News

2018年8月18日(土)

赤根和樹監督による新作アニメ『星合の空』が2019年に放送予定。2人の主人公は花江夏樹さんと畠中祐さんが担当

文:電撃オンライン

 『コードギアス 亡国のアキト』や『天空のエスカフローネ』を手掛けた赤根和樹監督が贈る、オリジナル新作アニメーション『星合の空(ほしあいのそら)』が、2019年よりTBS他で放送予定であることが発表されました。

 また、スタッフ&キャスト情報、公式サイト、PVが公開されています。

『星合の空(ほしあいのそら)』

 本情報は、本日8月18日に開催された“TBSアニメフェスタ2018”で発表されたものです。

 本作の舞台は、廃部寸前の男子中学ソフトテニス部。さまざまな想いを胸に抱く少年たちがソフトテニスを通して成長していく、等身大の青春ストーリーとなっています。

 キャラクター原案は、Twitter連載漫画『君まであともう少しで』で、切ない青春の1コマを心温まる筆致で描く新進気鋭の人気イラストレーター・いつかさんが担当。赤根監督が紡ぐ物語を、繊細に描いていきます。

 さらに、本作における2人の主人公である桂木眞己(かつらぎまき)を花江夏樹さん、新城柊真(しんじょうとうま)を畠中祐さんが担当することも発表されました。

 赤根監督は「ドラマ的にも、絵的にも新しいチャレンジをして、新しい世界観を構築しようと思っている」と語っています。

■『星合の空』概要
【スタッフ(敬称略)】
監督・シリーズ構成・脚本:赤根和樹
キャラクター原案:いつか
キャラクターデザイン・アニメーションディレクター:高橋裕一
場面設計:竹下美紀
美術監督:志和史織
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:フライングドッグ
アニメーション制作:エイトビット
【キャスト(敬称略)】
桂木眞己:花江夏樹
新城柊真:畠中祐

(C)赤根和樹/星合の空製作委員会

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。