DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『刀剣乱舞』より甲州印伝の名刺入れ全4種が登場。古くから伝わる伝統的な技法とのコラボ商品が予約受付中

2018-10-08 08:15

『刀剣乱舞』より甲州印伝の名刺入れ全4種が登場。古くから伝わる伝統的な技法とのコラボ商品が予約受付中

文:ガルスタオンライン

 バンダイより『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士4振りをそれぞれイメージし、日本の伝統革工芸「甲州印伝(こうしゅういんでん)」を伝承する「株式会社印傳屋 上原勇七」とコラボしたアイテム『刀剣乱舞-ONLINE-×印傳屋 名刺入れ 燭台切光忠/へし切長谷部/三日月宗近/加州清光』(全4種 各9,990円 税込/送料・手数料別途)の予約受付をバンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、販売開始しています。

『『刀剣乱舞』より甲州印伝の名刺入れ全4種が登場。古くから伝わる伝統的な技法で漆を鹿革に模様つけ!』

刀剣乱舞-ONLINE-×印傳屋 名刺入れ

商品特長

 商品のデザインは、「甲州印伝」の古くから伝わる伝統的な柄と『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する各刀剣男士をイメージさせるモチーフを合わせたデザインとなっています。本体に使用する鹿革の色に関しても各刀剣男士のイメージカラーに染め上げました。そのオリジナルの柄を漆でそれぞれの鹿革に模様付けする伝統的な技法で製造しています。

 落ち着いた中に艶やかさがある色合いは、使いやすく、上品な印象を与えます。また、名刺が30~50枚収納できるポケットに加え、薄いポケットが2つあり機能的な『名刺入れ』です。

 今回、2018年4月に予約受付を開始し販売終了となっていた『印鑑ケース』『パスケース』を、ご好評につき『名刺入れ』と同時に再度予約受付を開始します。

商品概要

『刀剣乱舞』より甲州印伝の名刺入れ全4種が登場。古くから伝わる伝統的な技法で漆を鹿革に模様つけ!
▲燭台切光忠デザイン
『刀剣乱舞』より甲州印伝の名刺入れ全4種が登場。古くから伝わる伝統的な技法で漆を鹿革に模様つけ!
▲へし切長谷部デザイン
『刀剣乱舞』より甲州印伝の名刺入れ全4種が登場。古くから伝わる伝統的な技法で漆を鹿革に模様つけ!
▲三日月宗近デザイン
『刀剣乱舞』より甲州印伝の名刺入れ全4種が登場。古くから伝わる伝統的な技法で漆を鹿革に模様つけ!
▲加州清光デザイン

・商品名: 刀剣乱舞-ONLINE-×印傳屋 名刺入れ 4種
 燭台切光忠/へし切長谷部/三日月宗近/加州清光

・価格:各9,990円(税込)(送料・手数料別途)
・商品サイズ:約H7.0×W11.0×D1.3cm
・対象年齢:15才以上
・商品素材:鹿革、漆、ほか
・生産国:日本
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」、ほか
・予約期間:2018年10月5日13:00~準備数に達し次第終了
・商品お届け:2019年2月予定
・発売元:株式会社バンダイ

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。
※店頭やイベント等で販売する可能性があります。
※お届け月を変更し、ご注文を承る場合があります。

「株式会社印傳屋 上原勇七」(いんでんや うえはらゆうしち)について

 天正十年(1582年)に創業した「甲州印伝」の総本家。「甲州印伝」は、甲州(山梨県)に400年以上にわたり伝承されてきた鹿革に漆で模様付けした伝統工芸品で、1987年に経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定されました。

 印傳屋では「技」の継承を代々の家長「勇七」のみに口伝していましたが、現在では普及を目的に印伝技法を広く公開し、日本の革工芸の文化を伝える担い手となっています。

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー