News

2018年9月3日(月)

『けものフレンズ』のPPPライブで『大空ドリーマー』やソロ曲を披露。グレープ&フルルの曲も

文:たく坊

 9月2日に、品川インターシティホールで、TVアニメ『けものフレンズ』のライブイベントの夜公演“けものフレンズ LIVE ~PPP LIVE”が開催されました。

『けものフレンズ』

 本イベントでは、『けものフレンズ』に登場するペンギンのアイドルユニット“PPP(ペパプ)”がライブを行った他、新情報が公開されました。

 PPPのキャストはそれぞれ、ロイヤルペンギンを佐々木未来さん、コウテイペンギンを根本流風さん、ジェンツーペンギンを田村響華さん、イワトビペンギンを相羽あいなさん、フンボルトペンギンを築田行子さんが担当しています。

『大空ドリーマー』など人気曲からライブがスタート

 作中でPPPのマネージャーを担当している“マーゲイ”の声で注意事項があった後、ライブのオープニング映像とともにペンギンの姿をしたPPPのメンバーが姿を現します。

 登場と同時に披露された「ずっと夢見てる、ストーリー」から始める1曲目『わたしたちのストーリー』では、跳ねたり揺れたりと、ペンギンのような動きでかわいらしさをアピール。

 1曲目を終えた後は自己紹介が行われ、メンバーは念願のPPP初ライブについて、各々意気込みを語りました。「フレンズがいっぱいいる~」と言う“フルル”ことフンボルトペンギン。全員がフレンズとなって一体化し、会場は開始早々かなりの熱気であふれていました。

 「遠くから来たやつ手を挙げろ!」という問いかけには、青森、熊本、さらにはタイから来たと会場のフレンズが答えます。国境を超えた人気に、PPPは驚きと喜びを見せました。

 自己紹介が終わり、次に披露された楽曲は「ぺたへい、ぺたへい、ペパプ!」のコールが楽しい『PPPのドレミのうた』と、アニメ本編でも収録されていた『大空ドリーマー』です。

 「空は、飛べないけど」のフレーズが印象的な『大空ドリーマー』では、ステージ上部のモニターに、PV撮影オフショットが流されていました。映像で、水槽をバックにさまざまなポーズやダンスをみせるPPP。実際のペンギンと戯れるかわいらしい姿には、筆者もつい表情が緩んでしまいました。

『けものフレンズ』

ソロ曲がルーレットで決定!? “グレ爺”の名前も……

 MCが入り、ここからはソロ曲が続くとのことですが、誰から歌うかがなかなか決まらない様子……。ステージが騒がしくなっていく中で、“プリンセス”ことロイヤルペンギンから鶴の一声が!

 「天に決めてもらいましょう」となり、モニターにキャラクターが回転するルーレットが映されます。最初のソロ曲を披露するのは、ジェンツーペンギンの“ジェーン”となりました。

 アイドル風な曲調で、ジェーンのかわいらしさが前面に出た『Hello!アイドル』。ソロ曲コーナーのトップバッターを大成功で飾り、後続にバトンタッチします。

 続いてルーレットで決定したのは、コウテイペンギンの“コウテイ”です。コウテイのソロ曲『200キロの旅』では、これまでキュートな振りやポップな曲が続いたこともあり、バラを持ったコウテイペンギンのクールな歌には会場も静かな盛り上がりを見せていました。

 次のルーレットで決定したのは、フンボルトペンギンの“フルル”……ではなく、“グレープ&フルル”。なんと、昨年話題となった、東武動物公園でフンポルトペンギンのパネルと寄り添っていた“グレ爺”こと“グレープ”くんの名前がここに登場しました。

 『やくそくのうた』の歌詞では、「そばにいてねこれからも」など、聴く人だけでなく、“グレープ”くんにも投げかけられているであろう言葉が散りばめられています。

『けものフレンズ』

芸人扱いに不満爆発!? “ゆるぺぱ”公開収録が実施

 3羽のソロ曲が終わると、“ゆるペパ”のコーナーに移ります。ドキュメント番組風の映像で、PPPのメンバーがコメントします。

 “ゆるぺぱ”とは、ペンギンズパフォーマンスプロジェクト“PPP”の5羽のペンギンたちが、アイドルとしてさらに輝くため、切磋琢磨したり、励まし合ったりはせずに、ただただ楽屋でウダウダする物語です。

 コメントで“女優”を強調するPPPでしたが、扱いや対応は“芸人”そのもの。そのことに不満を持った“PPP”が、“ゆるペパ”の公開収録を行いました。

 ステージでは、本イベントの昼公演“けものフレンズ LIVE”を終えた楽屋で、アイドルと芸人とのギャップに悩まされる“PPP”という設定で話が進みます。

 プリンセスは“ブラック企業相談センター”に、コウテイが“いつまでたっても彼氏ができないセンター”に、ジェーンが“なんか感じが悪いセンター”に黒電話を使って各々電話をかけます。それにイワビーがツッコミを入れ、メンバー間に不穏な空気が……。

