DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 【『殺スト』プレイレポ5】本作イチの変人!? 闇医者・クラマルートで主人公の謎を解き明かす!

2018-09-07 21:15

【『殺スト』プレイレポ5】本作イチの変人!? 闇医者・クラマルートで主人公の謎を解き明かす!

文:ガルスタオンライン,ichico

 8月23日に発売されたブロッコリーの新作ソフト『殺し屋とストロベリー』。攻略対象が全員“裏稼業”を営んでいるというダークな世界観と、人気イラストレーター・カズキヨネ氏が手がける美しいビジュアルで話題となっています。

『殺スト』プレイレポート5

 そんな本作を、各攻略キャラのルートごとにプレイレポート! 3人目は、主人公が身を寄せる“喫茶 月影”の裏店舗で開業する闇医者・クラマ(声優:野島健児)。ちょっぴり変人な彼のルートをお届けです。

『殺スト』プレイレポート5

闇医者だけど腕は超一流! クラマが導き出す主人公の過去とは……!?

 ジュラルミンケースに入れられ、とある施設から運び出された主人公・イチゴ。彼女は施設で行われていた実験のストレスから、声を失ってしまいました。依頼によりイチゴの身を預かることになった殺し屋のツキミ(声優:田丸篤志)とイズナ(声優:石川界人)。イチゴは彼らとともに、裏社会で生きる人々の交流の場“喫茶 月影”で働くことに。

 そんな月影のバックヤードで開業しているクラマ。彼は、更衣室と間違え入ってきてしまったイチゴを半ば強引に診察しはじめ、イチゴが声を出せなくなった原因を冷静に診察していきます。イチゴは彼に、月影からの出前を届けます。しかし作業に没頭するクラマは、彼女に興味を示しません。

『殺スト』プレイレポート5
『殺スト』プレイレポート5
『殺スト』プレイレポート5
▲ミニチュア作りが趣味のクラマ先生。作っているものによって出前のオーダーが変わるのだとか。ちなみに法隆寺を作っていたときのオーダーは、ほうじ茶と柿。
 

 次の日も、クラマから紅茶とマドレーヌのオーダーが。運び届けるイチゴでしたが、なぜかこの日はクラマのいる診察室に居心地の悪さを感じます。言い知れぬ“嫌な感じ”を肌で感じ取ったイチゴ。どうやらクラマには心当たりがないようで……?

『殺スト』プレイレポート5
『殺スト』プレイレポート5
『殺スト』プレイレポート5
▲“嫌な感じ”がするというイチゴに興味を持ち始めるクラマ。やっとフラグが立ちました!

 次の日イチゴが診察室へと向かうと、前日に感じた違和感はなくなっていました。しかし今度は、診察室の奥に拒絶反応を示します。何かわからないけれど、“嫌な感じ”がする……。そんな彼女を見てクラマは、「君自身のことに、興味はあるか」とたずねます。彼はイチゴが施設に捕らわれていた理由を、すでに推測していたのです。

『殺スト』プレイレポート5
『殺スト』プレイレポート5
▲クラマは初対面時、イチゴが施設で受けていた扱いを見抜いていました。彼女はある実験のため、“生かされて”いて……。

 どうして私のような普通の高校生がこんな目に……? 施設での日々の中で自問自答していたイチゴは、クラマが推測した“イチゴが施設に捕われていた理由”を聞くことに。

 クラマは、イチゴから“嫌な感じ”がすると言われた診察室を調べていました。すると、治療に使った器具が破損し、電源部分から放電しかけていました。あと一歩で感電していたかもしれない――。イチゴの異常なまでの勘の鋭さは一体……?

『殺スト』プレイレポート5
▲医者としての好奇心からか、クラマはイチゴの身を調べることに。

 そんな折、内偵を行っていたツキミたちの仲間が血だらけの状態で月影に現れます。イチゴは、治療を担当するクラマの助手をすることになって……!?

『殺スト』プレイレポート5

 物事を淡々とこなし、他人にあまり興味を持たないクラマのルートをお届けしましたが、いかがでしたか? 私は、彼の有能さが感じ取れるストーリーにドッキドキでした♪ この続きは、ぜひ本編でお楽しみくださいね! 

 また、クラマ編のコミックは来週アップ予定です。ご期待ください!

▼『殺し屋とストロベリー』通常版
■メーカー:ブロッコリー
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:裏社会×恋愛ADV
■発売日:2018年8月23日
■価格:6,300円+税
 
■『殺し屋とストロベリー』通常版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『殺し屋とストロベリー』初回限定 月影BOX
■メーカー:ブロッコリー
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:裏社会×恋愛ADV
■発売日:2018年8月23日
■価格:8,300円+税
 
■『殺し屋とストロベリー』初回限定 月影BOXの購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー