News

2018年9月25日(火)

任天堂×サイゲームスの超豪華アクションRPG『ドラガリアロスト』先行レビュー

文:宮居春馬

 任天堂とサイゲームスが共同開発し、9月27日サービス開始予定となっているiOS/Android用アプリ『ドラガリアロスト』。話題のアクションRPGをひと足先にレビューします。

『ドラガリアロスト』

 『ドラガリアロスト』は、人とドラゴンが共生する世界を舞台に、“アルベリア王国”の第七位王子である主人公が、仲間たちやドラゴンと力を合わせながら冒険を繰り広げていくアクションRPGです。

操作方法やあらすじをチェック。フルボイスの3Dイベントシーンが超豪華!

 ゲームを始めると、主人公がドラゴンと契約するための“選竜の試練”に挑むところからスタート。薄暗い森の中を、魔獣を倒しながらどんどん進めていきます。

『ドラガリアロスト』
▲移動はスライド操作、攻撃はタップ操作とシンプルな操作性なので、悩むポイントもなく手になじみます。

 ダッシュ中に逆方向に切り返す“クイックターン”や、ダッシュの勢いを活かして前方を攻撃する“ダッシュアタック”などアクションもわかりやすいものばかり。

 『マリオ』シリーズを手掛ける任天堂との共同開発なだけあって、慣性を感じる自然なアクションが盛り込まれているのが印象的です。

『ドラガリアロスト』

 攻撃を当てるとスキルアイコンのゲージがたまっていき、満タンになったらスキルが発動可能になります。片手でスイスイと使用できるのは、電車などでの移動中にも遊びやすくてうれしいところ。

『ドラガリアロスト』

 操作感はライトですが、キャラクターがフルボイスだったり、派手なスキル演出があったりと、ゲーム全体の雰囲気はかなりリッチ! SDキャラクターもかわいらしいデザインで、見た目にも楽しい仕上がりです。

『ドラガリアロスト』

 ある程度進んだところで、3Dのイベントシーンがスタートします。フルボイスのムービーになっており非常に豪華! ここで、主人公の妹“ゼシア”と妖精“ナーム”が登場し、ゼシアも戦闘に参加してくれるようになります。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』

 仲間キャラクターはフルオートで動き、プレイヤーをサポートしてくれます。仲間の動きをあまり気にしなくてもいいので、自分が操作しているキャラに集中できます。

 味方だけでなく、敵にも大きな変化が! 範囲攻撃を使ってくるようになり、効果範囲が赤く表示されるようになりました。普通に移動していると回避しきれないので、ここはスワイプ操作で回避をしていきます。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』
▲スワイプすると短距離を高速で移動し、敵の攻撃を回避できます。

 マップの最奥までたどり着くと、突如現れた“仮面の少女”が一行の前に立ちふさがります。いよいよ、ボス戦になるのですが、ここでついに本作の特徴でもある“竜化”が解禁!

『ドラガリアロスト』

 移動や攻撃の操作は変わらず、すべてが大幅にパワーアップします! ここは難しいことは考えずガンガン殴って、ボスを倒してしまいましょう。

 ボスは、HPゲージの他に“モードゲージ”を持っています。これはダメージを与えるとたまっていき、満タンになるとボスが“OVERDRIVE”状態になって、大幅に強化されてしまいます。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』
▲ボスは強力な範囲攻撃を多用してくるので、竜化しないで戦おうとすると、しっかりと攻撃を回避していかないといけません。

 ボスを撃破すると3Dイベントシーンが流れ、驚くべきことが発覚します。その内容はプレイしてのお楽しみとなりますが、ここで物語に引き込まれるのは間違いないでしょう。

 これにてチュートリアルステージが終了。ひとまず、主人公をデフォルトネームのまま“ユーディル”と名付け、プレイを続行していきます。

召喚やクエスト報酬で仲間をゲット。強化システムは多種多彩

 クエストをクリアしたら、次はやっぱり仲間を増やすための“召喚”ですね。うながされるまま、単発の召喚をしてみたところ星4キャラの“アマネ”をゲット! かわいいキャラも手に入って幸先のいいスタートが切れました。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』
▲ユーディルがひとりで歩いていたマイページも、ちょっとにぎやかになりました。

 早速、アマネをパーティに加えてクエストを進めていくと、すぐに新たなキャラクターが登場。ここでもボスがOVERDRIVE状態になってしまいますが、さらに攻撃を加えていくことで、今度はモードゲージが減少していきます。

 モードゲージがなくなると“BREAK”が発生してボスが無防備になるので、このチャンスに一気に畳みかけてしまいましょう!

『ドラガリアロスト』
▲名前も知らない女騎士のピンチを颯爽と助けに行くユーディル。これは間違いなくフラグ立ってる!

 ここでも、BREAK状態に追いこんだボスを華麗に撃破。助けた女騎士“エルフィリス”が仲間に加わりました。もちろんシナリオだけに出てくるのではなく、パーティに編成して使える味方の1人です。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』

 クエストを進めていくと、新たなキャラクターが次々に登場します。クエストクリア後に仲間になってくれるキャラクターが多く、ゲームを進めていくだけでもどんどんパーティがにぎやかになっていきます。

『ドラガリアロスト』
▲頼れる兄貴分といった感じの傭兵“ランザーヴ”。序盤のボスとして闘い、倒せば仲間に加わってくれます。
『ドラガリアロスト』
▲エルフィスもランザーヴも星4のキャラクターなので、初めて1時間も経ってないのにかなり強そうなパーティになりました。