 険悪な雰囲気になっている中、その様子に耐えきれなくなったフルルがとあるお題に挑戦します。内容は“モニターに映し出されたカンペを見ずに、事前に覚えたセリフを言えるか”といったものに、1発勝負で挑みます。「こんなあったかい場所は今までなかった」と感動する重要な部分を飛ばしてしまい、何度も振り向いてカンニングしてしまうフルルでしたが、なんとかセリフを完走します。

 そんなコントが終わり、次のコーナーはお互いがお互いを褒めあって勝負する“ほめほめ相撲”が行われました。4人がそれぞれ悩み相談に乗ってくれた話や、お金が足りなかった時に奢ってくれた話など、さまざまな状況について褒め合いました。

 4人の様子が褒め合う様子を見たフレンズは、誰もが笑い、会場は笑顔のたえない状態でコーナーは進みました。

 そして最後には、対戦に参加しなかったコウテイが褒められる展開に移行。PPPメンバーが、「キャラを作って頑張っていること」や「ラジオのネタ考えて電車を乗り過ごしたこと」などを明かし、コウテイに向けて想いを伝えました。

ライブは再びソロ曲へ

 “ゆるぺぱ”公開収録が終わり、イベントはまたソロ曲のルーレットが再開され、イワビーの出番となります。

 イワビーのソロ曲『Rookin’Hoppin’Jumpin’』は、ロックテイストな曲で、先ほどまでの芸人の雰囲気を感じさせない、激しいテンポのホットな曲となっており、会場は大きな盛り上がりを見せました。

 元気あふれるイワビーの曲が終わり、最後のルーレットがスタート。ソロ曲のラストを飾るのは、プリンセスによる『夢見るプリンセス』です。

 “ゆるペパ”公開収録で「純粋な笑顔なんて23歳くらいの時に捨てたわ!」と言っていたプリンセスでしたが、本曲を歌う時の笑顔は自然で、振りもあわさって、かわいらしくペンギンらしさが表現されていました。

 ソロ曲のナンバーがすべて終了し、各曲を振り返るトークの時間に。好きな振りや練習した場面など、ソロ曲を披露しての感想が語られました。

 トークが終わり、会場全体でタオルを回す『ファーストペンギン』が初披露され、会場の熱気が、再びあふれかえります。曲が終わるとプリンセスは、「みんなでタオル回すから風がすごいね!」と驚きを見せ、会場に笑いを届けました。

 残り2曲というアナウンスの後、『大陸メッセンジャー』と『純情フリッパー』を続けて披露し、PPPはステージを後にしました。

アンコールでは“どうぶつビスケッツ”が登場。TVアニメ『けもフレ2』の発表も!

 アンコールでは、ステージ中央の壁から尾崎由香さんが演じるサーバル、本宮佳奈さんが演じるフェネック、小野早稀さんが演じるアライグマが姿を現し、“どうぶつビスケッツ”が集結。CDアルバムを発売するということで、新曲『ハッピービスケット』を披露します。

『けものフレンズ』

 曲が始まる前には合いの手で入る“たんたかタイム”での手拍子のレクチャーが入り、全員が存分に楽しめる1曲となりました。

 「私たちのために集まってくれて、ありがとう!」とイベントを終わらせようとする3匹でしたが、PPPがステージに戻り、それを阻止します。

 その後、これまでのイベントを振り返る映像がモニターに映し出され、TVアニメ『けものフレンズ2』や動物園とのコラボなどの新情報が続々公開されました。なお、最新情報は後述します。

 “どうぶつビスケッツ×PPP”の8人が集まったということで、TVアニメ『けものフレンズ』のオープニングテーマでもある『ようこそジャパリパークへ』を全員で歌うことに。演奏中の映像は、“カラオケDAM”で映像付きで配信されることが発表され、それに向けて、「東へ吠えろ!(うー、がおー!)」のおさらいが行われました。

 曲を終え一段落したと思いきや、“どうぶつビスケッツ”の3人で書いたという手紙をサーバルがPPPに向けて読み上げられます。サプライズのメッセージにイワビーは思わず涙してしまい、PPPのメンバーは茶化していたものの、泣いてしまう気持ちを汲み取っているようでした。

 最後に一言ずつ出演者から語られるメッセージで、ライブを通して泣いてしまう気持ちは同じなのだと、フレンズたちにも伝わっていた様子で、会場は感動した様子が伺えました。

