News

2018年8月11日(土)

【ガンソク】堅実なバフ役“ハロウィン隊”&高コスパのデバフ役“ライデン専用ゲルググ”を評価

文:栗田親方

 バンダイナムコエンターテインメントから配信中のiOS/Android用アプリ『機動戦士ガンダム 即応戦線(略称:ガンソク)』。8月9日に追加された新URユニット“ジャック・ザ・ハロウィン隊(ジャック&アダム)”と“ライデン専用高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン)”の性能を評価しています。

■『ガンダム即応戦線(ガンソク)』とは

 アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズにおける「一年戦争」にスポットをあてた、対戦型リアルタイムガンダムバトル!

 プレイヤーは、「地球連邦軍」/「ジオン公国軍」どちらかの陣営を選び、所属する軍の指揮官となり、オンラインで友達と同時対戦できるゲーム。

性能&用途はまったく異なるが、どちらも優秀なサポート役

 連邦軍の新ユニットであるジャック・ザ・ハロウィン隊は、攻撃速度1.7倍&被ダメージ15%軽減という攻防一体のバフが非常に強力。本体といえるジム2体はそこまで強くありませんが、バフ効果で性能が底上げされるうえ、前方に設置される防壁で守られるので、総合的にはEN5というコスト以上のパフォーマンスを発揮してくれます。

 実戦では、過去最高クラスの広いバフ範囲を活かすことで、攻めにも守りにも活躍できる汎用性の高さがポイントになります。最前線に配置して敵陣に攻め込むユニットをサポートしたり、左右の自拠点の中央に配置して両サイドの守りを固めたりと、戦況に応じてうまく使い分けていきたいですね。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲ジャック・ザ・ハロウィン隊とライデン専用高機動型ゲルググは、どちらも名サポート機として末永い活躍が期待できる優良ユニットでした。

 ジオン軍の新ユニットは、EN3という低コストながら“攻撃間隔60%低下、移動速度0.5倍、射程低下40.0”という強力なデバフを持つライデン専用高機動型ゲルググ。デバフの効果は、強襲状態中だけでなく破壊されたあとにも発動するので、拠点攻撃時のコンボパーツとして安定した活躍が見込めます。

 そのうえ、デバフ役ユニットとは思えないほど優秀な本体性能もポイント。初動の移動速度がやや遅いものの、それ以外はEN4のイフリート改【格闘】のスペックをほぼ凌駕しています。さらにEN6のシャア専用ザクII【特格】と比べても、爆発力では劣るもののHPはほぼ同等。EN差を考えると、コスパでは大きく上回ったといえます。

ジャック・ザ・ハロウィン隊【射撃】 評価点:9.0

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』

■ジャック・ザ・ハロウィン隊【射撃】の特徴

・ジム(ジャック機)を中心に、右手に同性能のジム(アダム機)、前方に防壁、後方に汎用輸送ヘリ【施設】を配置する

・配備時間中は無敵

・汎用輸送ヘリ【施設】の周囲に、味方の攻撃速度を1.7倍に強化し、被ダメージを15%低下させるバフ効果を展開する

・汎用輸送ヘリ【施設】のバフの効果範囲が非常に広い

・レベルアップするたびに汎用輸送ヘリ【施設】と防壁のHPは10%ずつ上昇する

・防壁以外のユニットのHPはそこまで多くなく、打たれ弱い

・EN5とコストがやや重く、DPSも低め

【ユニットデータ&詳細解説】ジャック・ザ・ハロウィン隊【射撃】

ライデン専用高機動型ゲルググ【特射】 評価点:9.5

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』

■ライデン専用高機動型ゲルググ【特射】の特徴

・EN3消費と低コストの施設専攻ユニット

・配備時間は0.8秒と早めだが、通常時の移動速度が5.0と非常に遅い

・一定距離移動(約2秒)後、移動速度が7倍になり、強襲状態となる

・強襲状態は、自身を中心に攻撃間隔60%低下、移動速度0.5倍、射程低下40.0のデバフを展開する

・撃破されると強襲状態と同様の範囲デバフを残す(約3秒)

