News

2018年9月14日(金)

『ヴァンブレイス:コールドソウル』『フォーゴットン・アン』が“TGS2018”に出展。会場では体験プレイも

文:電撃オンライン

 コーラス・ワールドワイドは、Devespresso Games制作のRPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』と、TroughLine Games制作のADV『フォーゴットン・アン』の両タイトルを9月20日~23日に開催される“東京ゲームショウ2018”インディーゲームコーナーに出展します。ブース位置は9ホールB54。

 『ヴァンブレイス:コールドソウル』および『フォーゴットン・アン』の両タイトルはコーラス・ワールドワイドが2019年春に国内発売を予定している本格的なRPG、ADVです。会場ではPCおよびNintendo Switchを使用して開発最新状況のゲーム内容が展示されます。

『ヴァンブレイス:コールドソウル』

 本作は、ホラーゲーム『ザ・コーマ』でコアゲームファンから注目を集めているDevespresso Gamesが手がける最新作です。“影の王”の呪いによって魂をも凍る極寒の地化した都市イセネイアを舞台にした横スクロールタイプRPGとなっています。

『ヴァンブレイス:コールドソウル』

 “影の王”よりイセネイアを奪還するため、地下深くにつくられた生き残りたちの街“ダリアーチ”を拠点に地上から攻め寄せる不死の軍勢と戦う人々が描かれます。

 プレイヤーは魔法の腕甲をつけた謎の少女“リリック”として“ダリアーチ”に集うさまざまな種族とクラスから4人の遠征隊を結成し、“影の王”打倒の遠征を重ねていきます。

 本作では、過酷な遠征に勝ち残ることで、物語やチャプターが進行していきます。また“ダリアーチ”に住む住人たちとの交流を通じて、地下世界で繰り広げられている人間模様を知っていくことも本作の大きな魅力となっています。

 遠征へ向かう際は、生きるか死ぬかの戦いとなります。プレイヤーは目標を達成するために剣を振るい、もがき苦しまなければなりません。1秒たりとも気が抜けず、1つのミスが命取りになります。運よく地下へと撤退できたなら、街で態勢を立て直してから、再び地上へと向かいましょう。

 プレイヤーには“ギリギリのところでやり遂げる”ことの困難と喜びを感じてもらうことが本作の狙いとのことです。長い遠征の果てに使命を達成し、“ダリアーチ”へと帰還できた暁には、大きな満足感に包まれることでしょう。

“東京ゲームショウ2018”出展情報

 会場ではデジカの支援により、Razer製の最新ゲーミングPCを使用してゲームを体験できます。新作のRazer Blade 15は、第8世代IntelプロセッサーとMax-QデザインNVIDIA GTX 10シリーズグラフィックスを搭載したことで、ゲームとストリーミングの同時実行や最新アプリでの映像編集も、楽々とこなすことができます。

 さらに、大型の15.6インチEdge-to-EdgeフルHDディスプレイと144Hzリフレッシュレートにより、最高の環境で映像を楽しめます。

 なお、本作は英語版での出展となります。

『フォーゴットン・アン』

 本作は、PAX WEST、EGX、BitSummitなど多数のインディゲームイベントの賞に受賞もしくはノミネートされた実績をもつ、まるでアニメ映画をみているかのような感覚でゲームに没頭できるシネマティック・アドベンチャーゲームです。

『フォーゴットン・アン』

 『フォーゴットン・アン』には、できあいのムービーなどは一切存在しません。ゲーム中のビジュアルはすべてが手描きのアニメーションで構成され、カットシーンからゲームプレイへのシームレスな展開が実現されています。

 また、サウンドはコペンハーゲーン・フィルハーモニー・オーケストラが起用されています。ゲームのストーリーを反映させた音楽的なテーマを創り上げています。

 本作では、プレイヤーの選択によってその後の展開が変化します。プレイヤーが積極的にストーリーへかかわることで、本作は映画よりも印象深く主人公・アンの物語を体験できます。

ストーリー

 すべての失われたモノや忘れられたモノたちが行き着く場所を想像したことはありますか? 古いおもちゃ、手紙、靴下……。

 フォーゴットン・ランドはそんな人々から忘れられたモノたちが行き着く場所。

 彼(あるいは彼女?)らはフォゴットリングと呼ばれ、人間の持ち主とのかかわり合いの中で自我や感情を育んでいった彼らは、いつか持ち主のもとへ帰ることを願っています。

 主人公・アンはボンク師とともにフォーゴットン・ランドの秩序を守る者として、この世界で暮らしています。

 “物”ではなく人間である2人がなぜフォーゴットン・ランドにたどり着いたかは謎ですが、すべてのフォゴットリングが人間の世界へ帰れるようになるかけはしの建設に取り組んでいます。

“東京ゲームショウ2018”出展情報

 東京ゲームショウ会場では世界初公開となるNintendo Switch版をいち早く日本語環境でプレイできます。

ブース配布物

 コーラス・ワールドワイドブースで『ヴァンブレイス:コールドソウル』および『フォーゴットン・アン』をプレイすると、ステッカーが贈られます。

『ヴァンブレイス:コールドソウル』
『フォーゴットン・アン』

 なお、それぞれなくなり次第配布終了となります。

(C) 2018 Chorus Worldwide

データ

▼『ヴァンブレイス:コールドソウル』
■メーカー:コーラス・ワールドワイド
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2019年春
■価格:未定
▼『ヴァンブレイス:コールドソウル』
■メーカー:コーラス・ワールドワイド
■対応機種:Switch
■ジャンル:RPG
■発売日:2019年春
■価格:未定
▼『フォーゴットン・アン』
■メーカー:コーラス・ワールドワイド
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2019年春
■価格:未定
▼『フォーゴットン・アン』
■メーカー:コーラス・ワールドワイド
■対応機種:Switch
■ジャンル:RPG
■発売日:2019年春
■価格:未定

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。