ペット)が手に入ります。

“ボンバーロワイヤル”で、目指せ次世代のボ○バーマン!!

 もう1つの新コンテンツ“ボンバーロワイヤル”は、最大20人でのPvP。『TROVE』にこれまであったPvPコンテンツとは異なり、まわりのプレイヤーがすべて敵になるバトルロイヤル形式になっています。

 こちらもジオード同様にクラスやレベルによる差はなし。どのプレイヤーも放物線を描く爆弾と、壁や床にフックを伸ばして移動するグラップリングフックを駆使して、ほかのプレイヤーとバトルを繰り広げます。

『TROVE』
▲爆弾に当たり続けて体力がなくなるか、足を踏みはずして奈落の底へ落ちるとアウトです。

 この爆弾、投げたあと初めて地形に接触するとバウンドして、次に何かに接触すると初めて爆発するというちょっと相手に狙いを付けにくいもの。ですから、どのプレイヤーも序盤はなんとなくほかのプレイヤーがいる方に向けて爆弾を投げるというのが当たり前です。

 1つの試合に参加するプレイヤーは最大で20人。つまり自分も含めて20個を超える爆弾が四方八方に飛び交うのが、ボンバーロワイヤル序盤の流れ。はっきり言って冷静に状況を判断するなんて無理です(笑)。

 しかも、時間経過とともにステージ自体が段々狭くなるオマケ付き。全プレイヤーが公平な状況でスタートすることもあって、とにかくてんやわんやな試合模様になります。開始直後に偶然複数のプレイヤーの目に留まれば集中攻撃を受けてあっさり退場することになりますし、大量に爆弾が飛んできて「今回は、勝ち残れないかな」と思っていると、飛んできた爆弾はすべて流れ弾だったり。

『TROVE』
▲あっちこっちから爆弾が雨あられと降り注ぐ。誰が投げた爆弾かなんてさっぱりわかりません。

 『TROVE』はクラスの解放などにどうしても時間かお金がかかる作りのタイトル。そんななかで、ボンバーロワイヤルでは、クラスもレベルも関係なく対戦プレイができるというのが単純に楽しいですね。人数が減ってくると、どこに位置取るかや、誰から狙うかといった戦術を考える要素もあり、大人数の混沌とした試合とはまたちがった魅力もあります。

 今回のアップデートで追加された新要素は、どちらもこれまで『TROVE』をどれだけ遊んだかにかかわらず、公平な環境からスタートするもの。RPGとは関係のない新しい遊び場が『TROVE』のなかに増えたというイメージです。

 さらに、ジオードでのアドベンチャー(クエスト)を達成したり、ボンバーロワイヤルをプレイしたりすると、経験値と新アイテム“ボンバーコイン”が手に入るオマケ付き(ただし10位以内)。このボンバーコインを集めると、ペットやマウントなどと交換することができます。ですから、個人的には今まで『TROVE』を遊んだことがない人が新しい遊び場として、これらの新コンテンツだけを遊んでみるというのもアリだと思います。

(C)2018 Trion Worlds, Inc. Trove has been licensed by DMMGAMES. Trove and Trion Worlds are registered trademarks of Trion Worlds, Inc. All rights reserved.

データ

▼『Trove(トローヴ) きらきらトレジャーパック』
■メーカー:DMM GAMES
■対応機種:PS4
■ジャンル:ARPG
■発売日:2018年5月24日
■希望小売価格:2,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『Trove(トローヴ)(ダウンロード版)』
■メーカー:DMM GAMES
■対応機種:PS4
■ジャンル:ARPG
■配信日:2018年5月24日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.668

    電撃PlayStation Vol.668表紙画像

    [ 11月号 ] 2018年9月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&攻略冊子&コード付録】閃の軌跡IV
    【毎号付録】デンプレコミック #22
    【Gallery】アサシン クリード オデッセイ
    【特集】日本ファルコム×アクアプラス
     『閃IV』『うたわれ斬』発売記念対談
     歴代表紙タイトルの“今” [ Vol.445-665 ]
    【PS4超新作ラインナップ 2018-2019】
     JUDGE EYES:死神の遺言 / GOD EATER 3
     キャサリン・フルボディ / DMC5 ほか
    【POWER PUSH】勇者ネプ / SAO FB
    【電撃特報】ラピス・リ・アビス
    【MONTHLY DEEP】CRYSTAR -クライスタ-
     CoD:BO4 / ソウルキャリバー6
     ロックマン11 / RDR2
    【BRAND NEW】うたわれるもの斬
     無双OROCHI3 / EDF:IRON RAIN
     ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮
    【Online】バトオペ2 / ボーダーブレイク
     FFXIV / FFXI / PSO2
    【電子書籍データ付録】
     PS&PS2 全ソフトカタログ 特別編集版
    【コード付録】うたわれるもの斬
     無双OROCHI3 / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら

週間アクセスランキング
(PlayStation)

[集計期間2018年 10月11日~10月17日]