・HPが低く打たれ弱い(シャア専用ザクII【特格】と同程度)

【ユニットデータ&詳細解説】ライデン専用高機動型ゲルググ【特射】

※評価点は編集部独自の基準で判定したものです。

※本記事の評価はファーストインプレッションに近いもののため、よりプレイを重ねていくことで評価が変わる場合があります。また、評価が変わった場合は【ユニットデータ&詳細解説】のページを修正いたします。

攻略wiki班が評価点を決める際の座談会をレポート

 結果発表は上記の通りですが、ここからは評価点を決める際の攻略wiki班の座談会の内容をお伝えしていきます。興味のある方は方はこちらもチェックしてみてください。

■ユニットを評価した攻略wiki班のメンバー

【連邦軍】

シワサン:手堅い防御からのカウンターを得意とする堅実派。若さに似合わぬ老獪な戦術を得意とする。

栗田親方:“やられる前にやる”を最優先とする攻撃的なスタイルを好む、アグレッシブなロートルゲーマー。

【ジオン軍】

ワカト:ユニット性能の分析力が高く、理論的な戦術の構築に長ける。バランスよくさまざまなデッキを使いこなす技巧派。

闇よだれ:カタログスペックよりも実際の使用感を重視する実戦派。ユニットの“強さ”に関する嗅覚は攻略班でも随一。

連邦の“ハロウィン隊”は、全4ユニットで構成される優秀なバフ役

栗田親方:連邦は今回も個性あふれる複数配備ユニット。このところフェデリコザク、モルモット隊と大当たりが続いたけど、今回はどうでしょう?

シワサン:今回はなんというか……「地味に強い!」って感じっすね。フェデリコのような万能ユニットではないんすけど、攻撃&防御どちらでも使える汎用性の高さが魅力なのかなと。

栗田親方:まったく同感! 本体はそこまで強いわけでもないジム2体なんだけど、攻撃速度1.7倍に加えて被ダメージ15%軽減という、全盛期のホバトラを思わせるバフが強い!

シワサン:しかも効果範囲がめちゃめちゃ広いっす! 過去最高なんじゃないっすかね?

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲バフの効果範囲は非常に広く、自陣の防壁の間あたりに配置すれば両トーチカをバフれる。

ワカト:しかもホバトラと違ってヘリが動かないから、安定してバフを供給できるんですよね~。戦場の真ん中に陣取ってガンキャノン【砲撃】とかガンタンク【砲撃】をバフられてるだけでもソートーだるいですわ(笑)。

闇よだれ:そう、それね! ガンキャノンがいい位置にいるときに拠点をフェデリコやEXAM機(BD1【特格】)で攻められると、防衛で格闘ザクが置けなくて超キツい。

ワカト:ジオンの防衛は格闘ザクに頼ることが多いんだけど、バフった砲撃でサクッと溶かされるとやることがなくなるんだよな~(笑)。まあ、黒い三連星で早めに潰しちゃえばいいんだけど。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲ガンキャノンとのコンボで戦場の中央部を制圧すれば、ジオン側の動きをかなり制限できる。ただし、黒い三連星などの支援ユニットに弱い模様。

シワサン:対策としては、多分それが最適解っすね。同レベルの三連星を撃ち込まれると、防壁だけが残って寂しい感じになるのがまた……墓標みたいで……。

栗田親方:「ジャック&アダム、ここに眠る」か……確かに墓標っぽいな……(しみじみ)。しかも、黒い三連星に手も足も出ずに壊滅させられた心情も相まって、めっちゃ寂しい気持ちになるよね。ウチのハロウィン隊はまだレベル1なんで、墓標すら残らないこともあるけど(笑)。

闇よだれ:そういえば今回はガシャの確率がいつもより低くて、レベルを上げるのが大変なんだった……。ウチのジョニーさん(※ライデン専用高機動型ゲルググ)もレベル1ですね。