 すべてのコーナーとトークが終了し、PPPによる『わたしたちのストーリー』でイベントを締めくくりました。

『けものフレンズ』

■“けものフレンズ LIVE ~PPP LIVE”開催概要
【開催日】9月2日
【場所】品川インターシティホール
【出演者(敬称略)】
ロイヤルペンギン:佐々木未来
コウテイペンギン:根本流風
ジェンツーペンギン:田村響華
イワトビペンギン:相羽あいな
フンボルトペンギン:築田行子
【ゲスト】
サーバル:尾崎由香
フェネック:本宮佳奈
アライグマ:小野早稀

セットリスト

楽曲
01.『わたしたちのストーリー』 PPP
02.『PPPのドレミのうた』 PPP
03.『大空ドリーマー』 PPP
04.『Hello!アイドル』 ジェンツーペンギン
05.『200キロの旅』 コウテイペンギン
06.『やくそくのうた』 フンボルトペンギン
07.『Rookin’Hoppin’Jumpin’』 イワトビペンギン
08.『夢見るプリンセス』 ロイヤルペンギン
09.『ファーストペンギン』 PPP
010.『大陸メッセンジャー』 PPP
011『純情フリッパー』 PPP
EN01.『ハッピービスケット』 どうぶつビスケッツ
EN02.『ようこそジャパリパークへ』 どうぶつビスケッツ×PPP
EN03.『わたしたちのストーリー』 PPP

最新情報公開

 今後の『けものフレンズ』の展開について、新情報が紹介されました。なお、『けものフレンズ2』とNintendo Switch用ゲーム『けものフレンズピクロス』の情報は、別記事で紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

“お祭りだよ! けものフレンズ がーでん2”が開催

 東京都・池袋“楽園タウン 池袋 屋上”で、“お祭りだよ! けものフレンズ がーでん2”が開催されます。チケットは現在発売中です。

『けものフレンズ』

舞台“けものフレンズ2 ゆきふるよるのけものたち”情報

 舞台“けものフレンズ2 ゆきふるよるのけものたち”が、11月8日~18日の期間に公演されることが発表されました。

『けものフレンズ』

■舞台“けものフレンズ2 ゆきふるよるのけものたち”公演情報
【公演期間】11月8日~18日
【公演場所】品川プリンスホテル クラブeX
【原作】けものフレンズプロジェクト
【脚本・演出】村上大樹
【出演者(敬称略)】
全部の回出演:
鈴木絢音(ギンギツネ)
佐々木琴子(キタキツネ)
野本ほたる(オカピ)
仁藤萌乃(マンモス)
加藤里保菜(タヌキ)
稲村梓(クロヒョウ)
野口真緒(ホワイトタイガー)
佐藤遥(オイナリサマ)
森憩斗(ハクトウワシ)
田口実加(ホッキョクグマ)
野中遥月(トナカイ) 他
【サーバルの回出演者(敬称略)】
尾崎由香(サーバル)
【アライさんとフェネックの回出演者(敬称略)】
本宮佳奈(フェネック)
小野早稀(アライグマ)
【PPPとマーゲイの回出演者(敬称略)】
佐々木未来(ロイヤルペンギン)
根本流風(コウテイペンギン)
田村響華(ジェンツーペンギン)
築田行子(フンボルトペンギン)
山下まみ(マーゲイ)
【主催】ネルケプランニング

CD『さふぁりどらいぶ♪』発売情報

 どうぶつビスケッツのメジャーデビューアルバム『さふぁりどらいぶ♪』の情報が公開されました。詳細は公式サイトで確認できます。

『けものフレンズ』

■CD『さふぁりどらいぶ♪』商品概要
【初回生産分限定特典】特典お渡し会参加券 封入
【特典お渡し会】
10月4日:池袋サンシャインシティ アルパB1F 噴水広場
10月20日:東武動物公園イベントステージ“HOLA”(通常盤、初回限定盤の初回生産分に封入)

動物園コラボ情報

 各動物園と『けものフレンズ』のコラボ情報が公開されました。

『けものフレンズ』

■動物園コラボ概要
【開催場所】
栃木県・那須どうぶつ王国:7月21日~10月6日(9月30日にトークショーが開催)
広島県・福島市立動物園:8月1日~9月30日(どうぶつ解説ツアーが第2・第4土曜日に開催)
東京/池袋・サンシャイン水族館:9月7日~24日(9月16日にトークショーが開催)
大阪府・みさき公園:9月14日~10月31日(11月27日までコラボVer.イルカショーが開催)
京都府・京都市動物園:9月15日~10月14日(9月29日にトークショーが開催)
新潟県・トキの森公演:9月15日~10月31日(飼育員さんトークが開催予定)
山口県・秋吉台サファリランド:9月15日~11月16日(9月15日にトークショーが開催)

どうぶつビスケッツのライブが決定

 2019年1月12日に、どうぶつビスケッツのライブが開催されることが決定しました。詳細は後日公開されます。

『けものフレンズ』

(C)KFP2A

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。