 仲間がどんどん増えていくので、クエストも順調に進行していきます。あまり苦戦することもなく、森のドラゴンとの対決にも勝利し、正式な契約を結んだユーディル。あまり気にしていませんでしたが、どうやらユーディル以外のキャラクターも竜化ができるとのことです。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』

 ここで、遠距離攻撃を試すため操作キャラをアマネに変更。使ってみると、細かい向きの調整をしなくても敵に向かって矢を放ってくれるので、戦闘が非常に楽でした。近距離主体のキャラを使って「ちょっと難しいな」と感じたら、遠距離のキャラにしてみるのもいいかもしれません。

『ドラガリアロスト』

 ちなみに、ここまでにキャラクターの強化方法もいろいろと解禁されています。まずは、キャラクターの経験値を増やしてレベルを上げる“キャラ強化”。次に、キャラに装備させることで効果を発揮する“武器”と“竜輝の護符”。

『ドラガリアロスト』
▲キャラ強化では、強化素材としてクリスタルを消費します。クリスタルはクエストクリア報酬として手に入ります。
『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』
▲竜輝の護符はアクセサリのような感覚です。クエストの報酬や、召喚で新たな竜輝の護符が手に入り、強化することも可能です。
『ドラガリアロスト』
▲同じ竜輝の護符同士を合成すると“上限解放”により、レベル上限が引き上げられます。さらに、上限解放を2回すると絵柄が変化します。

 もうひとつ、特徴的な強化方法として“マナサークル”があります。クエストクリア時に手に入る“マナ”を使用し、“アビリティ”を習得したり、ステータスをアップさせたりできます。

『ドラガリアロスト』
▲マナサークルの内容はキャラクターによって違っています。
『ドラガリアロスト』
▲マナサークルで“バーストアタック”を習得すると、長押しで特殊攻撃が発動します。
『ドラガリアロスト』
▲バーストアタックを使えば、ボスが使用してくるバリアを一撃で破壊可能!

箱庭要素“聖城”&レイドクエスト“フレガノス大討伐戦”に挑戦!

 これだけでもかなり盛りだくさんですが、『ドラガリアロスト』には、“聖城”という箱庭要素も搭載されています。敷地内に施設を建設していくことで、素材を効率よく集められるようになります。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』

 しかも、この聖城にある“竜の庭”では、ドラゴンとの絆を深めることもできるのです。“贈り物”をあげることで信頼度が上がり、信頼度が高くなれば、特別なアイテムをお返しとしてくれたり、戦闘中の竜化時間が延びたりといった恩恵が得られます。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』
▲コミュニケーションを取っているうちに、ドラゴンが段々とペット感覚に。短い時間ではありましたが、すっかり愛着が湧いてしまいました。

 たくさんのメディアが集まったということで、レイドイベントにも挑戦することになりました! とはいえ、このままでは高難度のクエストは難しいということで、専用の端末を用意していただきました。

『ドラガリアロスト』
▲ちなみに、ストーリーを2章まで進めればマルチプレイが解放されます。コミュニケーション用のスタンプもばっちり完備されています。

 用意されていたデータでは、最大レアリティの星5キャラが編成済み。しかも、これから挑むクエストは火属性の敵がたくさん出現するようなので、有利な水属性キャラにしてくださっています。

『ドラガリアロスト』
▲他にも水属性キャラクターを編成して準備万端!

 ストーリークエストよりもボスが強くなっているとは言えど、こちらもゲームの腕には自信のあるメンツがそろっています。

 「これは楽にクリアできてしまうのでは?」と思ったのですが、これまでは推奨戦力2,000程度だったのに対して、“フレガノス大討伐戦”は初級ですら推奨戦力11,000に跳ね上がっています。

 しかも、このクエストはプレイヤー4人がそれぞれ4人パーティを使って挑む、16人制のレイドクエストなのです!

 攻撃範囲はこれまでのボスの比ではないぐらいに広く、すべて避けながら戦うには、しっかりと自身のテクニックを磨く必要がありそうです。

『ドラガリアロスト』
▲16人のキャラクターがちょこまか動き回る様子がかわいらしく、危険なクエストだというのに和やかな気持ちになってしまいます。

 レイドボスは部位ごとにHPが設定されていました。“部位破壊”と聞いたら尻尾に向かわずにはいられない我々でしたが、攻撃を避けながら後ろに回り込むのは初見では難しく、苦戦を強いられます。

 とはいえ、こちらにもゲームメディアとしてのプライドがあります。ボスを包囲するように戦うことで、尻尾の部位破壊に成功! 続けて右前脚の破壊にも成功……しましたが、こちらの被害も大きすぎました。

『ドラガリアロスト』 『ドラガリアロスト』

 残念ながらゲームメディア連合は全滅してしまいましたが、レイドボスはやり応え満点でした。サービスが開始されたら、ぜひともリベンジしたいところです。

 今回の体験会では序盤しか遊べていませんが、すっかり『ドラガリアロスト』に夢中となってしまいました。簡単操作で爽快なアクションができるため、ゲーム全体のテンポがよく、ついつい時間を忘れて遊んでしまいそうです。

※ゲーム内容は開発中のものです。
※端末の性能や仕様、端末固有のアプリ使用状況などにより、正常に動作しない場合があります。
(C) Nintendo / Cygames

データ

▼『ドラガリアロスト』
■メーカー:任天堂/Cygames
■対応端末:iOS
■ジャンル:アクションRPG
■配信日:2018年9月27日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『ドラガリアロスト』
■メーカー:任天堂/Cygames
■対応端末:Android
■ジャンル:アクションRPG
■配信日:2018年9月27日
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。