News

2018年9月22日(土)

『禍つヴァールハイト』の試遊はVR。会場限定の特別な体験を味わえる【TGS2018】

文:電撃オンライン

 千葉・幕張メッセで開催されている“東京ゲームショウ2018”で、KLabGamesの最新作、iOS/Android用アプリ『禍つヴァールハイト』を試遊してきました。本記事では、そんな本作のプレイレポートをお届けします。

『禍つヴァールハイト』

 『禍つヴァールハイト』は、KLabGamesが2018年にiOS/Androidで配信予定のモバイルオンラインRPGです。舞台となるのは、滅びを迎えようとする世界“ヴァールハイト”。プレイヤーは調査組織“機動兵団”の1人となり、複数のプレイヤーと協力しながらさまざまな災害に立ち向かっていきます。

 東京ゲームショウ2018では、本作をVRで体験できる特別仕様になっているとのことだったので、さっそくプレイしにいきました。

『禍つヴァールハイト』
▲本作のブースに着くと、ちょうどコスプレイヤーさんたちの撮影会が行われていました。記念にパシャリ。

 試遊は4人1組で部屋に通されます。本作の雰囲気がたっぷり味わえる部屋には、4台のヘッドセットとコントローラーが設置されています。スタッフさんからヘッドセットの装着の仕方や操作方法を聞いて、いざ試遊スタート!

『禍つヴァールハイト』
▲ズラッと並ぶヘッドセットとコントローラー。
『禍つヴァールハイト』
▲ヘッドセットを付けている姿は、こんな感じです。

 VRで遊べる特別仕様版では主人公(女)と主人公(男)、そしてVtuberのばあちゃるさん、電脳少女シロさんといった4キャラクターで、巨大な敵“ゼイヴァン”と戦います。攻撃はコントローラーに割り当てられたボタンを押すだけなので、簡単にプレイできます。

 今回VRということでスクリーンショットをお届けすることはできないのですが、画面は一人称視点ではなく三人称視点になっています。戦っているキャラクターたちの姿を、後ろから観戦しているイメージです。なので、どのキャラクターを操作することになっても全員の姿を捉えられます。

『禍つヴァールハイト』
▲KLabGamesさんから特別にご提供いただいた本作のゲーム画面。会場のVR体験はこれとは異なり、周囲のアイコンが消えた状態の、より臨場感あるバトルが楽しめます。

 まるでその場にいるかのような感覚は、VRならでは。ゼイヴァンとの戦いに集中するのもいいですが、ぜひ周囲を見回して景色やキャラクターの動きにも注目してみましょう。

 本作をVRでプレイできるのは東京ゲームショウ2018の会場だけです。この機会を逃さず、現地を訪れた際はぜひ体験してみてください!

■東京ゲームショウ2018 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……9月20日~21日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月22日~23日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)KLabGames

データ

▼『禍つヴァールハイト』
■メーカー:KLab
■対応機種:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年
■価格:基本プレイ無料/アイテム課金
▼『禍つヴァールハイト』
■メーカー:KLab
■対応機種:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年
■価格:基本プレイ無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。