ワカト:こっちのジョニーさんはレベル2ありますよ~(ニヤリ)。

シワサン:こっちのハロウィン隊もレベル2っす!(ニヤ~リ)。

栗田親方:運のいいやつらだぜ!(ぐぬぬ) まあ、3回ガシャをまわせば、いつもどおりミッション報酬で入手できるので、確実に使えるだけでもありがたいけど。

闇よだれ:いつもならレベル3~4まで上げてからやり込んでいたので、やや検証プレイの勝手が違ったってのはありますね。

栗田親方:そこはやむなしなので、ちゃんとデータを把握したうえで想像でしっかり補っていければと。

ワカト:すでに評価済みの既存ユニットとのスペック比較をしっかりやれば、ほぼほぼ大丈夫だと思いますよ~。

シワサン:そうっすね! ちなみにハロウィン隊は低レベルでもバフ効果は同じなので、そこそこ活躍できましたぜ。黒い三連星はカンベンですけど……。

栗田親方:そういや黒い三連星が出てきたあたりから話題が飛んじゃったけど、ハロウィン隊の評価に戻りましょうか(笑)。

闇よだれ:ではジオン視点で一言。フェデリコザクと同じく、ハロウィン隊の配置もかなり強いのではないかと!

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲初期配置はこの形。強固な壁とジム×2体により、最も重要なバフ役“汎用輸送ヘリ”を守りやすい陣形がグッド。

ワカト:やっぱそう思いますよね? 防壁がセンターラインからちょっとはみ出ていて、最前線に出すだけでトーチカのターゲットをとれちゃうのも嫌らしいですわ~。

闇よだれ:本命の輸送ヘリが奥まってるのも単純に強いし、適正レベルまで上がっていれば、防壁のおかげでジム×2体もそこそこ粘り強く戦えるんじゃないかな。

ワカト:コスト5はちょっと重いけど、強力なバフを活かしやすい配置の良ユニットだと思いますよ~。

シワサン:それは間違いないっすね! 最前列なら射程25ぐらいのユニットの拠点攻撃にバフが届くので、ジムストの動きを高速化できるのもでかいっす!

栗田親方:拠点ダメージの高いEz8をバフれるのも強いと思ったね。防御バフ持ち同士ってことで攻守両面で相性よしかと。実際、モルモット隊や大号令も加えた防御バフマシマシデッキがすげえ強い気がするよ。

シワサン:それはワタクシも試してみました。コストがちょっと重いっすけど、コンボが完成したときの防御力がやばいっすね(ニンマリ)。近日中にwikiの「おすすめデッキ(連邦)」に追加するので、楽しみにお待ち下さい!(読者向けコメント)

【※追加されました】ハロウィン隊【射撃】を使ったおすすめデッキ

ワカト:またガチガチのやつ~? あの手のコンボの対応きついんだよね……。

闇よだれ:まあ、そこはなんとか対策しましょう! それよりも、フェデリコと同じく配備時間中に無敵があるのがずるいのでは?

ワカト:またそういう系ね~。複数配備ユニットには無敵をつけるルールとかあるのかな?

栗田親方:そこの法則性はまだ解明できてないね。モルモット隊は2体だけど、特に無敵とかなかったし。まあ、バフがメインなのでフェデリコほどは有効活用できないかなと。

ワカト:なるほど、確かにそれはありますね~。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲フェデリコザクの配備時と同じく、自身が動き出すまでは無敵状態で、相手に気づかれることもない。

シワサン:そして最後に一言いいすか? 防壁は施設ユニットなので、ジョニーさんみたいな施設専攻ユニットへの対策にはもってこいっす。しかも、防壁の硬さとバフを活かせば、今のジオン軍の心の支えともいえるEXAM機(イフリート改【特格】)の足止めもいけるんじゃないすかね?

栗田親方:ハロウィン隊だけだとおそらく殴り負けるけど、防衛で使ってトーチカの攻撃も活かしつつ、ちょっとEN使ってほかのユニットでカバーすればいけるかもね。これはでかい!

シワサン:多少コストオーバーでも、カウンターにつなげられればプラスっすからね!

闇よだれ:まあ、黒い三連星で終わりだけどね(笑)。

シワサン:痛いところ突かれました!……というわけで勢いも止まりましたが、強さ&弱さは見えてきたと思うので評価点を決めちゃいますか?

栗田親方:強みだけ見ると9.5あってもいいぐらいだけど、単体でのパンチ力のなさと、明確な弱点があるってのが気になるところか……。

ワカト:それにEN5という高めのコストですかね。EN4の黒い三連星で基本的に止められる以上、9.5はちょっと難しいかな~と。

シワサン:それは否めない事実……!

闇よだれ:とはいえコンボパーツとしての性能はハイレベルなので、9.0はつけていい気がしますね。

栗田親方:まあ、それが妥当ですかね。

シワサン:異議なしっす!

ワカト:同じく! では、次はジョニーさんを見ていきましょうかね~。

ジオンの“ライデン専用ゲルググ”はコスパ最強の施設専攻ユニット

闇よだれ:というわけで、次はジオンの“ライデン専用高機動型ゲルググ”……通称“ジョニーさん”の評価です。

ワカト:実は、最初しばらく使ったときは「微妙だな~」って思ってたんですわ~。ジョニー・ライデンという有名パイロットなのにこんなのでいいのかと(笑)。

闇よだれ:こっちも最初は同じ感じで、初動スピードの遅さとか、すぐに撃破されるもろさとか、弱点ばかりに目がいってたなあ。でも、最終的にはものすごく高い評価になってきたよね?

ワカト:「デバフが強い」ってことに気づいてからは、そりゃもう! 初動スピードさえ気をつければ、道中でもデバフをばらまいたうえ、最終的には敵拠点に高確率で到達できますし。そして運が良ければ拠点にダメージを与えられるうえ、撃破されても強力なデバフをばらまけると。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲強襲状態に入ると、周囲のかなり広範囲に強力なデバフエリアを展開する。ちなみに電撃トラップでしびれてもデバフは止まらないので、むしろ効果時間が長くなってオイシイという説も。

栗田親方:環境的に、最近の連邦デッキには施設ユニットがあまり入ってないから、施設専攻ユニットが止まらないんだよね(笑)。せいぜい今回のハロウィン隊の防壁&ヘリぐらいかなと。

シワサン:間違いないっすね(笑)。たまにシャアザクが突っ込んできてものすごいダメージ受けたりとか……。シャアザクは「低コストで処理されやすい」という大きなリスクもあるはずなんすけど、環境を見越して使ってるんですかね?

ワカト:それはそうだと思うよ~。だからジョニーさんもかなり活躍できる環境ともいえるかも。シンプルなコンボでいうと、撃破されたときのデバフに合わせてアカハナ(アッガイ【奇襲】)を置くだけでもけっこう削れる。状況を見つつジャミングや電撃トラップを添えるとなおよしですな~。

闇よだれ:デバフの効果がフェデリコザク【格闘】の強化版ってのがすごいよね。攻撃速度60%低下に加えて、移動速度0.5倍&射程低下40.0と、嫌な効果がてんこ盛り。

ワカト:そう、かなり強力! だから戦場の中央で両軍がもつれてるときなんかも、ジョニーさんを送り込むことでデバフぶん有利な展開に持ち込めちゃうんですわ~。しかも、うまくいけば混戦の合間をスルスルっと抜けながら、敵拠点にたどり着いて攻撃までできちゃうという。

『動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
▲施設専攻ユニットのなかでは射程が最も長いのもポイント。ちなみに、強襲状態から放つ初段の攻撃のみ、空中にいる敵にもヒットするようだ。

シワサン:なるほど、EN3でそこまでやれるのは超優秀っすね。しかも恐ろしいことに、本体性能もかなり高くないっすか?

栗田親方:実は最初に気になって調べたんだけど、強力なデバフ持ちのくせに、スペック的にも破格の強さなんだよね。初期の代表的な拠点専攻ユニットであるSRイフリート改【格闘】のレベル8の性能と、ジョニーさんのレベル4の性能を比べると、HPがほぼ同じでDPSは軽く上回っているんだよね。ENは1低いのに(笑)。

シワサン:まじすか!? 先日のUR一律強化の影響でしょうけど、それは破格っすね!

栗田親方:しかも同じURのシャアザクとの比較でも、さすがにDPSは負けてるけど、HPはほぼ同じなんだよね。シャアザクには4倍撃もキックもあるので一撃必殺力はかなり劣るけど、そこはEN6とEN3だから当然の差といえるし、むしろもっと差がついてないとおかしいコスト差ではないかなと。

闇よだれ:間違いなくコスト比ではEN3のジョニーさんが圧倒的ですよね。EN4のSRユニット以上のスペックに強力なデバフまで付いてるわけですから。

ワカト:EN3の使い勝手は半端ないですわ~。コンボへの組み込みやすさがダンチかなと。確かに今の環境ならシャアザクもEN6に見合う爆発力を発揮するケースもありますけども。

栗田親方:とはいえシャアザクは、結局ホワイト・ディンゴ隊とか電撃トラップ&ジャミングとかで対策できちゃうから、心構えさえしてれば怖くないと思うな。忘れた頃にぶっこまれて拠点半壊とかは確かにあるけど(笑)。

シワサン:そんな感じっすよね。いわゆる“わからん殺し”に近い強さというか。でもジョニーさんはわかっててもかなり困りそう。

ワカト:レベル2でもかなり使えてるからね~。これがレベル4とかになったら、もうウハウハじゃないかと!

闇よだれ:そうなったら使いまくるよね。ほんと魅力の高いユニットが出てきてくれたと思う。

栗田親方:話を聞いてると、デバフだけでEN2~3ぐらいの価値がありそうだがら、これで本体の攻撃ダメージも見込めるようになったらかなりのものだよね。

シワサン:はーい! もうジョニーさんが強いのはだいたいわかりましたんで(笑)、ぼちぼち評価点どうすか?

ワカト:最初は「良くて9.0かな~」ぐらいだったんだけど、ある程度使い込んだ結果、9.5まであるんじゃないかなと。

闇よだれ:URの適正レベルで運用したと考慮すると、9.5点の活躍は確かにできそうだね。

栗田親方:個人的には本体スペック見ただけで「こいつは強い!」と思ってたんで、デバフまでそんなに強いとなると、9.5点は納得だなあ。

シワサン:ぶっちゃけ自分では使ってないですし、たまに敵に出てきてもレベルが低いからすぐに溶けるので実感は薄いっすけど(笑)、確かに強そうな気配ありますね。

闇よだれ:じゃあジョニーさんは9.5点ってことでいきましょう!

【まとめ】連邦は手堅く戦力アップ、ジオンには希望の星が登場!

栗田親方:今回も両陣営ともに優良ユニットでしたな!

シワサン:特にジョニーさんは、ジオン軍の希望の星といえる強力なユニットっすね!

ワカト:やっぱり有名なパイロットは違うね~。最終的に手のひらクル~ですわ(笑)。

闇よだれ:バフ&デバフ系はある程度理解しないと判定が難しいからね。でもホントに期待の持てる新ユニットでよかった!

栗田親方:つい先日、ユニコーン&シナンジュの登場が発表されて、いよいよ“第二章”って感じになってきたので、次回がますます楽しみですな!

シワサン:そうっすね。ところでユニコーン&シナンジュのアビリティは“マップ全体の敵すべてのバフ&デバフ効果を無効化する”らしいんすけど、これって今の連邦のバフマシマシデッキ……やばくないすか……?

栗田親方:!

闇よだれ:おやおや、連邦勢はようやく気づいたのかな?

ワカト:ふふふ、ますます“第二章”が楽しみになってきましたねえ。

栗田親方:でも、それってジョニーさんもピンチなのでは?(おそるおそる)

ジオン一同:!!(ざわ……ざわ……)

シワサン:まあ、そのあたりは蓋を開けてみないと分からないってことでひとつ!

栗田親方:そう言われてみればそうだよね(痛み分けにほっとしつつ)。では今回はこれにて解散ってことで、次回もよろしくです!

一同:う、ういーす!

※情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。
(C)創通・サンライズ

データ

▼『機動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:iOS
■ジャンル:RTS
■配信日:2018年予定
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『機動戦士ガンダム 即応戦線(ガンソク)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応機種:Android
■ジャンル:RTS
■配信日:2018年予定
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。